湘南ロードライン

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

シマノのロード用コンポとMTB用コンポの互換性

【コンポの説明】
まず、シマノのコンポーネント(以下、コンポ)というのは、シフトレーバー、クランク、BB、ブレーキ本体、ディレーラー(変速器)、スプロケット(歯車)、チェーン等、自転車の走行に必要なパーツ類を一つのセットにした製品の事。

これらのコンポはロードバイク用とMTB用に分かれている。さらに、それぞれグレード体系に分かれている。

ロード用コンポを上位グレードから順に書くと、
デュラエース、アルテグラ、105、ティアグラ、ソラ

MTB用コンポを上位グレードから順に書くと、
XTR、ディオレXT、SLX、ディオレLX、ディオレ
という感じになっている。


【ロードバイクにMTB用スプロケット】
私が所有する自転車の場合、MTB改造クロスバイクのスペシャライズドはSLXとディオレの混載。
ロードバイクのトレック2.1は、4500系ティアグラを基本としながら、リアスプロケットとリアディレーラーのみMTB用のディオレにしている。

後者のトレックについて、なぜリア変速周りにMTB用の物を用いているのかというと、ロード用のリアスプロケットはギアレシオが小さい、つまり狭いから。
一方でMTB用のリアスプロケはギアレシオが非常にワイドで広い。
ロード用は最大で30t~12Tがだが、MTB用は最大で34t~11tもある。この34tとか11tとかいうのは、要するに歯車の数の事で、多ければ多いほど高回転低速になり、少なければ少ないほど低回転高速になるわけだ。

つまりMTB用は低速寄りを重視するからロー側のギアが大きい一方で、高速用のトップギアまでロード用よりもMTB用のほうが1tだけ上回っている。これは皮肉だと思う。

そういうワケで、私はロードバイクにもMTB用のリアスプロケを装着している。こうする事でワイドなギア比の選択が可能になり、トップとローのギア比の広さはMTBやクロスバイク並みになっている。


【パーツを混ぜるときは、同じ変速段数のパーツ同士で】
基本的に変速段数が違うコンポでは互換性がないので注意が必要。例えばロード用は下級グレードを除いて10速が主流だが、MTB用は9速が主流である。これら9速用と10速用ではチェーンや歯車の規格が異なるので混載してはならない。混載すると違う形状のチェーンと歯車は噛み合わずに駆動系を壊す(削る)原因になる。

そこで私の場合は、ロード用コンポの中では下級グレードに分類されるティアグラを敢えて使う。ティアグラは9速仕様なので、MTB用の9速コンポと互換があり、そこで初めてティアグラの9段変速レバーとMTB用の9段変速機、及びMTB用の9段リアスプロケットという組み合わせができる。チェーンはロード用MTB用共にスーパーナローHGという規格で共通なので、歯車やチェーンも9速仕様で統一するのが条件だが、ロード用MTB用を混載しても問題ない。

【MTB10速コンポとロード10速コンポは互換性なし】
しかし、これらのパーツを販売するシマノが、2011年に痛いモデルチェンジをしてしまった。
これまで長らく9速だったティアグラが、モデルチェンジして上位グレードと同じく10速化されてしまった。これによって上位グレードとの互換性を持った一方で、MTB用の9速とは当然互換がなくなってしまった。つまりMTB用のリアスプロケと混載できない。
なお、ティアグラの下にソラというグレードがあるが、こちらは9速のままなので、最悪の場合はこちらを使うしかないが、最下級グレードなだけに変速レバーは操作性を犠牲にしてコストダウンした仕様になっている・・・。

一方で、MTB用コンポにおいては、なんと上位グレードのXTRにロード用と同じ10速コンポが登場した。
これで「ロード用と10速同士で混載できる!」と喜んだのも束の間・・・。
よく調べてみたら、今回新たに発売されたMTB用の10速仕様はチェーンも歯車も新規格のモノでHG-Xという規格であり、ロード10速用のスーパーナロー10Sとは別物。

これで、従来のようなティアグラを基本としながらMTB用リアスプロケと変速機を用いてワイドギアレシオという私が長年やってきた小細工ができなくなってしまった。8速、9速が主流の時代はロード用とMTB用で同じ段数のパーツ同士なら互換性があったが、10速の現代は従来のような混載は不可能となった。つまりロードバイクのギア比をクロスバイクやMTBと同等にする事は10速コンポでは不可。
引き続き4500系(9速仕様)のティアグラもしばらくは扱うようなので、すぐに心配する必要はないが、将来の部品確保の為には4500系ティアグラを今のウチに確保しておく必要がありそう。

2012/02/05【追記】
何だか「MTB、ロード、コンポ、互換性」とか「MTBとロード チェーン 互換性」とか「シマノ コンポーネント 互換性」とか「MTB ロード用のコンポ」とかいうキーワードで検索してくる人が多数いらっしゃるので、簡単に私の経験から来る知識を書いてみます。

かつて8速、9速が主流だった頃は、MTB用ロード用問わず、8速同士、9速同士で互換性がありました。今でもロード用のソラは9速で、MTB用は上位グレードを除いて殆どが9速ですが、9速同士であれば互換性があります。つまりロードバイクにMTB用のディレーラーとスプロケットを装着可能であり、逆にMTBにロード用のディレーラーとスプロケットを装着できます。なお、ディレーラーとスプロケットは必ず同じ物を使ってください。例えばロード用のスプロケはロード用ディレーラー、MTB用のスプロケはMTB用のディレーラーと一緒に使ってください。仮にMTB用のスプロケとロード用のディレーラーを混載した場合、ロード用のディレーラーがMTB用の34tという大きい歯車に対応していないので、変速不能になったりディレーラーを壊す原因になります。
また、混載する場合でも必ず8速同士、9速同士でやってください。8速と9速ではチェーンや歯車の厚さや寸法が異なっているので、仮に8速のスプロケと9速のチェーンを混載した場合、寸法が合ってないチェーンとスプロケは噛み合わず、互いを削ってしまいます。注意しましょう。

MTBにロード用のクランクセットを取り付けたり、ロードバイクにMTB用のクランクセットを取り付ける事は原則としてできません。私は数年前にMTBのドロップハンドル化を目論み、その為にはロード用の変速レバーでMTBのディレーラーとトリプルギアを変速させる必要があり、それをやってみましたが、変速する事ができませんでした。クランクに関しては同じトリプルでもロード用とMTB用では寸法が異なるようで、これらレバーとクディレーラーとクランクをロード用、MTB用で混載すると変速不能になります。またMTBにロード用クランクを取り付けた場合、クランクのロー側歯車がフレームに干渉します。

昨年末にシマノからMTB用のリア10速コンポが登場しました。
先に登場しているロード用の10速コンポと互換性があると思ってよく調べてみたら、チェーンの規格が異なることがわかりました。つまり8速や9速の時代とは違い、同じ10速同士でも互換性はありません。
そういうわけで、MTB用10速チェーンとロード用10速スプロケを混ぜてはいけません。寸法が違うチェーンと歯車は噛み合わず、互いを削ってしまいます。
スポンサーサイト

| カスタマイズ | 22:56 | comments:5 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

バス用の補助ミラー

レンタカーでときどき運転するバスやトラック用に補助ミラーを購入しました。
これはバス用に使われている「ペリスコミラー」という物です。価格は2500円ほど。
DSCN1131.jpg
DSCN1130.jpg
当初はトラック用のサイドアンダーミラーを検討していたんですが、トラックのミラーステーは22~30MMしかないようでした。観光バスの日野メルファのステーは33MMもあるので、これに合うサイドアンダーミラーがどうしても見つからず、仕方がないので固定用の金具は自作する方針で、バス用のペリスコミラーを購入したワケです。



DSCN1132.jpg
固定部分は穴が二つあいてるだけです。金具は別売りで、車両側のステーと合致する金具を自分で探さなければいけないようです。ホームセンターや金具屋さんのサイトを当たるのが合理的だと思いますが、私の場合は趣味で乗っているロードバイク(スポーツ自転車)のドロップハンドル用の金具を応用しました。
前述の通りメルファのステー幅が33MMで、トラックのステー幅は22~30MMなのでトラック用の補助ミラーが使えず、一方でロードバイクのドロップハンドルは30~35Mなので、ドロハン用の固定金具を補助ミラーに溶接で取り付ければ、メルファの太いステーにも装着可能な補助ミラーの完成です。


DSCN0364.jpg
というワケで、ドロップハンドル用の増設バーから固定金具(写真の赤丸)を取り外して、それを知り合いの溶接加工屋さんに依頼して取り付けてもらおうと思ったんですが、よーく見ると実はドロハン用の固定金具が完全に都合の良い作りになっていることに気付きました。
「これ、そのままビスで取り付けできる!」
増設バーと金具が元々ビス一本でくっ付いてたので、その一本のネジをミラー側の穴に都合よく通すことが出来たので、そのまま固定して完成しました。ww


DSCN1134.jpg
上の写真の通り穴は二つあるので、強度を高めるため金具をもう一つ増やして、二つの金具で確実に固定出来るようにしました。


ペリスコミラー
メルファに装着した完成予想図をペイントで無理矢理作ってみました。
セレガやメルファのうち、補助ミラーが新車から装備された車はサイドミラー直上に補助ミラーが配置されますが、補助ミラーを装備しない車に後付けした場合、ステーとの干渉を防ぐため写真のようにステー上の配置になってしまい、サイドミラーとの距離が離れて確認ポイントが分散してしまいますが、これは仕方ありませんね。多くのバス会社で運用されるセレガ、メルファでも大半はこの方法で後付けしてますからね。

DSCN0663.jpg
これが実際に取り付けた写真です。固定を確実にする為とステーに傷をつけない為に、ゴムパッキンを挟んで固定します。そのゴムパッキンも自転車のハンドル用です。


大型車、死角
ハイデッカーのバスやトラックの場合、赤丸の部分がどうしても死角になってしまいます。青い斜線がサイドミラーで見える範囲、黄色い斜線が目視で見える範囲ですが、赤丸の部分は目視でもサイドミラーでも見えません。その死角を見るための補助ミラーです。

【2014/6/9:追記】
ミラーとステーを固定する金具について質問がありましたので、追記します。
元は自転車用パーツで、ミノウラのSGL-300Mという物です。たまたま自宅にあったこのパーツが一致したので流用しましたが、初めから取り付けが目的であれば、金具屋さんのサイトを当たったほうが合理的だと思います。「ステー 金具 固定」等のキーワードで検索すると良いと思います。
他人様のブログから引用しますが、一例としてこのような金具で取り付けている業者もいます。
http://hokuten.sakura.ne.jp/blog/assets_c/2011/05/B-D270_mirror-1217.html

もし、この記事と同じようにミノウラSGL-300Mの金具を流用する場合は、経年劣化やサビによる脱落には注意してください。あと一か所だけでは固定が不安定なので、この記事のように二カ所で固定したほうが安全です。
私はレンタカーなのでレンタル毎に取り付けては外しますが、一方でロードバイクに付けっぱなしにしている同じパーツは、2年ほどで錆びて脱落寸前になったので交換しました。ロードバイクは屋内保管ですが、トラックバスは野ざらしだと思うので、金具の劣化やサビはさらに早まると思います。
できればステンレス製の、しっかりした金具を使用する事をおススメします。

| カスタマイズ | 15:23 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |