FC2ブログ

湘南ロードライン

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

運転免許証の更新

2013年に更新した運転免許が期限になったので、二俣川で更新してきました。
今回の更新で、主に視力面の問題がより深刻になってきました。31歳という年齢で眼鏡条件を覚悟しましたが、何回も再検査して、何とか裸眼でクリアした感じです。だけど、見えてないものを正解するまで再検を繰り返したからクリアしたのであって、実際にはもう見えてません。

あと、視力低下に伴って深視力検査も再検になりました。前回は1発でクリアしたのに、5年でここまで衰えるとは・・・。
深視力というのは、̩レンズを覗き込むと | | | と3本の棒が直立していて、そのうち真ん中の棒のみが前後に往復運動をしていて、3本が横に並んだ瞬間にボタンを押すという検査です。
対象は普通二種、準中型、中型、大型、けん引で、つまり普通一種よりも上位の免許は殆ど該当するわけですが、運輸業の中でも特に高齢運転者が多いタクシー業界では、この深視力検査で問題になる人が多いです。

でもオレ31歳だし、この年齢で視力がアウトになってしまうのは悲しいですね。そういえば、前を走るクルマのナンバープレートが見えづらくなってきました。高速道路の案内標識も、ある程度接近しないと見えないし、鉄オタやるときも、電車乗務員室の後ろから速度メーターが見えないという弊害を近年自覚しています。
ひとまず、今回の更新は裸眼で通りましたが、5年後の次回はもうメガネでしょうねぇ・・・。

ちなみに、2015年8月に違反をやってるので、今回もブルー免許のままで、一般運転者講習(1時間)を受けました。
あと、タクシー乗務員は免許を更新したら、運転者証も更新しなければいけないので、日ノ出町のタクシーセンターまで行ってきました。



2018-11-07-1.jpg
ちなみに、二俣川の免許センターは今年5月から新庁舎に移転したとの事で、旧庁舎は解体済みでした。旧庁舎の跡地はコース拡大に活用されるようです。



2018-11-07-2.jpg
前回の旧庁舎のときは、免許の更新もすべて有人受付でやってましたが、新庁舎では券売機みたいな機械に免許証を挿入して、申請用紙が自動的に出てきました。手続きの順番も、ブースごとにでっかく番号が振られていたので、非常にわかりやすくなってました。
スポンサーサイト



| 大型二種免許 | 21:44 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

2017年改正の新普通免許について

現行の普通免許よりも、運転できる車種の範囲がさらに制限された新体系の普通免許が、2017年3月12日より施行されます。
現行と比べると、
・最大積載量(積める荷物の重さ)は3トン未満から2トン未満に変更
・車両総重量(のせる荷物や人を含めた車両全体の重さ)は5トン未満から3.5トン未満に変更
・乗車定員は10名のまま変更なし

という事になりました。
しかし、数値だけ見ても具体的にどの車種が運転できるのか、できないのか、わかならい人も多いと思うので、ざっとまとめておきます。参考までに4ナンバーとか3ナンバーというカッコ書きも加えておきますが、わからない人はスルーしてください。



2017-02-12-1.png
貨物用ワンボックスカー(4ナンバー)
新体系の普通免許で運転可能です。積載量は850~1250kgになっているものが多く、車両重量(荷物や乗員を含まない車だけの重さ)は2トンぐらいで、貨物や乗員を含めた車両総重量は3トン前後になってるものが多いです。



2017-02-12-3.png
10人乗りワンボックスカー(3ナンバー)
こちらも新体系の普通免許で運転可能です。車体はミニバンサイズと同じ全長4.9mのほか、スーパーロングという全長5.4m仕様もあり、この長さになると運転技術は2トンロングのトラック並みですが、重量は範囲内なので普通免許OKです。スーパーロングの場合、車両重量は2トンぐらい、定員まで乗せた車両総重量は2.7トンくらいで、上記の貨物ワンボックスカーと比べると、車体の大きさは上回っても重量は下回ります。一般的に貨物よりも人間のほうが軽いためです。
ちなみに、スーパーロングと同じ車体で定員が14名のコミューターという仕様もありますが、定員10名を超えると法律上はマイクロバス扱い(2ナンバー)になり、中型免許が必要になるのでご注意を。



2017-02-12-2.png
小型トラック(4ナンバー)
今まで普通免許で運転できたものの、今後は運転不可となるのがこのクラスです。いわゆる2トン車というもので、車体の大きさ自体は10人乗りワンボックスカーよりも小さいのですが、積載量は2トンでワンボックスカーのほぼ2倍、貨物を含む車両総重量は4.4トンにも達するため、新体系の普通免許ではアウトになりました。
ちなみに、2トントラックとか4トントラックという呼び方ですが、これはおおよその積載量を表しているもので、車両そのものの重さではありません。前述の通り、2トン車だと貨物を含む車両総重量は4トンを超えることが多く、4トン車では車両総重量8トンになります。



2017-02-12-4.png
キャンピングカー
小型トラックをベースにしたキャンピングカーも、今までは普通免許で運転できても今後は不可になりました。もちろん、全てのキャンピングカーがダメというわけではありませんが、少なくとも写真のような2トン車ベースのものは不可です。

今回の改正により、トラック系の車種は大半が普通免許で運転不可となりますが、普通免許とは別に、新たに準中型免許というものが新設されました。
これは従来の上位免許のように「普通免許取得後〇年以上」とかいう条件がなく、無免許からでも直接取得できるので、大きい車を運転したい人や運転好きの人は、普通免許ではなくこの準中型免許を取得すれば良いと思います。教習車は2トン平ボディのトラックになるようです。

| 大型二種免許 | 23:07 | comments:6 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

戸塚自動車学校、一回目

ここに入校するのは3回目ですが、入社試験の実技対策として行ってきました。
今回は所内1時間だけで、配車されたのは元神奈中の初代エアロスターでした。


DSCN0738.jpg
DSCN0741.jpg
型式:U-MP218M  全長:10.64M  ホイールベース:5.3M
車幅2.49M  全高:不明  年式:不明  車両重量・総重量:不明
エンジン:6D22(1140cc 225PS) 

ナンバープレートがないので公道は走れません。状態は良くないようで、冷房使用時はエンジン回転を1500以下に抑えないと、過熱して安全装置が働いて冷房が停止します。普通はレッドゾーンまで上げない限りそのような事はないと思いますが、所内専用という事であまり整備していないようです。
とりあえず、所内でできることは一通りやりましたが、坂道発進で案外パワーがなく、エンストしそうになりました。小型観光バスばかり乗っていたので、久しぶりに古い大型路線車に乗ると発進性の低さに戸惑いますね。

車内は神奈中時代と変わらず、赤いシートがそのまま残ってました。元神奈中の同型車は戸塚の他に、富士センチュリーモータースクールや土浦自動車学校でも教習車として運用されていますが、これらはナンバーつけて路上に出ています。戸塚は排ガス規制の関係で、そのままではナンバー取得すらできませんが、社外品のフィルターを装着すればいいとか聞いたこともあります。実際、U規制やP規制の観光バスが地元に乗り入れてくるのを見ますからね。
戸塚自動車学校は、路上に出られる10メートル超のバスがないので、今回の元神奈中車を路上対応にしてほしいと思いました。

| 大型二種免許 | 11:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

私の運転経験について

友人から質問を受けたので、ここで振り返ってみようと思います。

2007年3月、湘南台のさくら自動車学校(試験場専門校)に入校。当初はMT教習で応募するも、MT教習が混雑しているため、ひとまずAT限定でとってから限定解除したほうが早いと言われ、そうする事にしました。安く短期間で免許取得できるのが宣伝文句でしたが、その理由は、教習所とは違い試験場受験の専門校だからで、そのぶんハードで難しく、指導員から散々怒られながら苦労して技術を覚えました。初めて運転した車は日産クルーでした。

2007年7月、AT限定普通免許取得。残念ながら旧体系の普通免許(8t)に間に合わず、新体系の普通免許になりました。

2007年8月、AT限定解除。

2008年4月、就職して、軽ワンボックスAT車(9代目ハイゼットカーゴ)で営業回りを始めました。数か月後には、並の運転はできるようになったと思います。

2009年8月、戸塚自動車学校(試験場専門校)に入校。初めて大型バス(いすゞキュービック P-LV314N)を運転しました。1時間の間にエンスト10回以上、脱輪3回くらいしたと思いますw 試験場受験に行くにも平日に休みがとれず、試験を受けられないまま1年以上に渡って教習を続けていました。

2010年12月、湘南センチュリーモータースクールに入校。平日休めないので試験場受験をあきらめ、教習所で大型二種をとる事にしました。

2011年2月、初めて大型バス(三菱ふそうエアロスター KL-MP35JM)で路上に出ました。路上コースは小学生の頃から自転車で走り回ってた地域なので土地勘があり、一度指示された経路は一回で覚えられました。今まで自転車で走ってきた車道を大型バスで走ることに感動してました。 

2011年6月、23歳で大型二種免許取得。卒業検定当日は、開始直前までロードバイクでコースを走りながら電柱や植木など障害物の位置を確認して、イメージトレーニングしました。地域柄に山や狭い道が多いので、他の教習所と比べると路上運転が難しいと思います。ちなみに私がお世話になった湘南センチュリーモータースクールは鎌倉市大船にありましたが、その後、藤沢市宮前に移転し、同時に大型二種の取扱いは中止になりました。今後再開するかは未定との事です。

2011年7月、免許取得祝いに、トナカイレンタカーのメルファ7で神奈川近辺をドライブしました。これが初めて借りたレンタカーで、初のプライベートのドライブとなりました。それまでは仕事と教習のみでしか運転した事がないので。
ハイデッカー特有の死角で左側が見えないとか、6速のロッド式棒レバーの扱いに苦労しました。同乗の友人は「オッカナイ運転」と言ってましたw 正直リエッセから始めるべきだったです。

2011年9月、再びトナカイレンタカーのメルファ7で会津方面へ長距離ドライブ。都内の首都高を走ったのは初めて、「高速自動車国道」を運転したのも初めて、一日で500キロ以上運転したのも初めて(往復1000キロ以上)、自分の運転で関東から出たのも初めて、車中泊を伴う長距離ドライブも初めて、いろいろな面で初めてでした。しかし、学生時代からバスオタとして高速バスの最前列にはよく乗っていたので、高速道路を知らないわけではなく、プロの運転士を真似するように心がけました。おかげで運転自体は終始問題なかったものの(友人評価)、結局は高速道路について初心者だったため、ETCカードを持ってなくて深夜5割引というモノも知らなかったので、会津若松ICを現金払いで出たところ同乗者から「えーツ!?モッタイねー!!」という罵声が飛んできました。w 帰りは友人のETCカードを借りました。

これ以降、休日の長距離ドライブを積極的にやるようになり、現在に至っています。
自家用車を所有していないので総てレンタカーですが、初めて借りたレンタカーがトナカイメルファ1号車で、それ以降も高速デビューや初の車中泊ドライブなど、色々な面で同車が関わってましたね。
ちなみに初めて乗用車をレンタルしたのは2012年11月で、日産ノートでした。

こうしてみると、オレが免許をとってから運転した車種の順序は、軽トラ→バス→乗用車となるわけで、仕事の軽トラはともかく、乗用車に乗り始めたのはつい最近です。普通の人と乗る順番が逆ですね。w

| 大型二種免許 | 19:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

戸塚自動車学校、大型二種路上(キュービックLT)

戸塚自動車学校の教習生証の有効期限がギリギリになってしまったので、路上2時間いってきました。
初めて、いすゞキュービックLTを運転しました。


DSCN1268.jpg
DSCN1269.jpg
DSCN0737.jpg
車名:いすゞキュービックLT  型式:KK-LT233J1
全長:8.99M  車幅:2.49M  エンジン:6HH1-S(8226cc 225PS)
車両総重量:8.8t  定員10名

いわゆる9メートル大型車で、中型車の車体幅を大型並に拡大したものです。走行機器は中型車と同じです。車検証を見たところ、エルガミオと同じ平成10年排ガス規制適合「KK」でした(KLではなくKKなのは、車両総重量の関係で後述)。

キュービックの9メートル大型車はKC-LT233Jが本来の型式ですが、ベース車である中型のジャーニーKがキュービックに先行してエルガミオに切り替わり、一方でキュービックは1年遅れてエルガに切り替わったので、9メートル大型のLTシリーズとしては車体はキュービックのまま、エルガミオ用のエンジンを組み合わせた時期が1年間だけありました。それがこのクルマです。
エンジンのスペックもジャーニーKの210PSとは異なり、エルガミオと同じ225PSになっています。

中型二種用の教習車ですが定員は10名となっています。バスの定義は定員11名以上なので、厳密にはバスではない?
定員を減らしたぶん車両総重量も8.8トンと、メルファ7並に軽くなっています。このサイズの車両は大半が車両総重量11トンを超えるので排ガス規制はKLになりますが、この車は11トン未満なので中型車と同じKKになります。
これとは別に、同校は大型二種用の教習車としてエルガLT(9M)も所有していますが、総重量と定員が増えた以外は、外寸法やエンジンはこの車と同じです。


DSCN1266.jpg
DSCN1267.jpg
運転席は標準のキュービックと同じです。エルガシリーズと同じKK規制車でもホイールパークブレーキは装備せず、ただのワイヤー式になっています。
元はメーカーサンプル車だったものを新古車として購入したものだそうで、行先表示幕、降車ボタン等を装備してますが、ボタンを押してみたら、ピンポンではなく昔ながらのブザー(中扉の開閉と同じ)音が鳴りました。ちなみに運転席の降車ボタン表示灯は、配線を変えてブレーキランプの表示灯として機能しています。排気ブレーキ使用でブレーキランプが点きます。

| 大型二種免許 | 22:48 | comments:3 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>