FC2ブログ

湘南ロードライン

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

田沢湖ドライブ

8月のコミケ直後に18きっぷで東北本線全線及び旧東北本線の三セク線も含めた東京~青森を乗車、そして津軽線で三厩まで行きました。
8月下旬に引退直前の奈良支所105系に最後の乗車をしました。
9月前半に田沢湖ドライブに行きました。
9月後半に新潟ドライブに行きました。

という事で、2ヶ月間のブログサボりで4件の旅行レポートが溜まってるわけですが、写真編集を伴う旅行レポートはついサボりがちですね。
ひとまず今回は、9月7日(土)から9日(月)にかけて行ってきた田沢湖ドライブのレポートです。


朝9時に藤沢のレンタカー店舗を出発。今回の使用車両は日産キューブです。notteco募集については今回、秋葉原~盛岡を設定したものの、昼行便という事もあってか応募はゼロで完全に一人旅になりました。夜行便に変更できないかという問い合わせが一件あったので、やはりnottecoは夜行中心ですね。
東北道では雨に降られながら、ひたすら北を目指します。前沢SAで前沢牛丼を食べて、盛岡南ICで高速を出ました。
この時点で18時、走行距離は藤沢から628kmになり、何とか盛岡まで無給油で走破できましたが、さすがにガス欠寸前なので給油したあと、洗車しました。雨の中を走ったので、翌日の観光ドライブは綺麗な車で行きたいですからね。
毎度お馴染みのゆっこ盛岡で宿泊。


2019-09-25-1.jpg

2019-09-25-8.jpg
翌日は田沢湖を見ました。想像以上に水が綺麗で、写真を拡大するとわかりますが何か小さい魚が泳いでますね。ここまで綺麗な湖は中々ないと思います。水は完全な淡水でした。
このあと湖を一周して、御座石神社を見たあと湖の向かい側にあるレストハウスで遅めの朝食にしました。


田沢湖をあとにして、秋田に行きました。道の駅岩城に立ち寄り、ケベックでカレーを食べました。2年前の秋田ドライブでも立ち寄った場所ですね。
日本海を南に向かって、鳥海山を登ろうと鳥海ブルーラインという道路を走りました。濃霧で景色は見えませんでしたが、晴れてる時にまた来たいですね。
酒田を通り過ぎて、日本海の日没を見ながらドライブをしました。
翌日は関東に台風15号が直撃するとの予報が繰り返し行われているので、元々は夜の仮眠をとったあと下道でゆっくり帰るつもりでしたが、仮眠はとらずに関越道を使って早めに帰る事にしました。このあと悲劇に見舞われる事も知らずに。


鶴ヶ島から圏央道を使って藤沢に向かう事を考えていたら、圏央道は強風で通行止めとの事。
下道で向かうにしても高速を追い出された車で渋滞すると確信し、八王子、相模原経由は諦めて結局、練馬まで行ってしまいまいた。薄々思っていた事ですが、この選択は大いに間違っていたわけです。

練馬を出る直前に首都高速は全て通行止めとの情報。そして練馬から一般道に入った途端に暴風が直撃。一般道で真っすぐ走るのも困難なくらい凄まじい暴風で危険を感じました。
そして大渋滞、1時間たっても1kmも進まず、たまらずUターンして別の道から行こうとするも、神奈川や都心に向かう道はすべて大渋滞。スマホやナビの地図と渋滞情報を駆使すると、神奈川及び都心方面に向かう道は全て全滅のようなので、空いてる道を進んだ結果、東京駅のほうに出たものの、そこから先は渋滞情報で全ての道が赤色表示。本当に神奈川に向かう道は全滅でした。
この時点でレンタカーの延着は6時間を超えると予想され、そうなるともう一日分(24h)の追加料金になるので、徹夜ドライブの過労も重なり、この時点で帰るのを諦めて東京健康ランドまねきの湯に入館。夜まで滞在してしまいました。

仮眠室で十分に休憩したあと、夜に出発したら道路はスイスイで藤沢のレンタカー店舗に22時40分に到着。13時間超の延着は前代未聞ですが、料金システム上6時間以上の延着は24時間の追加料金なので関係ないです。

台風15号が上陸するとは言っていたものの、ここまでひどい災害になるとは予想しておらず、都内の道では倒木や冠水を避けながらの運転になり、それが原因で渋滞が所々で発生し、路上には看板、テント類、植物が散乱していました。窓ガラスが割れた建物や、垂れ下がった電線も見ました。
冠水を突破しようとして水没しそうになってバックして戻る車も見受けました。

台風上陸するとわかってるのに当日の朝に帰ってくるなんてバカアホだと周囲の人から言われましたが、これが鉄道旅行なら中止したと思います。だけど今回はドライブだったし、レンタカーの都合もあってそう簡単には直前キャンセルはできないし、車だから道さえ選べば何とかなると思ってたんですよ。実際のところ、新潟から山梨を経由して山道を走って松田まで出れば、スムーズに帰ってこれたかもしれません。そこが今回の反省点ですね。



2019-09-25-10.jpg
今回のドライブですが、走行距離は1,572km。
燃料は約105Lの給油で、平均燃費は14.9km/Lでした。
細かい内訳を見ると、藤沢から盛岡まで高速移動した燃費は15.1km/L
盛岡から長岡まで田舎の国道をスイスイ走った燃費は16.2km/L
長岡から関越道で東京に入ったあと、5時間ほど大渋滞したときの燃費は12.8km/Lでした。
渋滞は労力と精神だけでなく燃料も無駄にしますね。
スポンサーサイト



| ツーリング・ドライブ | 16:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

弘前、東北ドライブ

2019年7月26日(金)出発の東北ドライブレポートです。

22時00分に東京日本橋のトヨタレンタカー店舗を出発。今回使用車両は現行型カローラフィールダーです。
今回のnotteco同乗者は40代男性で弘前までの乗車でした。
出発早々からおしゃべりに夢中になり過ぎて、首都高の扇大橋ICでETCカードを入れ忘れるというアクシデントが発生!今までこんなミスは一度もなかったので、長年の運転経験による油断と慢心ですね。気を引き締め直そうと思います。
花巻南~盛岡南の120km/h化後は初めての走行でした。

AM7時50分に弘前駅に到着。これで同乗者の青森行列車(8:04発)の接続もバッチリです。
近くのすき家でうな丼二枚盛りを食べたあと、1時間ほど仮眠。



2019-08-03-13.jpg
岩木山に向かいます。ふらいんぐうぃっちの聖地になっている下湯口あたりも見てきました。



2019-08-03-15.jpg
津軽岩木スカイラインを登ります。



2019-08-03-16.jpg
2019-08-03-20.jpg
8合目駐車場に到着。7月末なのに少し寒いくらい。ここからリフトに乗って上を目指しますが、分厚い雲がかかってますね。こりゃ、景色は全く期待できんな。



2019-08-03-57.jpg
桜ミクが貼ってありました。



2019-08-03-33.jpg
2019-08-03-36.jpg
2019-08-03-34.jpg
リフトに乗ると雲に突入して、急に風が強くなる。そして急激に気温が下がって「ギャー!」
寒すぎですね。頂上まで登山するわけじゃないので、防寒対策は必要ないと思ってたのに、想像以上の寒さでたまらず、すぐにまたリフトで引き返しました。
標高1,470mってこんなに寒いのかね?2年前にコースターで富士山ドライブしたときは2,400メートルまで車で登ったけど、そんなに寒くはなかったし、昔は自転車で箱根駒ヶ岳の標高1,200メートルもよく行ったけど、そんなに寒くはない。
やはり東北だからでしょうか。



2019-08-03-65.jpg
2019-08-03-66.jpg
2019-08-03-70.jpg
不動の滝です。神社として整備されていますが、人は数人しかおらず、静かな所でした。写真だとしょぼいですが、実際の滝はもっと壮大ですからね。やはりこういうのは実際に見に行って体感できるものです。


2019-08-02-1.jpg
毎度お馴染みの健康ランドゆっこ盛岡で一泊。やはり、予約不要ながらフトンで寝れるというのが魅力的なんですよ。ドライブでも鉄道旅行でも拠点になってます。
徹夜明けだったので、18時と早めに入館しました。そして、翌日はAM3時半、まだ暗い中を出発しました。真っ暗の森の中をドライブするのも醍醐味なのです。
喜多方まで山の中をぬうようなルートで移動しました。緑豊かな山とか森の中を移動するのは最高ですね。



2019-08-02-2.jpg
今回の走行距離は2日間で1,669km、燃料消費量は88.28Lでした。平均燃費は18.9km/L、今までにない低燃費を記録した気がします。信号のない山間の道ばかり走ったせいでしょうか。往路の東北道は結構飛ばしたんですがね。

この現行フィールダーは2012年から続いていますが、2015年のマイナーチェンジでライトが厳つくなりました。個人的には、数年前まで借りていた前期デザインのほうが好きかなーと思います。
ナビも新しくなってましたが、ガラケー式の文字入力になったため使いにくい・・・
という事で、前期型があるうちはそっちを指定したほうがいいですね。
ただ機能面では、自動ブレーキとか、車線逸脱警報とか、障害物警報とか、色々ついてて驚きました。

| ツーリング・ドライブ | 17:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

紀伊半島、長野ドライブ

4月12日(金)23時から、48時間で行ってきた紀伊半島、長野ドライブのレポートです。運行車両は日産キューブで、平成最後のドライブになる予定です。
往路は横浜駅→京都駅のライドシェアを募集し、30~40代の男性3人が同乗しました。

3月に新東名の最高速度が120km/hに上がり、私としては初の120km/h道路になりました。でも、90km/hのトラックが多すぎて、まったくもって速度向上の意味がない感じですね。そろそろ、大型トラックの最高速度も見直したほうがいい気がします。

保土ヶ谷バイパス、東名、新東名、伊勢湾岸と、順調に運行したものの、四日市から新たに開通した新名神を完全に忘れて、従来通りの東名阪ルートに入ってしまいました。という事で、新規開通区間は行けませんでした、残念。
京都駅に到着したのは、AM5時ちょうどでした。横浜駅から6時間ジャストでした。私にしては早いほうですね。今回は15分の休憩3回のみだったのと、渋滞が全くなかった結果だと思います。



2019-04-16-8.jpg
京都で男性3人を降ろして、ここからは一人旅。国道24号で南下したあと、京奈和道という無料の自動車専用道路を通りました。所々、眺めがいい場所がありました。



2019-04-16-1.jpg
国道168号で山越えしながら、十津川村に向かいます。



2019-04-16-4.jpg
道の駅、十津川郷の2Fそば店で食事にしました。



2019-04-16-12.jpg
十津川村の目印のひとつである、このアーチ状の歩道橋、小学校の校舎の一部のようですが、すでに廃校したとの事です。貴重な木造校舎という事で、機会があったら入ってみたいですね。



2019-04-16-3.jpg
玉置神社に向かう道のどこかの展望台で撮影。



2019-04-16-2.jpg
玉置神社の本殿です。駐車場から山道をしばらく歩きます。これとは別に本宮があるようですが、倒木による通行止めで行けませんでした。
玉置神社の駐車場までの道のりですが、「狭く険しい道でクルマ同士のすれ違いが大変」とよく言われてますが、思っていたよりもそこまで大変ではなかったです。道幅的にはメルファ7でも行けそうな感じです。ただ所々、すれ違い不可な部分があるのは事実なので、対向車には注意ですね。



2019-04-16-5.jpg
唐突ですが、名古屋で一泊したあと、2日目は中央道、JR中央線沿いに進みながら関東に戻るドライブです。
国道153号線を進み、途中にあった8番ラーメンに初めて入りました。北陸密着型のチェーン店で、以前から見かけてたけど、ついに入りました。個人的にはリンガーハットに似てる印象を受けました。野菜ラーメンが看板メニューです。
国道153号線沿いの景色も良かったです。



2019-04-16-10.jpg
153号線のどこかにあった桜並木ですが、満開でした。神奈川・東京はすでに散って3分の1くらいしか残ってませんが、こちらは8割くらい残ってます。



2019-04-16-6.jpg
2019-04-16-7.jpg
伊那のあたりから国道152号線にルート変更し、茅野方面に行くことにしました。杖突峠にある展望台から見る諏訪市、茅野市の景色は最高です。チーズパンも1個100円で美味しいですよ。

このあとは、本来なら下道で御殿場まで行く予定が、スケジュールの大幅な遅れのため、中央道で帰ることになりました。
日曜日なので、想定通り大月から先は40kmの大渋滞!
そこで、昨年のエルグランド北陸ドライブの帰りと同様に、上野原ICで下りて、険しい山道を神奈川CCを通って厚木に抜ける方法をとりました。



2019-04-16-11.jpg
今回の走行距離は1,385kmで、給油は3回で合計83Lでした。燃費は16.6km/Lですね。
ちなみにガソリン代は神奈川・愛知だと今は136~139円/Lくらいですが、長野の諏訪あたりはどこも150円/L弱でした。
あと、昨年末に発売されたLei04を初めて搭載してのドライブでした。

| ツーリング・ドライブ | 18:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

東北被災地ドライブ4回目

東北被災地ドライブは、2015年6月にメルファ7で行って以来、3年ぶりに行きました。
3年前の↑記事も合わせて参照すると、より理解が深まると思います。w

今回は4回目で、1回目~3回目までは現地の変化が大きかったのに対して、今回は3年前とそんなに変わってない印象を受けました。前回と同じく空き地や工事が多かった感じです。

9月14日(金)21時に三軒茶屋の日産レンタカー店舗を出発。今回は軽自動車デイズルークスでの運行で、金曜夜行便にも関わらずnottecoは応募者ゼロという結果に・・・。今回は完全に一人旅です。
高樹町ICから首都高に入り、東北道に突入。このルートもだいぶ慣れてきました。佐野SA、那須高原SA、菅生PAで休憩をとり、見仙台宮城ICで高速を出て仙台方面に向かいます。



2018-09-20-1.jpg
まず、東北被災地ドライブでは最初に寄る場所として恒例のかんなぎ聖地、陸前高砂駅へ。
ここに来たのは3年前のメルファ7以来で、前回は雨が降っていたので降車せずにバスで行ける所を素通りしただけでしたが、今回は暗闇の中を少し歩きました。そして七北田川の橋の下で夜が明けるまで仮眠。



2018-09-20-3.jpg
三陸自動車道を通って松島基地に行きました。ブルーインパルスの拠点にもなっている基地ですが、大震災の際には最も大きく被害を受けた基地でもあります。停めてあった航空機の殆どが津波で流されてしまったのですが、ブルーインパルスは九州新幹線開業のイベントで、福岡に展開していたため被害を免れました。(但し基地に残った予備1機が流出)



2018-09-20-2.jpg
松島基地は航空祭で一度入ったことがありますが、やはり外からでは航空機は見られません。無理に基地に接近しようとすると、こんな変な道に迷い込んでしまいます。



2018-09-20-4.jpg
2018-09-20-5.jpg
再び三陸自動車道を北上。ここからの景色もいいですね。



2018-09-20-6.jpg
大川小学校跡地です。全児童の7割りが津波で亡くなってしまったのです。校舎は震災遺構として保存され、慰霊碑が建てられています。



2018-09-20-7.jpg
気仙沼線、小金沢駅跡地に立ち寄りました。写真は駅隣接の踏切りです。線路は草に覆われていますね。
駅前には旅館さんりくがあります。旅館所有なのか初期型のMJが停まってました。
気仙沼線は線路の跡地を利用してBRT(バス)が走ってますが、この区間は線路跡地ではなく国道を通ってるので、小金沢駅も国道のバス停に移設という形になりました。



2018-09-20-8.jpg
気仙沼の市街地は、だいぶ復興が進んだと思いますが、場所によっては3年前と変わらず空き地や工事が目立ちました。



2018-09-20-9.jpg
海のすぐそばにある、気仙中学校の校舎です。後で調べて知ったのですが、なんと3階建ての屋上まで津波に覆われてしまったのだそうです。恐ろしいですね。



2018-09-20-10.jpg
奇跡の一本松の駐車場で、小休憩。



2018-09-20-11.jpg
陸前高田未来商店街も3年ぶりに行きました。津波でお店を流されてしまった方たちが、仮設店舗を集めてできた商店街です。今回も「味と人情の鶴亀鮨」に寄ろうと思って。



2018-09-20-13.jpg
と思ったら、2ヶ月前に仮設店舗の営業を終了したらしく、急遽、本店舗の場所を調べることに。
新しく出来た土地のためか、住所が「岩手県陸前高田市高田町大町」までしかわからず、近くまで行ってから探すのに少し苦労しました。 https://goo.gl/maps/2fjccV6vPGL2 この場所です。
本当にスマホって便利ですねー、3年前のガラケー時代じゃ、計画と異なる事態が起きたら調べる手段がなく、諦めるしかなかったでしょう。



2018-09-20-14.jpg
新しく出来た本店舗がこちらです。道路の向かい側にはショッピングモールがあるので、そこに車を停めて買い物もしつつ、立ち寄るのがいいと思います。
店主さんは本当に話し好きなので、厨房前のカウンター席に座ると高確率で話しかけられます。私が食べてる間に、他のお客と弾んだ勢いでツーショット写真とか、本当に愛に溢れたお店です。(笑)


2018-09-20-15.jpg
三陸自動車道をさらに北上。



2018-09-20-16.jpg
数ヵ所の道の駅に立ち寄りつつ、国道283号線を進みます。



2018-09-20-17.jpg
遠野あたりの景色も良かったです。



2018-09-20-18.jpg
道の駅「宮守」。残念ながら、蒸気機関車の通過時刻には間に合いませんでした。



2018-09-20-19.jpg
釜石線の宮守川橋梁です。現行の橋は1943年、昭和18年築ですが、写真左側には橋脚だけが残っている遺構があり、これは1915年(大正4年)に竣工した旧橋の残りです。旧橋は国鉄、鉄道省を遡り、国有化前の岩手軽便鉄道の頃に建設されたとの事で、歴史を感じられますね。



2018-09-20-20.jpg
2018-09-20-21.jpg
2018-09-20-22.jpg
このあと盛岡まで行って、4月に泊まった「ゆっこ盛岡」にまた泊まりました。お風呂広くてご飯美味しいだけでなく、漫画本豊富で仮眠室のフトンも広めなので、健康ランドの中では名古屋のゆーとぴあ宝と並んで気に入ってます。w
首都圏では10年前から見かけなくなった古いバスが、盛岡近辺には結構残ってました。LV324系キュービックとか、エルフをベースにしたマイクロバスとかね。ただ、どちらも車体の腐食が激しかったです。



2018-09-20-23.jpg
2018-09-20-24.jpg
翌日は盛岡から仙台宮城ICまで、一般道で行きました。国道4号線沿いの、道の駅「三本木やまなみ」で、やまなみ丼という物を注文しました。券売機に文字が書いてあるだけで、写真付きのメニューがなく、どんな物なのか全くわからないのがネックだったけど、要は野菜たっぷりの中華丼でした。地元食材で作ってるから、やまなみ丼なのか。
で、食券買ってからテーブルにメニューが置いてある事に気付いたけど、券売機のお店なので、できれば看板や写真等でメニューがわかるようにして欲しいですね。
料理は味噌汁も含めて薄味寄りの家庭的な感じなので、賛否が分かれると思いますが、そのぶん健康には良さそうなので、近所にあったら私なら頻繁に通いそうなお店でした。濃い味ばかりでは病気になるし、健康は大事ですからね。こういうお店が増えて欲しいですね。
仙台宮城ICから東北道と首都高で三軒茶屋に戻りました。


2018-09-20-25.jpg
今回の総走行距離は1,336kmになりました。燃料は81.18L給油したので、燃費はおよそ16.4km/Lですね。
参考までに9月15~16日のガソリン代は、宮城、岩手では147~151円/Lで、高速道路上では162~166円/Lという感じでした。最後に給油した渋谷区のエネオスもなぜか164円/Lと高めでした。
軽自動車の運行のため、都内を出発してから仙台まで燃料が持たず、やはり高速道路上で少量給油しました。帰りは仙台を出発直前に、溢れる寸前まで継ぎ足し給油して、何とか持ちこたえた感じです。
ちなみに、往路の最初の給油は仙台で行いましたが、燃費は14kmでした。高速運行による燃費低下もあるかと思いますが、どうもレンタカーは出発時、完全には満タンになってない感じがするので、次回からは出発時も継ぎ足し満タンにしたほうが、高速道路上で給油しなくて済むかもしれません。

| ツーリング・ドライブ | 14:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

日野リエッセ、紀伊半島ドライブ

8月8~9日(水~木)に行ってきた、紀伊半島ドライブのレポートです。
今回は、初めてトナカイレンタカーのリエッセRX系をレンタルしました。26人乗りの6号車です。
国道246号線を厚木から沼津まで行ったのも初めてです。

朝9時30分に、本厚木の本店を出発、246号線を南へ進んで途中で右に分岐しますが、右に分岐だから右車線を走っていたら、左の側道に入って右折する形式でした。焦ったけど少々強引に車線変更してサンキューハザード出して何とかなりましたが、ここは覚えておいたほうがいいですね。



2018-08-26-1.jpg

2018-08-26-2.jpg
246号線の厚木から西の部分をドライブしたのは初めてでした。ちょうど東名高速とJR御殿場線が並行してますが、山の深い所を走るので、普段は東名で通り過ぎてしまう地域も一般道から行くと、地形や景色などリアルに感じられますね。通り雨が降ったり青空が見えたり、不安定な天気でした。
2箇所くらい道の駅やドライブインに入ってみるも、いずれもそんなに広くはなく、満車で入れませんでした。


2018-08-26-3.jpg
静岡の1号線だったか忘れましたが国道バイパスです。静岡県は長いですが、この手のバイパスが結構あるので、高速使わなくてもスムーズに移動できます。
1号線の静清バイパス、藤枝バイパスを通って、道の駅、宇津ノ谷峠で食事にしました。もう15時だけど、実は朝から何も食べていません。どうせなら現地の美味しい物を・・・、等と考えていた結果、ドライブインも道の駅も中々見つからず、ここまで来てしまいました。



2018-08-26-5.jpg

2018-08-26-6.jpg
浜松で渋滞して、挙句に気が付いたら1号線を外れて変な方向に行ってしまう経路ミスが発生。これで時間を食われ、豊川あたりで暗くなってきました。もう少し道を知っていれば、渋滞しないで行けた気がします。

鈴鹿市あたりで燃料が少なくなって給油。やはり目的地の奈良までは持ちませんでした。
大型車専用のスタンドで給油したけど、レシートを見たら軽油の価格126円/Lで、高くはないけど特別安くもないですね。やはり、法人や大口契約がメインだから、一般車にはあまりメリットないかな?

このあと名阪国道を走って、23時に天理ICを出てすぐの所で、また給油しました。軽油123円/Lでしした。明日の長距離走行に備えてね。
天理から近い奈良健康ランドで一泊。ここは仮眠用マットがないので、リクライニングシートしかないのですが、その環境でオレにしては本当によく眠れました。前回の軽自動車車中泊もそうだけど、最近どこでも寝れる体質になりつつあります。それ自体は良いことですが、どうも貧血が関係してる可能性があり、朝起きるのがキツいんですよね。食事改善を検討しなきゃいけないかな?



2018-08-26-7.jpg
今回は紀伊半島の海沿いではなく山の中をドライブします。ここから先は予定が二転三転した結果、計画性がなくなってしまい、運行指示書もなく、行き当たりバッタリの無計画なドライブになってしまいました。



2018-08-26-9.jpg
坂をひたすら上がって、山の奥へと進んでいきます。途中の道の駅に入ってバスを降りると、想定外に気温が下がっていました。



2018-08-26-10.jpg

2018-08-26-11.jpg
山と谷をひたすら走ります。一本道でも片側二車線に整備されている区間と、まだ未整備なのか大型車の通行が困難な狭い区間が点在していました。昔は全ての区間が狭い道だったのでしょうか。



2018-08-26-13.jpg

2018-08-26-14.jpg
道の駅に立ち寄りつつ、和歌山の南のほうまで来ました。




2018-08-26-12.jpg
翌日から開催されるコミックマーケットのため、例年と同じく帰りは大阪から東京までコミケ客をライドシェアしたのですが、今年は特に渋滞がひどく、横浜駅で運転打ち切りとなりました。ビッグサイトまで到着できたのは2015年と2017年で、2016年は本厚木駅で打ち切り、そして本年2018年は横浜駅打ち切りとなったわけです。
やはり、お盆時期の大阪東京間移動は限界がありますね。お盆と年末を比較しても、上り線は年末のほうがまだマシらしく、今後は夏コミ運行はやめて冬コミ運行に切り替えることも検討します。

今回の総走行距離は1,403kmでした。燃料は約219L給油したので、燃費はおよそ6.4km/Lでした。ただ、区間別にみるとやはり偏りがあり、一般道のバイパスや、郊外の信号がない国道を走った区間で約6.5km/Lの燃費を記録し、帰りの高速道路で飛ばした区間だけを見ると、燃費は5.8km/Lでした。これでも時速100km/h以下には抑えたので、スピードを出したらもっと悪くなると思います。
タンクは100Lですが、実際には燃料計ギリギリの状態から溢れる寸前まで給油しても、75Lくらいしか入りません。
後続距離を考える場合、余裕をもって燃費5.5km/L、使用できる燃料70Lとすると、380kmくらいが航続距離になるかと思います。軽自動車とほぼ同じですね。
3速オートマチックですが、5速MTの場合は燃費と航続距離に変化があるかもしれません。ギア比もMTのほうが高速寄りと聞いてます。

できれば500km以上を無給油で走れる乗用車と同程度の航続距離は欲しいですが、リエッセRX系にしろコースターにしろ、やはりマイクロバスは地域密着型で長距離を走らないから、小さい燃料タンクになっているものと思われます。
ちなみに、リエッセRX系は広島~高知を結ぶ高速路線バスとして使用された実績がありますが、Googleで距離を試算したところ220kmくらいでした。

今回使用したリエッセRX系の詳細は、こちらの記事を参照ください。

| ツーリング・ドライブ | 18:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>