FC2ブログ

湘南ロードライン

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

弘前、東北ドライブ

2019年7月26日(金)出発の東北ドライブレポートです。

22時00分に東京日本橋のトヨタレンタカー店舗を出発。今回使用車両は現行型カローラフィールダーです。
今回のnotteco同乗者は40代男性で弘前までの乗車でした。
出発早々からおしゃべりに夢中になり過ぎて、首都高の扇大橋ICでETCカードを入れ忘れるというアクシデントが発生!今までこんなミスは一度もなかったので、長年の運転経験による油断と慢心ですね。気を引き締め直そうと思います。
花巻南~盛岡南の120km/h化後は初めての走行でした。

AM7時50分に弘前駅に到着。これで同乗者の青森行列車(8:04発)の接続もバッチリです。
近くのすき家でうな丼二枚盛りを食べたあと、1時間ほど仮眠。



2019-08-03-13.jpg
岩木山に向かいます。ふらいんぐうぃっちの聖地になっている下湯口あたりも見てきました。



2019-08-03-15.jpg
津軽岩木スカイラインを登ります。



2019-08-03-16.jpg
2019-08-03-20.jpg
8合目駐車場に到着。7月末なのに少し寒いくらい。ここからリフトに乗って上を目指しますが、分厚い雲がかかってますね。こりゃ、景色は全く期待できんな。



2019-08-03-57.jpg
桜ミクが貼ってありました。



2019-08-03-33.jpg
2019-08-03-36.jpg
2019-08-03-34.jpg
リフトに乗ると雲に突入して、急に風が強くなる。そして急激に気温が下がって「ギャー!」
寒すぎですね。頂上まで登山するわけじゃないので、防寒対策は必要ないと思ってたのに、想像以上の寒さでたまらず、すぐにまたリフトで引き返しました。
標高1,470mってこんなに寒いのかね?2年前にコースターで富士山ドライブしたときは2,400メートルまで車で登ったけど、そんなに寒くはなかったし、昔は自転車で箱根駒ヶ岳の標高1,200メートルもよく行ったけど、そんなに寒くはない。
やはり東北だからでしょうか。



2019-08-03-65.jpg
2019-08-03-66.jpg
2019-08-03-70.jpg
不動の滝です。神社として整備されていますが、人は数人しかおらず、静かな所でした。写真だとしょぼいですが、実際の滝はもっと壮大ですからね。やはりこういうのは実際に見に行って体感できるものです。


2019-08-02-1.jpg
毎度お馴染みの健康ランドゆっこ盛岡で一泊。やはり、予約不要ながらフトンで寝れるというのが魅力的なんですよ。ドライブでも鉄道旅行でも拠点になってます。
徹夜明けだったので、18時と早めに入館しました。そして、翌日はAM3時半、まだ暗い中を出発しました。真っ暗の森の中をドライブするのも醍醐味なのです。
喜多方まで山の中をぬうようなルートで移動しました。緑豊かな山とか森の中を移動するのは最高ですね。



2019-08-02-2.jpg
今回の走行距離は2日間で1,669km、燃料消費量は88.28Lでした。平均燃費は18.9km/L、今までにない低燃費を記録した気がします。信号のない山間の道ばかり走ったせいでしょうか。往路の東北道は結構飛ばしたんですがね。

この現行フィールダーは2012年から続いていますが、2015年のマイナーチェンジでライトが厳つくなりました。個人的には、数年前まで借りていた前期デザインのほうが好きかなーと思います。
ナビも新しくなってましたが、ガラケー式の文字入力になったため使いにくい・・・
という事で、前期型があるうちはそっちを指定したほうがいいですね。
ただ機能面では、自動ブレーキとか、車線逸脱警報とか、障害物警報とか、色々ついてて驚きました。
スポンサーサイト



| ツーリング・ドライブ | 17:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

紀伊半島、長野ドライブ

4月12日(金)23時から、48時間で行ってきた紀伊半島、長野ドライブのレポートです。運行車両は日産キューブで、平成最後のドライブになる予定です。
往路は横浜駅→京都駅のライドシェアを募集し、30~40代の男性3人が同乗しました。

3月に新東名の最高速度が120km/hに上がり、私としては初の120km/h道路になりました。でも、90km/hのトラックが多すぎて、まったくもって速度向上の意味がない感じですね。そろそろ、大型トラックの最高速度も見直したほうがいい気がします。

保土ヶ谷バイパス、東名、新東名、伊勢湾岸と、順調に運行したものの、四日市から新たに開通した新名神を完全に忘れて、従来通りの東名阪ルートに入ってしまいました。という事で、新規開通区間は行けませんでした、残念。
京都駅に到着したのは、AM5時ちょうどでした。横浜駅から6時間ジャストでした。私にしては早いほうですね。今回は15分の休憩3回のみだったのと、渋滞が全くなかった結果だと思います。



2019-04-16-8.jpg
京都で男性3人を降ろして、ここからは一人旅。国道24号で南下したあと、京奈和道という無料の自動車専用道路を通りました。所々、眺めがいい場所がありました。



2019-04-16-1.jpg
国道168号で山越えしながら、十津川村に向かいます。



2019-04-16-4.jpg
道の駅、十津川郷の2Fそば店で食事にしました。



2019-04-16-12.jpg
十津川村の目印のひとつである、このアーチ状の歩道橋、小学校の校舎の一部のようですが、すでに廃校したとの事です。貴重な木造校舎という事で、機会があったら入ってみたいですね。



2019-04-16-3.jpg
玉置神社に向かう道のどこかの展望台で撮影。



2019-04-16-2.jpg
玉置神社の本殿です。駐車場から山道をしばらく歩きます。これとは別に本宮があるようですが、倒木による通行止めで行けませんでした。
玉置神社の駐車場までの道のりですが、「狭く険しい道でクルマ同士のすれ違いが大変」とよく言われてますが、思っていたよりもそこまで大変ではなかったです。道幅的にはメルファ7でも行けそうな感じです。ただ所々、すれ違い不可な部分があるのは事実なので、対向車には注意ですね。



2019-04-16-5.jpg
唐突ですが、名古屋で一泊したあと、2日目は中央道、JR中央線沿いに進みながら関東に戻るドライブです。
国道153号線を進み、途中にあった8番ラーメンに初めて入りました。北陸密着型のチェーン店で、以前から見かけてたけど、ついに入りました。個人的にはリンガーハットに似てる印象を受けました。野菜ラーメンが看板メニューです。
国道153号線沿いの景色も良かったです。



2019-04-16-10.jpg
153号線のどこかにあった桜並木ですが、満開でした。神奈川・東京はすでに散って3分の1くらいしか残ってませんが、こちらは8割くらい残ってます。



2019-04-16-6.jpg
2019-04-16-7.jpg
伊那のあたりから国道152号線にルート変更し、茅野方面に行くことにしました。杖突峠にある展望台から見る諏訪市、茅野市の景色は最高です。チーズパンも1個100円で美味しいですよ。

このあとは、本来なら下道で御殿場まで行く予定が、スケジュールの大幅な遅れのため、中央道で帰ることになりました。
日曜日なので、想定通り大月から先は40kmの大渋滞!
そこで、昨年のエルグランド北陸ドライブの帰りと同様に、上野原ICで下りて、険しい山道を神奈川CCを通って厚木に抜ける方法をとりました。



2019-04-16-11.jpg
今回の走行距離は1,385kmで、給油は3回で合計83Lでした。燃費は16.6km/Lですね。
ちなみにガソリン代は神奈川・愛知だと今は136~139円/Lくらいですが、長野の諏訪あたりはどこも150円/L弱でした。
あと、昨年末に発売されたLei04を初めて搭載してのドライブでした。

| ツーリング・ドライブ | 18:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

東北被災地ドライブ4回目

東北被災地ドライブは、2015年6月にメルファ7で行って以来、3年ぶりに行きました。
3年前の↑記事も合わせて参照すると、より理解が深まると思います。w

今回は4回目で、1回目~3回目までは現地の変化が大きかったのに対して、今回は3年前とそんなに変わってない印象を受けました。前回と同じく空き地や工事が多かった感じです。

9月14日(金)21時に三軒茶屋の日産レンタカー店舗を出発。今回は軽自動車デイズルークスでの運行で、金曜夜行便にも関わらずnottecoは応募者ゼロという結果に・・・。今回は完全に一人旅です。
高樹町ICから首都高に入り、東北道に突入。このルートもだいぶ慣れてきました。佐野SA、那須高原SA、菅生PAで休憩をとり、見仙台宮城ICで高速を出て仙台方面に向かいます。



2018-09-20-1.jpg
まず、東北被災地ドライブでは最初に寄る場所として恒例のかんなぎ聖地、陸前高砂駅へ。
ここに来たのは3年前のメルファ7以来で、前回は雨が降っていたので降車せずにバスで行ける所を素通りしただけでしたが、今回は暗闇の中を少し歩きました。そして七北田川の橋の下で夜が明けるまで仮眠。



2018-09-20-3.jpg
三陸自動車道を通って松島基地に行きました。ブルーインパルスの拠点にもなっている基地ですが、大震災の際には最も大きく被害を受けた基地でもあります。停めてあった航空機の殆どが津波で流されてしまったのですが、ブルーインパルスは九州新幹線開業のイベントで、福岡に展開していたため被害を免れました。(但し基地に残った予備1機が流出)



2018-09-20-2.jpg
松島基地は航空祭で一度入ったことがありますが、やはり外からでは航空機は見られません。無理に基地に接近しようとすると、こんな変な道に迷い込んでしまいます。



2018-09-20-4.jpg
2018-09-20-5.jpg
再び三陸自動車道を北上。ここからの景色もいいですね。



2018-09-20-6.jpg
大川小学校跡地です。全児童の7割りが津波で亡くなってしまったのです。校舎は震災遺構として保存され、慰霊碑が建てられています。



2018-09-20-7.jpg
気仙沼線、小金沢駅跡地に立ち寄りました。写真は駅隣接の踏切りです。線路は草に覆われていますね。
駅前には旅館さんりくがあります。旅館所有なのか初期型のMJが停まってました。
気仙沼線は線路の跡地を利用してBRT(バス)が走ってますが、この区間は線路跡地ではなく国道を通ってるので、小金沢駅も国道のバス停に移設という形になりました。



2018-09-20-8.jpg
気仙沼の市街地は、だいぶ復興が進んだと思いますが、場所によっては3年前と変わらず空き地や工事が目立ちました。



2018-09-20-9.jpg
海のすぐそばにある、気仙中学校の校舎です。後で調べて知ったのですが、なんと3階建ての屋上まで津波に覆われてしまったのだそうです。恐ろしいですね。



2018-09-20-10.jpg
奇跡の一本松の駐車場で、小休憩。



2018-09-20-11.jpg
陸前高田未来商店街も3年ぶりに行きました。津波でお店を流されてしまった方たちが、仮設店舗を集めてできた商店街です。今回も「味と人情の鶴亀鮨」に寄ろうと思って。



2018-09-20-13.jpg
と思ったら、2ヶ月前に仮設店舗の営業を終了したらしく、急遽、本店舗の場所を調べることに。
新しく出来た土地のためか、住所が「岩手県陸前高田市高田町大町」までしかわからず、近くまで行ってから探すのに少し苦労しました。 https://goo.gl/maps/2fjccV6vPGL2 この場所です。
本当にスマホって便利ですねー、3年前のガラケー時代じゃ、計画と異なる事態が起きたら調べる手段がなく、諦めるしかなかったでしょう。



2018-09-20-14.jpg
新しく出来た本店舗がこちらです。道路の向かい側にはショッピングモールがあるので、そこに車を停めて買い物もしつつ、立ち寄るのがいいと思います。
店主さんは本当に話し好きなので、厨房前のカウンター席に座ると高確率で話しかけられます。私が食べてる間に、他のお客と弾んだ勢いでツーショット写真とか、本当に愛に溢れたお店です。(笑)


2018-09-20-15.jpg
三陸自動車道をさらに北上。



2018-09-20-16.jpg
数ヵ所の道の駅に立ち寄りつつ、国道283号線を進みます。



2018-09-20-17.jpg
遠野あたりの景色も良かったです。



2018-09-20-18.jpg
道の駅「宮守」。残念ながら、蒸気機関車の通過時刻には間に合いませんでした。



2018-09-20-19.jpg
釜石線の宮守川橋梁です。現行の橋は1943年、昭和18年築ですが、写真左側には橋脚だけが残っている遺構があり、これは1915年(大正4年)に竣工した旧橋の残りです。旧橋は国鉄、鉄道省を遡り、国有化前の岩手軽便鉄道の頃に建設されたとの事で、歴史を感じられますね。



2018-09-20-20.jpg
2018-09-20-21.jpg
2018-09-20-22.jpg
このあと盛岡まで行って、4月に泊まった「ゆっこ盛岡」にまた泊まりました。お風呂広くてご飯美味しいだけでなく、漫画本豊富で仮眠室のフトンも広めなので、健康ランドの中では名古屋のゆーとぴあ宝と並んで気に入ってます。w
首都圏では10年前から見かけなくなった古いバスが、盛岡近辺には結構残ってました。LV324系キュービックとか、エルフをベースにしたマイクロバスとかね。ただ、どちらも車体の腐食が激しかったです。



2018-09-20-23.jpg
2018-09-20-24.jpg
翌日は盛岡から仙台宮城ICまで、一般道で行きました。国道4号線沿いの、道の駅「三本木やまなみ」で、やまなみ丼という物を注文しました。券売機に文字が書いてあるだけで、写真付きのメニューがなく、どんな物なのか全くわからないのがネックだったけど、要は野菜たっぷりの中華丼でした。地元食材で作ってるから、やまなみ丼なのか。
で、食券買ってからテーブルにメニューが置いてある事に気付いたけど、券売機のお店なので、できれば看板や写真等でメニューがわかるようにして欲しいですね。
料理は味噌汁も含めて薄味寄りの家庭的な感じなので、賛否が分かれると思いますが、そのぶん健康には良さそうなので、近所にあったら私なら頻繁に通いそうなお店でした。濃い味ばかりでは病気になるし、健康は大事ですからね。こういうお店が増えて欲しいですね。
仙台宮城ICから東北道と首都高で三軒茶屋に戻りました。


2018-09-20-25.jpg
今回の総走行距離は1,336kmになりました。燃料は81.18L給油したので、燃費はおよそ16.4km/Lですね。
参考までに9月15~16日のガソリン代は、宮城、岩手では147~151円/Lで、高速道路上では162~166円/Lという感じでした。最後に給油した渋谷区のエネオスもなぜか164円/Lと高めでした。
軽自動車の運行のため、都内を出発してから仙台まで燃料が持たず、やはり高速道路上で少量給油しました。帰りは仙台を出発直前に、溢れる寸前まで継ぎ足し給油して、何とか持ちこたえた感じです。
ちなみに、往路の最初の給油は仙台で行いましたが、燃費は14kmでした。高速運行による燃費低下もあるかと思いますが、どうもレンタカーは出発時、完全には満タンになってない感じがするので、次回からは出発時も継ぎ足し満タンにしたほうが、高速道路上で給油しなくて済むかもしれません。

| ツーリング・ドライブ | 14:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

日野リエッセ、紀伊半島ドライブ

8月8~9日(水~木)に行ってきた、紀伊半島ドライブのレポートです。
今回は、初めてトナカイレンタカーのリエッセRX系をレンタルしました。26人乗りの6号車です。
国道246号線を厚木から沼津まで行ったのも初めてです。

朝9時30分に、本厚木の本店を出発、246号線を南へ進んで途中で右に分岐しますが、右に分岐だから右車線を走っていたら、左の側道に入って右折する形式でした。焦ったけど少々強引に車線変更してサンキューハザード出して何とかなりましたが、ここは覚えておいたほうがいいですね。



2018-08-26-1.jpg

2018-08-26-2.jpg
246号線の厚木から西の部分をドライブしたのは初めてでした。ちょうど東名高速とJR御殿場線が並行してますが、山の深い所を走るので、普段は東名で通り過ぎてしまう地域も一般道から行くと、地形や景色などリアルに感じられますね。通り雨が降ったり青空が見えたり、不安定な天気でした。
2箇所くらい道の駅やドライブインに入ってみるも、いずれもそんなに広くはなく、満車で入れませんでした。


2018-08-26-3.jpg
静岡の1号線だったか忘れましたが国道バイパスです。静岡県は長いですが、この手のバイパスが結構あるので、高速使わなくてもスムーズに移動できます。
1号線の静清バイパス、藤枝バイパスを通って、道の駅、宇津ノ谷峠で食事にしました。もう15時だけど、実は朝から何も食べていません。どうせなら現地の美味しい物を・・・、等と考えていた結果、ドライブインも道の駅も中々見つからず、ここまで来てしまいました。



2018-08-26-5.jpg

2018-08-26-6.jpg
浜松で渋滞して、挙句に気が付いたら1号線を外れて変な方向に行ってしまう経路ミスが発生。これで時間を食われ、豊川あたりで暗くなってきました。もう少し道を知っていれば、渋滞しないで行けた気がします。

鈴鹿市あたりで燃料が少なくなって給油。やはり目的地の奈良までは持ちませんでした。
大型車専用のスタンドで給油したけど、レシートを見たら軽油の価格126円/Lで、高くはないけど特別安くもないですね。やはり、法人や大口契約がメインだから、一般車にはあまりメリットないかな?

このあと名阪国道を走って、23時に天理ICを出てすぐの所で、また給油しました。軽油123円/Lでしした。明日の長距離走行に備えてね。
天理から近い奈良健康ランドで一泊。ここは仮眠用マットがないので、リクライニングシートしかないのですが、その環境でオレにしては本当によく眠れました。前回の軽自動車車中泊もそうだけど、最近どこでも寝れる体質になりつつあります。それ自体は良いことですが、どうも貧血が関係してる可能性があり、朝起きるのがキツいんですよね。食事改善を検討しなきゃいけないかな?



2018-08-26-7.jpg
今回は紀伊半島の海沿いではなく山の中をドライブします。ここから先は予定が二転三転した結果、計画性がなくなってしまい、運行指示書もなく、行き当たりバッタリの無計画なドライブになってしまいました。



2018-08-26-9.jpg
坂をひたすら上がって、山の奥へと進んでいきます。途中の道の駅に入ってバスを降りると、想定外に気温が下がっていました。



2018-08-26-10.jpg

2018-08-26-11.jpg
山と谷をひたすら走ります。一本道でも片側二車線に整備されている区間と、まだ未整備なのか大型車の通行が困難な狭い区間が点在していました。昔は全ての区間が狭い道だったのでしょうか。



2018-08-26-13.jpg

2018-08-26-14.jpg
道の駅に立ち寄りつつ、和歌山の南のほうまで来ました。




2018-08-26-12.jpg
翌日から開催されるコミックマーケットのため、例年と同じく帰りは大阪から東京までコミケ客をライドシェアしたのですが、今年は特に渋滞がひどく、横浜駅で運転打ち切りとなりました。ビッグサイトまで到着できたのは2015年と2017年で、2016年は本厚木駅で打ち切り、そして本年2018年は横浜駅打ち切りとなったわけです。
やはり、お盆時期の大阪東京間移動は限界がありますね。お盆と年末を比較しても、上り線は年末のほうがまだマシらしく、今後は夏コミ運行はやめて冬コミ運行に切り替えることも検討します。

今回の総走行距離は1,403kmでした。燃料は約219L給油したので、燃費はおよそ6.4km/Lでした。ただ、区間別にみるとやはり偏りがあり、一般道のバイパスや、郊外の信号がない国道を走った区間で約6.5km/Lの燃費を記録し、帰りの高速道路で飛ばした区間だけを見ると、燃費は5.8km/Lでした。これでも時速100km/h以下には抑えたので、スピードを出したらもっと悪くなると思います。
タンクは100Lですが、実際には燃料計ギリギリの状態から溢れる寸前まで給油しても、75Lくらいしか入りません。
後続距離を考える場合、余裕をもって燃費5.5km/L、使用できる燃料70Lとすると、380kmくらいが航続距離になるかと思います。軽自動車とほぼ同じですね。
3速オートマチックですが、5速MTの場合は燃費と航続距離に変化があるかもしれません。ギア比もMTのほうが高速寄りと聞いてます。

できれば500km以上を無給油で走れる乗用車と同程度の航続距離は欲しいですが、リエッセRX系にしろコースターにしろ、やはりマイクロバスは地域密着型で長距離を走らないから、小さい燃料タンクになっているものと思われます。
ちなみに、リエッセRX系は広島~高知を結ぶ高速路線バスとして使用された実績がありますが、Googleで距離を試算したところ220kmくらいでした。

今回使用したリエッセRX系の詳細は、こちらの記事を参照ください。

| ツーリング・ドライブ | 18:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

蔵王山ドライブ

7月に蔵王山ドライブ、8月にリエッセRX系で紀伊半島ドライブ、その一週間後に東北18きっぷ旅行に行ってきて、書くことが溜まってますが、まずは7月21~22日(土、日)に日産デイズルークスで行ってきた東北の蔵王山ドライブのレポートです。

今回は費用をケチるため軽自動車での運行となり、高速は極力使わず一般道中心のドライブですが、そのぶん夏の東北ならではの緑豊かな山々を堪能できたので、有意義な旅になりました。
元々は、知人から蔵王山の御釜を提案され、一緒に行く予定だったのですが、日取りが決まった段階で知人の都合がつかなくなり、結局一人旅になってしまいました。

7月20日(金)、車中泊前提なのでお風呂は先に済ませてから、21時に飯田橋の日産レンタカー店舗を出発。扇大橋ICから首都高に入り、そのまま東北道へ。
SAで休憩しつつ、郡山JCTから磐越道に入って、会津坂下ICで出て、天体観測はまたダメだったので、そのまま会津柳津の道の駅へAM3時頃に到着しました。ここで車中泊しますが、結構涼しかったので、エンジン停止して窓を半開きにして仮眠。
私にしては珍しくよく眠れて、気が付いたら朝7時でした。4時間弱も意識が飛んでて、夜明けを見ることは全くありませんでした。それだけ気温に恵まれたという事ですね。



2018-08-19-2.jpg

2018-08-19-8.jpg
山と森と川の景色を満喫しながら、只見方面に向かいます。



2018-08-19-9.jpg
只見線の休止区間の踏切です。2011年7月の豪雨による橋梁流出で運休になり、長らく放置されていましたが、今年6月からようやく復旧工事に着手しました。一応はJR東日本が運行主体となり、第三セクターにはならずに済みましたが、線路と設備は福島県が所有する上下分離方式になるとの事です。



2018-08-19-10.jpg
踏切りから線路に向かって撮影したものですが、レールは殆ど草に覆われています。国道252号線沿いの道の駅には、只見線復旧の募金箱があり、私も500円だけですが参加しました。



2018-08-19-11.jpg
只見駅で発車を待つ、只見線代行バスです。昨年8月に乗車したときは、マイクロバスのリエッセⅡでしたが、今回はメルファが来てます。しかもカタログ塗装ですね。



2018-08-19-12.jpg
喜多方から国道121号、国道13号を通って蔵王エコーラインに入りました。標高が高くなると周囲の植物も低くなる、高山特有の風景になってきました。



2018-08-19-3.jpg
目的地の御釜に着いたのは15時頃で、駐車場からリフトに乗って行きますが、リフトに乗らなくても有料道路を通って直接クルマで行く事もできます。でも、リフトに乗るのは人生初めてだったので、あえてコチラを選択しました。落ちないように必死にしがみついてスリルがありました。



2018-08-19-4.jpg

2018-08-19-5.jpg
リフトを降りて大地を進むと異世界でした、みたいな感想です。風強い!寒い!
御釜に向かって右側にあるレストハウスで、御釜カツ丼を食べたあと、さらに山を登って頂上には神社がありました。



2018-08-19-6.jpg
以前は火口湖のすぐそばまで行けたらしいですが、火山活動の危険が高まったとして、現在はフェンスで覆われたところまでしか接近できません。


2018-08-19-7.jpg
ここまでが接近できる限界です。
御釜の左側に沿って進んでみましたが、想定以上に距離があり、リフトの運転が16時30分で終わるので途中で引き返す事になりました。 今回はここで終了ですが、また来たいですね。
リフトで下山したあと、蔵王エコーラインをくだって国道457号線に入り、高速は使わずに福島まで行って、カッパ王国という健康ランドに泊まりました。翌日は、福島から飯田橋のレンタカー店舗まで、全て一般道で行くという、どケチな移動をしました。




2018-08-19-1.jpg
今回使用した日産デイズルークスですが、レンタル料はキューブより若干安いながら、内容はタントカスタム並みで後部座席も広く、4人ドライブでも十分通用する仕様でした。4スピーカー、後席にはロール式カーテン、自動スライドドアなどがあります。

総走行距離は約1,028km、給油量は約59Lでしたので、平均燃費は17.4km/Lになりました。
ただ内訳を分析すると、往路で高速道路を374.2km走ってから給油した際には、24.0L入ったので15.6km/hLの燃費になり、2回目は一般道を318.5km走って17.3L入ったので燃費18.4km/L、3回目は一般道を335.6km走って17.21L入ったので燃費19.5km/Lでした。
今回もそうですが、やはり軽自動車やバスなど、重量に対して馬力が低いクルマでドライブすると、私の場合、やはり高速道路よりも一般道のほうが燃費は良いですね。

あと、デイズルークスの航続距離ですが、タンク容量は30Lで、実際に燃料計ギリギリから満タンにすると入るのは25L程度、燃費は高速100km/h巡行の場合、15km/L程度なので、400km弱という事になりそうです。仮に燃費18km/Lまで伸ばしても、500kmには届かないので、やはり東京大阪を無給油は無理そうすね。

| ツーリング・ドライブ | 23:10 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

能登、白川郷ドライブ

2ヶ月前になりますが、6月1~3日に行ってきた能登、白川郷ドライブのレポートです。
白川郷は2012年のメルファドライブで行きましたし、能登半島も2016年の乗用車ドライブで行ってきたので、今回はすでに行った場所にまた行く形になるのですが、同行者3人を連れての旅行なので、新しい発見を期待して行くことにしました。

22時30分に横浜西口のレンタカー店舗を出庫し、23時に横浜アニメイト前でnotteco同行者3人と集合、そして出発しました。
第三京浜で玉川へ行き、練馬から関越道にのって、上信越道と北陸道で金沢を目指しました。
ものすごく個人的な事だけど、このルートは2012年に記念すべきnotteco第一回目のドライブである「横浜→金沢」を運行したとき以来でした。あの時はメルファ7のMT車だったけど、今回はエルグランドです。しかしnottecoで同乗者を乗せているという意味では、第一回目ドライブのリバイバル運行な気もしました。本当に個人的な事なんだけどね。



2018-07-30-1.jpg
金沢に着いて能登半島に向かって、まず、千里浜なぎさドライブウェイです。砂浜を車で走れる所なんですね。



2018-07-30-2.jpg
巌門に寄って、白米千枚田でおむすび定食を食べたあと、能登半島先端の禄剛崎まで来ました。この灯台は1883年、明治16年から使用されてるとの事で、非常に歴史のある建物です。
このあと能登島をまわったあと、北陸健康センターアラビアという所に泊まりました。前回泊まった「金沢ゆめのゆ」は満室だったので今回はこちらに泊まったのですが、客層が年配者で占めていて、広間では演歌を歌っているという、典型的な平成初期の健康ランドでした。



2018-07-30-3.jpg
翌日は白川郷に行きました。2012年に行ったときは曇りでしたが、今回は見事に晴れたので展望台からの景色もバッチリです。混雑を見越して朝早く行ったので、静かな集落と水田の様子を堪能できました。



2018-07-30-4.jpg
2018-07-30-5.jpg
荻町八幡神社ですが、「ひぐらしのなく頃に」の人気はまだ衰えてないようで、ひぐらし関連の絵馬で埋め尽くされてました。もう10年近くたつ作品ですが、今でも作品愛に溢れていてうれしい限りです。
私も元はと言えば、2012年に初めてメルファ7で白川郷行ったときも、ひぐらしの聖地巡りが目的でしたからね。

お昼過ぎに同行者と集合して帰路へ向けて出発しました。
雛見沢分校の跡地に行ってみましたが、以前は残っていた門の片割れや残骸も全て撤去されており、建物跡には別の建物が建ってました。
道の駅「桜の郷 荘川」にも立ち寄りました。メルファ7で車中泊した場所です。このあと、国道158号線で松本まで行って、中央道で帰るのですが、大月あたりで大渋滞にはまり、レンタカーの帰庫時間に間に合わなくなってきました。
あまりにも進まないので、道もわからないのに上野原ICで高速を出て、ナビの地図を頼りに山越えで行くことにしました。
神奈川カントリークラブを目印にしながら道志みちに出て、三ヶ木を通って何とか橋本まで出られました。
結構すごい道を通りましたよ。ヘアピンカーブだらけの、乗用車のすれ違いもできないような狭い道を走り続けて、山奥の真っ暗なお化けが出そうな道を、ナビで方向確認しながらひたすら突き進んでました。橋本に出てからは16号保土ヶ谷バイパスですぐ横浜到着となりましたが、約2時間遅れて22時30分の到着となり、皆さんの帰りもかなり遅くなってしまったと思います。これは良くないですね。


今回のドライブは日産エルグランドで運行し、走行距離は約1290km、燃料は約119L給油しましたので、平均燃費は約10.8km/Lとなりました。
今回は慣れない中央道だったので仕方なかったかもしれませんが、渋滞を上手く回避する術は身に着けたいですね。

| ツーリング・ドライブ | 02:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

弘前さくらまつり、八幡平ドライブ

4月20日~22日に行ってきた弘前と八幡平ドライブのレポートです。
ドライブは今月2回目なので、費用を抑えるため軽自動車での運行となりました。関東の桜が終わって弘前の桜が満開であること、ブルーインパルスが来るという事で、急遽、旅行を計画しました。

22時30分に三軒茶屋のレンタカー店舗を出発、車内のセッティングをしたあと、23時に渋谷駅周辺で集合しました。今回の同乗者は男性1人、女性2人です。
高樹町ICから首都高に入り、東北道を目指します。竹橋JCTを間違えて直進してしまう経路ミスをしたものの、すぐに東北道の案内標識が出てきたので、それをたどって何とか川口線まで行けました。あとで地図を見たら、かなり大回りしてたんですね。

0時ちょうどくらいに東北道へ突入。
首都高の経路ミスもあって15分遅れですが、交通量はそんなに混んでないので、すぐに速度を上げて回復運転に入りました。最初の休憩は上河内SAだったかな?紙コップのコーヒーを買ってすぐ出発。
泉PAで仙台に向かう男性1人を降ろしたあと、さらに北を目指して走ります。夜が明け始めた前沢SAで食事休憩、前沢牛を食べました。ここまで来ると寒く、上着を取り出しました。
食事が終わったらだいぶ明るくなり、さらに北へ走ります。安代JCTで真ん中車線を走っていた私は、危うく経路ミスをしそうになる。そのまま直進すると八戸道に入るので、東北道を引き続き進むには、最も左側の車線を走らなきゃいけないんですね。手前から標識もあったと思うけど、おしゃべりに夢中で見ちゃいない。

大鰐弘前ICで高速を出て、弘前公園を目指します。渋滞が心配でしたが、全く渋滞する事なくスムーズに公園到着。しかし、駐車場が満車。そういう事を見越して早朝着にしたんですが、それでもダメでした。
仕方ないので、周辺を回っていたのですが、無料駐車場という看板があったので、矢印に従って徒歩25分程の場所に無料で駐車できました。公園から遠いけど無料だしまあいいか。



2018-04-28-5.jpg
2018-04-28-19.jpg
2018-04-28-20.jpg
2018-04-29-22.jpg
満開とは聞いてたけど、5分咲きくらいかな?個体によっても異なりますが、ソメイヨシノの他いくつか種類があって、満開なのもありました。見た目ソメイヨシノだけど、葉もついてて蕾もあるのもあったし、そのあたり知識ないのでわかりません。
屋台で食べ歩きます。



2018-04-28-3.jpg
2018-04-28-2.jpg
2018-04-28-4.jpg
そして今回、弘前さくらまつりにブルーインパルスが初めて来ました。風が強かったので、せっかく描いたサクラやハートは変形してしまいましたが、一糸乱れぬ編隊飛行と旋回で見事なショーでした。
オレは屋台で買ったさつまいも棒ポテトの量が多くて完食できず、ショーが終わってからやっと完食。
12時に集合して、弘前をあとにしました。



2018-04-28-6.jpg
高速は使わずに国道7号線をずっと下りて、大館市を通って八幡平の入口まで来たところです。標高が高くなるにつれて、積雪が増えていきました。しかし道路の除雪はしっかりされているので走行は全く問題ありません。この雪景色、本当にキレイですね。



2018-04-28-7.jpg
下のほうから温泉が流れているので、湯気がたってるのが雪の風景と合わせて何とも幻想的。



2018-04-28-8.jpg
標高のせいか植物もまばらですが、それがまたいいですね。



2018-04-28-9.jpg
2018-04-28-10.jpg
さらに進むと、道路脇の雪の壁はこんなに高くなりました。よく、雪の壁の真ん中に観光バスがいる風景がパンフレットになっていますが、いつかそういう所も行ってみたいですね。



2018-04-28-11.jpg
2018-04-28-12.jpg
2018-04-28-1.jpg
結構すごい絶景を見れました。初めて見る風景です。風強いけど空気が綺麗なので、沢山吸って健康増進w



2018-04-28-13.jpg
山脈の風景に癒されながらドライブしました。
八幡平を下りたところで日が暮れて、徹夜ドライブの後という事もあり、早めに泊まることにしました。今回は「ゆっこ盛岡」という健康ランドに泊まります。一応、平らなマットがあるので、睡眠はとれるはず。
なんで健康ランドなのかと言うと、予約しなくて済むので急な予定変更によるリスクもないし、お風呂は広いし、漫画読めるし・・・。



2018-04-28-15.jpg
2018-04-28-16.jpg
碁石海岸。



2018-04-28-17.jpg
奇跡の一本松。
この辺りは津波被害が大きかった地域で、未だに復興工事が続いていました。壊れた建物もそのまま保存されており、改めて見ると生々しいです。



2018-04-28-18.jpg
南三陸さんさん商店街。
東日本大震災の津波で被害を受けた人達が集まり、仮設の商店街として始めた場所ですが、2017年に仮設ではなく正式な商店街になりました。2015年6月にメルファ7で初めて訪れた時は、駐車場は砂利で、店舗もバラックで仮設住宅な感じでしたが、現在は舗装された駐車場をはじめ、お店の看板も並んでかなり整備されました。復興は着実に進んでいます。
いつかテレビでやっていたキラキラ丼を食べにきたんですが、色々なお店の様々なキラキラ丼がありました。それぞれ内容全く違いますからね。
ここで帰る時間になったので、帰路に着きます。たったの48時間、青森往復で48時間はやはりキツイですね。



2018-04-28-21.jpg
今回の総走行距離は1,576kmになりました。ガソリンは約94.L給油したので、燃費は16.7km/Lでした。
普通車よりも燃料タンクが小さいので、東京~仙台でギリギリ、東京~大阪は無給油では無理です。高速上で給油すると高いので、そこが難点ですね。

今回使用した日産デイズルークスという軽自動車ですが、日産レンタカーで5月8日から新クラスとして設定されるようです。その準備のために導入された車で、現況ではノーマルのデイズと同じクラスで運用されているため、安い料金で借りれました。
外見はフォグランプとリアスポイラー付きというカスタム系で、車内は天井が高いし、スピーカーも音いいし、今度、軽借りるときは、タントカスタムと共にこれにしようと思いました。



| ツーリング・ドライブ | 02:33 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

奈良、愛知、静岡ドライブ

4/8(金)~4/10(日)にかけて行った奈良吉野と愛知、静岡ドライブのレポートです。
22時30分に日産レンタカー横浜駅西口店をエルグランドで出庫、23時に横浜駅でnottecoライドシェアの同乗者5人と待ち合わせました。
狩場ICから保土ヶ谷バイパスに向かうルートは2回目ですが、今回は渋滞せずスムーズに進行。しかし、横浜町田ICの分岐はわかりづらく、今回も危うく直進しかけました。

東名を御殿場JCTに向かって走行、同乗者とおしゃべりに夢中になって、御殿場JCTに気付くのが遅れて新東名に入り損ねました。恒例の経路ミスですね。だけど、御殿場JCTは2013年頃からもう何十回も通ってるしねぇ・・・。
とか言っても仕方ないので、清水JCTで経路修正。

名阪国道の針インターで下りて、近鉄大阪線の榛原駅で同乗者を降ろしてライドシェアは終了しました。ここからは観光ドライブです。
まず、今回の一番の目的である、吉野の桜を観に行きました。3月の開花情報を元に決行日を決めたのですが、最近の陽気で開花が早まってしまい、もう殆ど散っているとの情報。
でも、標高によって開花がずれるので、下千本、中千本、上千本、奥千本と、山の下から上へ順番に開花するのです。奥千本はまだ見頃との事で、そこに期待して行ってみました。



2018-04-15-1.jpg
行ってみると案の定、下千本と中千本は散ってしまい、上千本だけ少し残ってるという状況でした。昨年は気温が上がらなくて開花前に行ってしまったんですが、今回は散った後でした。しょうもないですね。
こうなったら奥千本に期待して、ちょっと大変だけど徒歩で山登りをします。夜行ドライブをした後なので、なおさらキツイ。



2018-04-15-3.jpg

2018-04-15-2.jpg
水分神社の枝垂れ桜。こちらは綺麗に開花しています。



2018-04-15-4.jpg
歩き始めて1時間くらい経ったかな?奥千本は遠いです。途中には鳥居があって周辺にいかにも植えたばかりの桜が沢山あったけど、それは奥千本じゃないと判断してさらに進みました。写真は金峯神社を過ぎて登山口を入った所です。


2018-04-15-14.jpg

2018-04-15-5.jpg
やっと奥千本に到達!でも千本というほど広くはないような・・・、というかこれ伐採したの?



2018-04-15-16.jpg
結構高い所まで登りました。



2018-04-15-6.jpg
中千本、下千本あたりは商店が沢山あるので、食べ歩きで朝食をとりました。
このあと出発して、大神神社と針テラスの道の駅に寄ったあと、愛知に向かいます。



2018-04-15-7.jpg
渥美半島の伊良湖岬に来ました。鳥羽からフェリーに乗る方法もあったけど、車をのせると料金が高いので断念して大回りしてきました。そのフェリー乗り場が道の駅にもなっています。
写真の高い所にある建物は伊良湖ビューホテルです。



2018-04-15-17.jpg

2018-04-15-19.jpg

2018-04-15-18.jpg

2018-04-15-8.jpg
日出の石門あたりからは絶景が見れます。崖っぷちまで立入れますが、安全柵ありません。



2018-04-15-9.jpg
国道沿いに牧場があって、停車したら牛が一斉に寄ってきました。



2018-04-15-10.jpg
浜名湖に近い道の駅、潮見坂で浜名湖産のうな重を注文。
そのあとは浜名湖をドライブしました。東海道線の弁天島駅は18きっぷで何度も通りかかってますが、地図で見ると結構凄い場所にある駅なんですね。



2018-04-15-11.jpg
三保の松原に向かう国道150号線ですが、この辺はいちごビニールハウスが沢山ありました。この道も「いちごライン」とか、写真の看板にもある通り「いちご海岸通り」とか別名がついてるほど、いちご農園が盛んです。



2018-04-15-12.jpg

2018-04-15-13.jpg
三保の松原まで来ました。昨年8月にも来てますが、前回と違い晴れたので富士山が見えました。
夕食は同乗者の提案でエスパルスドリームプラザに行こうとしたものの、時間がなくなってきたので今回は割愛しました。機会があったら行ってみたいので、忘れないうちにここに記しておきます。
このあと、東名の富士川SAで夕食にしました。いつも新東名を通るので、今までこのSAは入る機会が全くありませんでしたが、景色も良くていい所でした。また来たいですね。



2017-10-17-14.jpg
今回の総走行距離は1138kmになりました。ガソリンは99L入れたので、平均燃費は約11.5km/hになりました。
一回目の給油は愛知県で654km走行地点で行い、60.31L入りました。単価は135円
二回目の給油は、レンタカー返却時に給油場所を指定されていたため、横浜市西区の有人スタンドでしたが、1回目の給油から484km走行地点で38.55L入りました。単価は147円。

日産レンタカーから指定されたスタンドの単価があまりにも高かったので、次回からは安い所で概ね満タンにしてから、指定された場所で改めて満タン、という方法をとったほうがいいかもですね。

| ツーリング・ドライブ | 23:57 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

建長寺の桜

お花見の季節という事で、久々にロードバイクで鎌倉に出発しました。
自転車は去年の誕生日以来です。

鎌倉の桜で有名な所は、源氏山公園、八幡宮、若宮大路あたりだと思いますが、今回は普段入らない建長寺に行ってみました。
境内に入るだけで500円かかるので、ここ10年以上入ったことがなかったんですね。最後に入ったのはおそらく高校時代だったかな?
ソメイヨシノは満開で、個体によっては散り始めという感じでした。

2018-04-01-1.jpg

2018-04-01-3.jpg

2018-04-01-2.jpg

2018-04-01-4.jpg

2018-04-01-5.jpg

2018-04-01-6.jpg

2018-04-01-7.jpg

2018-04-01-8.jpg



2018-04-01-9.jpg
こんな感じで、結構高い所まで登りました。左側に見える街並みは、方向的に長谷、由比ガ浜、滑川あたりだと思います。
建長寺の境内は広い。



2018-04-01-10.jpg
そして反対側はランドマークタワー。
北鎌倉から最短ルートで距離にすると17kmくらいなので、ロードバイクでも1時間弱で行けました。


2018-04-01-11.jpg
方向的には江ノ島ですが、深い山々しか見えません。



2018-04-01-12.jpg

2018-04-01-13.jpg

2018-04-01-14.jpg
枝垂れ桜だと思います。


2018-04-01-15.jpg
しだれ桜はまだ満開になってませんでした。これからですね。


2018-04-01-16.jpg

2018-04-01-17.jpg

2018-04-01-18.jpg
建長寺はここまで、以下は八幡宮です。



2018-04-01-19.jpg

2018-04-01-20.jpg

2018-04-01-21.jpg

2018-04-01-22.jpg

2018-04-01-23.jpg

2018-04-01-24.jpg
という事で、4時間の鎌倉花見散策を終えました。実は今日土曜日なので、人が多くて写真撮るのも大変でしたが、八幡宮では屋台が出ていたので、小町通りと合わせて食べ歩きもできました。
観光客は多い順に、子連れ家族、カップル、女友達同士、夫婦、女一人旅、男一人旅という感じでした。男友達同士というのは見なかったですね。
桜と言えば光明寺もいいらしいので、移動を考えて自転車を出動させましたが、結局建長寺と八幡宮で日没になってしまいました。明日出勤日だけど、その次の明け番にまた行くかな。

| ツーリング・ドライブ | 01:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

四国ドライブ

日産エルグランドを48hレンタルして、2月16(金)~18日(日)にかけて行ってきた尾道、桂浜、高松ドライブのレポートです。

21時に藤沢の日産レンタカー店舗を出庫、22時に横浜駅前で集合ですが、戸塚警察あたりの渋滞で10分遅れました。この時間の渋滞は全く予想してなかった・・・。
すでにnottecoの同乗者の皆さんは揃っていたので、素早く点呼をとってすぐ出発。ところが保土ヶ谷バイパスに入った途端にまたもや渋滞、しかも、今度は全く動かないタイプの大渋滞で、これは事故によるものか・・・、と一瞬覚悟しましたが、ただの工事渋滞でした。これで横浜町田ICの通過が1時間遅れに。

朝8時までには尾道に着きたいので、休憩少なめで速度を120km/hに引き上げて回復運転。
実は今回、某notteco上位ドライバーの方と、全く並行するダイヤ(横浜22時発)で運行しているのですが、草津PAに入るため速度を落としたタイミングで、そのドライバーさんに抜かされました。つまり同時に出発して保土ヶ谷バイパスの渋滞に巻き込まれていたという事ですね。
草津PAで相乗りの一人を降ろしたあと、吹田SAでもう一人を降ろして(蛍丸のイラストありがとうございますw)、そこからは同乗者3人で尾道へ向かいました。

そして恒例の経路ミス(?)はというと、今回は豊中JCTから阪神高速に入るところまでは出来たものの、池田出口を出たあと中国道方面へ左折する事に気をとられて分岐を左方向に進入、結果的に吹田方面へ戻る方向に入ってしまいました。要するに左方向へ行きたいときは分岐を直進、右方向へ行きたいときは分岐を左に入らきゃいけないんですよ。
その後の経路修正ですが、結局、吹田付近でUターンして、そこから西宮へ向かうことにしました。中国道の西宮北ICから入れるはずなので。
でもナビでよく調べると、西宮市は広く、中国道の西宮北ICは、西宮の中心地からはかなり離れた全く別の場所にあり、このまま西宮に向かうのは遠回りどころか方向からして90度もズレてる事が発覚!またもやUターンして、結局宝塚のインターから中国道に入ることにしました。
本当に今回の経路ミスはメチャクチャでしたね。

中国道と山陽道は2014年にメルファ7の1号車で通って、2016年にメルファ7の3号車で通って、今回2018年にエルグランドで通るわけで、ちょうど2年刻みですね。普通車で通るのは初でした。
福山西ICで高速を出て、1時間20分遅れて9時頃に尾道駅へ到着。今回48時間を全て同行する1名を除き、相乗りの同乗者は全員下車しました。
ここまで793kmですが、無給油で来ました。やはりエルグランドの2.5L車は航続距離が長いのが強みですね。しかしさすがにギリギリなので、ここで給油、68L入りました。タンクは73Lらしいので、本当にギリギリだわい。



2018-2-18-1.jpg
まず朝食をとるため、道の駅「みはら神明の里」へ。ここもメルファ7の1号車と3号車でそれぞれ来ていて、今回で3回目ですが、2014年に来たときにやっていた朝バイキングはやってないどころか、レストランの営業時間もAM11時以降とのこと。それよりもタコを推していたので、タコご飯にタコ天ぷらを買って食べることにしました。



2018-2-18-2.jpg
今回は、しまなみ海道で四国に渡ります。小さい島々が点在する瀬戸内の海を渡りますが、天候にも恵まれたので島と海の景色は最高でした。


2018-2-18-3.jpg
今治IC近くの来島海峡SAに立ち寄りました。ここの景色も良かったですよ。



2018-2-18-5.jpg
糸山展望台と来島海峡展望館も立ち寄りました。ここが一番景色が良かったです。ほぼ360度見渡せます。展望館の中にはバリィさんグッズがありました。今治のマスコットだからバリィさんだそうで、ハラマキ巻いたオッサンのようなヒヨコです。全国的にも有名なのだとか。同行者から話しを聞いて知りました。



2018-2-18-6.jpg
今治を後にして、国道194号線で山を越えて高知を目指します。途中でネコミミのようなヘルメットをつけたライダーに遭遇。目が悪いのでよく見えなったけど、ネコミミにしか見えませんでした。あれは一体なんだったのか?
国道沿いにある3ヵ所の道の駅に立ち寄りながら、山を越えていきました。



2018-2-18-7.jpg
途中で吊り橋を発見。強風でグラグラ揺れています。真ん中まで行くと、揺れと風圧で振り落とされるんじゃないかと思いました。



2018-2-18-8.jpg
高知の桂浜へ初めて行きました。


2018-2-18-11.jpg
2018-2-18-13.jpg
基本的には砂浜ですが、一部は岬のように高くなっている場所があり、そこには神社がありました。



2018-2-18-14.jpg
坂本龍馬の像も有名ですね。



2018-2-18-15.jpg
高知の市街地では路面電車「とさでん」が走ってます。現地では「土電(とでん)」と呼ばれるらしいですが、東京の都電と紛らわしいので全国的には「とさでん」なのだとか。
このあと、ひろめ市場という所で食事にしました。が、中に入ってみると大勢の客で溢れており、座る余地はどこにもなく、飲食店での食事を諦めて食べ歩きをすることに。ウニ丼弁当は車内で食べました。



2018-2-18-17.jpg
日没になったので高松まで高速移動して、この「やしま第一健康ランド」で一泊しました。温泉でびっくりしたのが、温水プールがあったことです。という事で、温泉だけでなくプールで泳いでみました。15年ぶりかな?背泳ぎができなくなっていました。どうしても足が沈んでしまい、無理やり真っすぐにすると全体が沈没するという・・・。
サイト上では男性のみ仮眠台が利用できると書いてありましたが、実際は仮眠台のほか和室も解放されていたので、私はそこに毛布を敷いて寝ました。ちなみに駐車場は大型車もOKです。



2018-2-18-16.jpg
地方に行くと必ず古いバスを見かけますね。少なくとも19年前のモデルですが、そういえばnottecoでも19年経過した初代セレナを運用している方や、20年経過したマークⅡを運用している方もいましたね。古いモデルほど長持ちするとはよく聞きます。



2018-2-18-18.jpg
帰りは淡路島を通って帰りました。明石海峡大橋からは、神戸の市街地がよく見渡せました。
そういえば、淡路島SAに立ち寄ろうとして、案内標識がわかりづらくて誤通過しました。2016年にメルファ7で来たときはちゃんと入れたのですが、おそらくあの時は持ち込みのレイナビとレンタカーのナビで、それぞれ広範と詳細を表示していたので、そでれナビ見ながら道を間違えずに入ったんですね。

帰りは西宮から相乗りを実施しました。
レンタカー返却が「時間厳守」だの「延長まったくできません!」とか言うので、ゆっくり休憩もとれずに120km/h運転。行きだけでなく帰りまで急ぎを強いられるのは勘弁して欲しいですね。
東名区間の渋滞は、日曜日は毎回の事ですが、何とか定刻通りに横浜駅到着できました。

レンタカーですが、前の利用者が延着したら、次の人の貸渡しが遅れることもあるのかと尋ねたら、たまにあるらしい・・・、そういえば私も一度だけ洗車が汚なすぎて、クレームを言った挙句に出発早々洗車機で洗う羽目になったことがあったんですが、そういう事なんですかね。
まぁ他の所よりも安いからお世話になってるけど、そういうリスクがあるのなら、ドライブによっては他のレンタ屋さんで借りることも考える必要があるのかな?と改めて思いました。しかし、どこも似たようなもんなのかな?・・・。
ちなみにバスレンタカーでお世話になっている厚木のアツレンさんは、レンタカー運用も余裕をもって組まれているので延長も快く受けてくれるし、良心的ですよ。


2017-10-17-14.jpg
今回の総走行距離は1,890kmとなりました。燃料は162L入れたので、燃費は11.6km/Lになりました。
エルグランドは2.5Lと3.5Lの2種類のエンジンがありますが、2.5L車は燃費がいいので航続距離も長く、長距離ドライブに適しています。
次回のドライブは4月に、奈良県吉野のお花見をリベンジしたいと思います。前回は開花時期を外してしまったのでね。

| ツーリング・ドライブ | 02:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

愛知、岐阜ドライブ

香嵐渓の紅葉観光と岐阜基地航空祭のレポートです。
元々は日産モコという軽自動車を予約していたのですが、nottecoで申し込みがあった同乗者の希望で後部座席に3人グループで座ることになったため、車種変更となりました。5人乗りの車で5人フル乗車の長距離ドライブは初めてです。しかも、5人全員が48時間の全行程を一緒に旅行するという、これまた初めてのケースでした。
本来であればミニバンを手配するのが理想なんですが、どうしても今月金欠だったので・・・。

11月18日(土)AM7時25分、日産レンタカー藤沢駅前店を25分遅れて出庫。夜勤明けで寝坊してしまいましたが、横浜駅前で待ち合わせのため、先を急ぎます。さすがの雨男につき今回のドライブも朝から雨です。
しかし、相乗りの人からも寝坊の連絡が入り、横浜出発は1時間遅れて9時ちょうどの出発となりました。

保土ヶ谷バイパスから東名に入り、1時間遅れながらも渋滞もなく順調に進みました。駿河湾沼津の道神ラーメン美味でした。
豊田東JCTから東海環状道に入るはずが、道を間違える天才の私は今回も分岐を直進してしまい、仕方ないので東名に入って日進JCTから向かう羽目に。
香嵐渓に向かう国道153号線はひどい渋滞が予想されるため、山道から迂回する計画を立ててたんですが、すでに行程は2時間も遅れていて、渋滞のピークも終わった頃なのでそのまま国道から進んだところ、大きな渋滞にも合わず15時頃に香嵐渓近くの駐車場に到着できました。一時は2時間以上遅れてたものの、到着は1時間遅れとなりました。幸いにも雨は止んでます。



2017-11-18-1.jpg
香嵐渓に到着後は、一旦現地で解散とし、それぞれで観光しました。
私は屋台でお好み焼きとか、じゃがバターとか、鹿肉ソーセージを食べ歩いてました。鹿肉は初めて食べたと思うけど、少し固かったかな。



2017-11-18-2.jpg

2017-11-18-4.jpg
もみじの色付き具合は最高でした。やはりピークの土日なので人多い。
そういえば、もみじの葉を天ぷらにしたものがあるそうですが、買うの忘れました。



2017-11-18-5.jpg

2017-11-18-6.jpg
到着したのが15時のため、滞在1時間ちょっとで薄暗くなり始めてライトアップ開始となりました。



2017-11-18-7.jpg

2017-11-18-8.jpg

2017-11-18-9.jpg

2017-11-18-10.jpg
これが香嵐渓のライトアップです。幻想的で綺麗でしょう?デジカメで撮ったので実際の見え方とは大分違いますがねw。

このあと19時に集合して出発。
名古屋市の「湯~とぴあ宝」という健康ランドに泊まりました。本当は長距離ドライブはちゃんとホテルを予約するのが望ましいんだけど、5000円以下の安い所は全て埋まっていたので、全員ここで12時間滞在しました。施設的には結構充実していて、お風呂も豪華だったので楽しかったです。
ホテルが埋まってるとだけあって、ここも定員オーバー気味で、仮眠シートをとれなかった人がジュウタンや漫画コーナーで寝ていて、館内中でイビキ音が鳴り響いてましたw。

翌朝8時15分に集合して、岐阜を目指して出発しました。
岐阜基地航空祭は大規模イベントにつき基地周辺の駐車場確保は無理なので、電車移動を前提に岐阜駅周辺のパーキングを探したものの、ここらも全て満車だと!?
隣駅の西岐阜まで行って何とかパーキングを発見、駐車できました。しかし、この予定外の時間ロスでブルーインパルスに間に合うかどうか微妙になってしまいました。
とりあえず、初めてキハ75系に乗車しましたが、岐阜基地の入口でさらに予想外な事に、入場待ちの行列が!うわ・・・。



2017-11-19-5.jpg
行列で待っている間に11時25分になり、ブルーインパルスが離陸しましたが、あいにくの天気のため曲技飛行やスモークで空に絵を描くパフォーマンスは中止になったようで、低空での航過飛行のみになりました。しかし、6機が密集しながら通過するだけでも迫力ありますね。



2017-11-19-6.jpg

2017-11-19-7.jpg
やっと基地の中に入った時は、ブルーインパルスの着陸後でした。次の演目まで1時間近くあるので、格納庫で展示されている機体を見学する事に。



2017-11-19-8.jpg
まず、国産ステルス戦闘機の開発を目指して製作された実験機、X-2です。一部のメディアやネット民からは「心神」と呼ばれてるようですが、公式ではないとの事です。
メディア登場時には機体形状の一部が機密だとかで映像編集されてた記憶がありますが、今となっては普通に一般市民の前でリアルに公開されるんですね。



2017-11-19-9.jpg

2017-11-19-10.jpg
例年通り、F-15のコクピット公開もやってました。
実は現在1/48のF-15プラモデルを製作中で、主脚の一部の部品が説明書だけでは取り付け角度がわからず、ネットで写真を探しても見つからず、ここで本物をチェックしてやっと組み立ての目途がたったという・・・。



2017-11-19-2.png

2017-11-19-1.png
12時j50分から、レッドブル・エアレースで年間優勝したという室屋義秀選手の曲技飛行が披露されました。
実は私は全く知らなかったのですが、今回同行した方から話しを聞いて知りました。戦闘機の最大負荷を上回る10Gまで引き起こす事もあるとアナウンスで解説があり、ジェット機にはできない非常に小刻みな機動に驚きました。
垂直上昇しながら停止してホバリングしたり、機首の向きとは全く違う方向に飛んだり、機体を水平にしたまま落下したり、全く知らなかった私にとっては予想外の動きばかりでした。さすが競技選手ですね。



2017-11-19-12.jpg
室屋さんの演目が終わったあと、雨がひどくなり、みんな一斉に格納庫へ避難していきました。風も出てきて急激に寒くなり、私もたまらず格納庫へ。
しばらくして、これらの機体が一斉にエンジン始動しましたが、C-1、F-15、F-2が離陸したあと、それ以外の機体はなぜかエンジン停止、パイロットは降りてしまいました。
天候不順のため、曲技飛行を行う予定だった機体については飛行がキャンセルになったとのアナウンス。会場からは一斉に「えー」の声が挙がりました。



2017-11-19-3.png
恒例の異機種大編隊は、C-1、F-15、F-2の3機だけとなりました。
C-1って上空ではノロノロした動きに見えるけど、低空に来ると巨大な機体が高速で通過するのでかなり迫力ありますね。

このあと岐阜駅で4人と集合して、帰路に着きます。私は西岐阜まで車を取りに行ったため高山線利用でしたが、他の方は名鉄に乗ったそうで、やはり例年を大きく上回る来場者数で帰りも行列になってしまったそうです。
岐阜駅から名古屋を経由して名神高速を目指しますが、ケチな私は名古屋高速を利用せず、国道22号線から行ったため、大渋滞にハマって名神高速のインターにたどり着くまで1時間40分もかかってしまいました。
岡崎SAで食事休憩をとったものの、同乗者の中には都内在住の方もいたため、終電が気になり、急いで帰る事になりました。
東名の秦野から町田の渋滞がネックでしたが、もうピークは過ぎていたため、何とか順調に走行。23時30分頃、無事に川崎駅で解散となりました。



2017-11-19-13.jpg
今回の総走行距離は919kmでした。燃料は59.28L給油したので、平均燃費は15.5km/Lとなりました。やはり全行程を5人フル乗車したので、燃費はまあまあ落ちますね。
日産キューブはのべ4回目のレンタルですが、日産レンタカーやトヨタレンタカーで借りれる5人乗り小型車の中では、後部座席が一番広いので、5人乗り小型車としては最近の主力になっています。

| ツーリング・ドライブ | 23:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

青森、大間ドライブ

今回は日産レンタカーのエルグランドを48hレンタルし、青森まで行ってきました。
本当は3連休に72hで行きたかったのと、15日にはビッグサイトでCOMIC1もあったので相当悩みましたが、紅葉のシーズンとカレンダーの休日を総合的に検討した結果、土日だけの48h強行ドライブとなりました。そのため、また時間に余裕のないガチガチな旅行となりました。

10月13日(金)21時、日産レンタカー藤沢駅前店を出庫し、22時30分に秋葉原で相乗りの5人を乗せて出発。
さすが雨男で、今回のドライブも出発から雨に降られました。そして、さすが道を間違える天才で、鶯谷駅前交差点を右折するべきところ誤って直進してしまいました。とりあえず路地に入って、同乗者5人を乗せたまま路地裏を縫ってルート復帰することに。

扇大橋ICから首都高に入り、深夜の雨の東北道をひたすら走りました。48hしかないので往路は特急ダイヤを組みました。
最初の休憩は福島の安達太良SAで、外は寒かったです。わかってはいたけど、やはり首都圏とは違いますね。
次は4時過ぎに岩手の前沢SAで休憩。気温は8℃まで下がりました。同乗者の方が前沢牛を注文してました。私も今度行ったら食べようと思います。
最後に花輪SAで休憩し、翌朝7時15分頃、予定通り青森ICを出ました。これで東北道を全線走破という事になりました。
青森駅には7時40分到着で、秋葉原から9時間10分となりました。相乗りの人は全員降車し、ここからは一人旅です。



2017-10-17-1.jpg
国道103号線の山道をひたすら登って、酸ヶ湯温泉を目指します。綺麗な景色も見られますが、早くしないと酸ヶ湯温泉の駐車場が埋まってしまうので先を急ぎます。



2017-10-17-2.jpg
2017-10-17-3.jpg
標高が上がるにつれて、紅葉が鮮やかになってきました。3連休ドライブやCOMIC1を諦めてまでこの日にドライブを決行したのは、この風景を見るためです。本当すごいですよ、山全体が紅葉に包まれていて。



2017-10-17-4.jpg
そして酸ヶ湯温泉駐車場に到着。ここもカラフルで綺麗な紅葉に包まれております。



2017-10-17-5.jpg
旅の一つ目の目的である酸ヶ湯温泉に入りました。ちょうど寒かったので一層温泉を楽しめました。
名前の通り本当に酸っぱい味がする温泉で、入るとヒリヒリします。
建物は昔ながらの木造で、廊下や階段は完全に明治大正の建物でした。なかなか雅やかで良かったです。

驚いたのは今時非常に珍しい「混浴」で、さらに驚いたのはオジサン方がみんな全裸スッポンポンで堂々と入っていったこと・・・。
混浴は初めてだし、全裸で入っていいのか迷いましたが、先に行った人はみんなスッポンポンだったので俺も恐る恐る侵入・・・、入ってみたら女性は皆無でした。
一応は男性エリアと女性エリアに区切られており、女性エリアの中には壁スペースも設置されていて、その壁スペースから出てくる女性は皆無でした。
まぁ女性エリアの中に狭い壁スペースを作るくらいなら、その壁を真ん中に移設して男女エリアを区切るように(実質的に混浴は廃止)したほうがいいと思います。脱衣所には混浴のマナーがうるさいほど書かれていて(ジロジロ見るなとか)、実際に女性客からのクレームも多いらしく(ジロジロ見られたとか)、個人的には混浴でないほうがお互い楽しめるのではと思いました。

混浴は昔からの文化だという主張もあるようですが、どんな男にも妻や彼女がいた昔と違って、今どきの男は女性関係が報われない人が多く、それが原因で性犯罪が年々増加していると考察する識者もいるし、人間だけでなくペンギンも異性関係に報われず二次元に走る時代なので、今どき混浴なんてやったらトラブルが続出するのは容易に想像できますね。



2017-10-17-16.jpg
温泉のあとは、併設の蕎麦店で食事してから2Fにある休憩所で雑魚寝。徹夜ドライブをした後なので、私にしては珍しく座布団1枚で寝れました。



2017-10-17-15.jpg
2017-10-17-6.jpg
2017-10-17-8.jpg
下山するときの紅葉も最高に綺麗ですね。紅葉名所は色々あるけど、山全体が広範囲に渡って色づいてるというのはあまりない気がします。それだけ条件に恵まれてるのでしょうかね。これ夜にライトアップしたら最高に輝くと思います。
山を下りて標高が下がるに従い、紅葉は緑に変わっていきました。地表付近の紅葉はまだこれからなんですね。



2017-10-17-7.jpg
本当は十和田、弘前と旅したいところですが、なにせ時間がないので酸ヶ湯から下北半島に直行します。



2017-10-17-17.jpg
むつ市の大湊には海上自衛隊の基地がありました。結構間近で護衛艦が見られます。陸奥湾の景色も最高でした。



2017-10-17-10.jpg
仏ヶ浦の断崖絶壁です。駐車場から徒歩で山を下りて間近で絶壁を見ることも可能ですが、片道徒歩15分かかるので時間がなく、上から眺めました。



2017-10-17-11.jpg
しばらく進むと車道が海沿いになり、仏ヶ浦ほどではないものの同様の火山岩石による風景が見られました。



2017-10-17-9.jpg
結構すごい所に道路建設してますね。



2017-10-17-12.jpg
日没が見れました。



2017-10-17-13.jpg
そして本州最北端、大間﨑に到着。すでに真っ暗で閉店ギリギリの駆け込みになりましたが、旅の二つ目の目的である大間まぐろを食べるため、まぐろ専門店「大間んぞく」で食事しました。注文したのはもちろん大トロマグロ丼。やわらかくてトロトロな脂がのった贅沢なお味でした。まさに大満足!

お店を出たのがちょうど18時の閉店時刻だったのですが、そのタイミングで駅の発車メロディーとして有名な永楽電気製のムーンリヴァが防災無線のチャイムとして流れてきてビックリ。こんな所でも使われてるんですね。
このあと、八戸のホテルで一泊しますが、ここからまた150kmだと・・・、遠いなぁ。

翌日は早朝の館鼻岸壁朝市を回ろうと思ってましたが、さすがに疲れが溜まっていたようで、起きたら8時・・・・。
朝市は諦めてそのまま帰路に着くことにしました。
帰りは同乗者1人のみで、昼間という事もあり大半のSAに立ち寄りながらのんびり帰りました。
今回は48hの弾丸強行だったため、あまりじっくり見て回ることができず、なんだか物足りない旅になってしまいました。それでも大間のまぐろは最高だったし、また来年に72hでリベンジしたいと思います。



2017-10-17-14.jpg
今回の総走行距離は1971kmとなりました。燃料は179L給油したので、平均燃費は11.0km/Lとなりました。思っていたよりも燃費は良かったです。
今回使用したエルグランドですが、車内もシートも大変広く、高級志向の割りには燃費が意外と良く、さらには燃料タンクが大きいので八戸から藤沢までの約750kmを給油無しで走れました。この距離を給油無しというのは、メルファ7のMT車並みの航続距離ですね。
レンタル料も会員には大幅な割引があったので、結構気に入りました。今後の6人ドライブについても積極的に使用しようと思います。

紅葉シーズンのドライブは、来月にまた香嵐渓に行こうと思います。
ちなみに来月1日は私の誕生日!しかもついに30歳に。うわ・・・

| ツーリング・ドライブ | 12:49 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

富士山ドライブ

トナカイレンタカーの現行(新型)コースターを2日間レンタルして、静岡ドライブに行ってきました。



2017-08-17-1.jpg
まず、東名御殿場ICで下りて富士山を目指します。東富士演習場を横切る形で進むので、何キロにも渡って道路の両側とも立入禁止になっていました。


2017-08-17-2.jpg
富士山スカイラインを登りました。この時期はマイカー規制で一般乗用車は通行できないものの、バスは自家用も含めて通れるのです。
入口ではデカデカと「一般車進入禁止」と赤字で書かれていて、警備員も立っており、「一般車」と書いてあるので追い返されるんじゃないかと不安になりましたが、近づいたら普通に通してくれましたw。
山道は七曲りの連続で大変だけど、進むにつれて外気温度計は下がっていき、外が涼しくなったので窓を開けて走りました。地上では暑すぎて窓なんか開けられませんからね。



2017-08-17-3.jpg
だんだんと雲が近づいてきて、さらには霧なのか雲なのかわかりませんが、視界真っ白で30m先も見えなくなってしまう事がありました。



2017-08-17-6.jpg
2017-08-17-17.jpg
そして五合目、標高2400mまで来ました!地上はあんなに猛暑だったのに、ここは涼しいような寒いくらいでした。
地上では35℃だった外気温度計が24℃に。
自動販売機のペットボトル飲料(150円相当)が300円だと!?



2017-08-17-4.jpg
2017-08-17-5.jpg
2017-08-17-7.jpg
ここまでは車で来られますが、ここから先は徒歩でしか登る手段がありません。五合目2400mから山頂3776mまでは、1400mくらいですが、こう考えると私は自転車乗りだった頃、ロードバイクで鎌倉の自宅から箱根の駒ヶ岳(約1400m)までヒルクライムした事が2度あるので、富士山頂上もなんだか行けそうな気がしてきましたw。
実際には地上スタートで1400m登るのと、2400mスタートで1400m登るのでは環境も全然違うし、天候や気温も急変するので色々備える必要があるとの事です。



2017-08-17-9.jpg
場面は急に変わりますが、三保の松原に行ってきました。曇りで富士山は見えませんでしたが・・・。
この時点で日没になってしまったため、このあと予定していた御前崎と伊良湖岬は中止せざるを得ませんでした。やはり構想だけの無計画ドライブだと、思ってたよりも時間が経過してしまうんですね。


2017-08-17-8.jpg
浜松餃子を食べようと1号線のバイパスを進みました。餃子を食べた時点でもう真っ暗ですが、そこから高速を使わずに国道1号線だけで亀山に行きました。以外とバイパスが多いので、そんなに時間がかかった感じはしなかったです。
名阪国道で奈良まで行き、民宿で一泊しました。今までのメルファ7なら温泉入ったあと車内にフトン敷いて寝てたけど、この車は座席がギュウギュウなので寝るスペースがなく、乗用車ドライブと同様に宿をとる必要があります。



2017-08-17-16.jpg
2日目は大阪からコミケ客をビッグサイトまで輸送したあと、私も一般参加しました。
今回の夏コミは3日間とも曇りだったので猛暑にはならず、参加者としては助かったと思います。しかし、3日目の人の多さ(上記写真)はちょっと異常だったかな・・・。会場内で身動きがとれず、回りきれませんでした。

今回のドライブは、総走行距離1270kmとなりました。燃料は204L入れたので、燃費は約6.2km/Lとなりました。富士山登ったので燃費が落ちたと思われます。
燃料タンクは95Lのようですが、奈良で給油したあと大阪まで行き、そこから東京ビッグサイトを目指したら、途中で燃料が足りなくなって止むを得ず浜松SAで少量だけ給油するという事がありました。仮に大阪で出発直前に満タンにしても、東京まで給油無しは厳しいかもしれません。やはり長距離走るような用途の車ではないんですね。
あと、トナカイレンタカーで留置されたままだった2台のメルファ7ですが、買い手が着いたそうで、8月11日付けで2台とも回送されまました。

| ツーリング・ドライブ | 22:11 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

日邦エアロミディMJのさよなら運転、会津ドライブ10回目

6月19日(月)から23日(金)までの平日を5連休にして、先日予告した日邦エアロミディMJのさよなら運転を実施しました。
この車は2016年に日邦レンタカーシステムのラインアップから消えており、私が予約しようとした際にも終了した旨を言われたので、当ブログでも2016年で日邦エアロミディMJの引退を正式に発表してしまいましたが、後々になってお得意様専用として残っているとの情報を頂きました。
しかし、本年7月2日でついに本当の意味で運用終了するとの事で、最後の機会に当方もレンタルできる事になったのでドライブを決行しました。(しかも常連価格という事でかなりの激安)
正式なラインアップから消えて以降は非公開扱いのようだったので、当ブログではレンタカー会社の名前を伏せてましたが、日邦さんからブログで名前公開しても良いとの事なのでそうします。



2017-06-26-45.jpg
6月19日(月)、新宿発のジャムジャムライナーという昼行高速バスで大阪に向かいました。
安く行きたければ夜行バス、早く行きたければ新幹線ですが、夜行バスは体力的にキツイので、私の場合は昼行バス+格安ホテルの組み合わせで新幹線よりも安く上げるようにしています。時間は大きく食ってしまいますがね。



2017-06-26-44.jpg
新宿~梅田という長距離ですが、昼行のためか運転士一人のワンマン運行だったので、30分という長めの休憩もありました。休憩場所や時間は運行状況によって変わるようです。写真は長篠設楽原PA下りで、「ながしのしたらがはら」と読みますが、中々覚えませんw。
かつて長篠の戦いで信長の本陣があったそうで、その跡地に神社と石碑があり、そこからPA全体が見渡せます。PAからも一般道からも出入りできるようです。
梅田に到着して駅を歩いてるときに思ったのは、大阪はエスカレーターの左側をあけて立ち止まる慣習になってますが、最近の大阪駅は立ち止まるのが右だったり左だったりで、どうやら最初の人がどちらかで止まると、後続の人もみんな合わせるようです。京都や広島は東京と同じく左で止まって右をあけるケースが多いですが、大阪も徐々に染まりつつあるのかな?
しかし染まりつつあるのは大阪駅だけで、それ以外のそんなに乗降数が多くない駅は、左あけが徹底されてますがね。

大阪のオタクの聖地と言われる日本橋に初めて行ってみました。商店街のご当地公式キャラとして「音々(ネオン)ちゃん」というのが設定されてるんですね。全体的には本当に秋葉原そっくりで、流れてくるBGMもアキバでお馴染みのものが多々ありました。



2017-06-26-46.jpg
新今宮で一泊したあと、翌日は大和路線の201系、奈良線の103系を乗り継いで京都へ。
京都駅から清水寺まで徒歩で行ったら1時間近くかかりました。本堂のスケール半端ないし、鎌倉にはこんな大きい神社仏閣はないですからね。
そのあと、高さ100mの京都タワーから景色を眺めました。さきほど1時間も歩いて行った清水寺が見えたので、双眼鏡で覗いたら、境内を行き来する人の様子がよく見えます。
このあと地下のお風呂で汗を流したあと、食事しました。



2017-06-26-1.jpg
さて、時間になったので京都から電車移動。湖西線の国鉄117系乗りたかったけど、目的地が違うのでパスして後続の221系に乗車。19時に日邦レンタカーの大津営業所に到着。
しかし、事務所が無人、予約したMJがいない、日邦レンタカーの看板は出てるけど、やはり無人だし、駐車場には「わ」ナンバーのマイクロと4トン車が止まってるけど、人がいない・・・。たまらず日邦さんへ電話。

そうしたら、湖西線の大津京駅に隣接している「大津京営業所」が正しい配車先なのだと。つまり、さきほどの117系が本来乗るべき電車だったんだと!MJの配置場所を大津としか聞いてなかったので、大津営業所と勝手に決めつけて思い込んでいたのですが、ちゃんと確認しておくべきでした。
ちはやふるのラッピングをした痛タクシーが通りかかったので撮影。



2017-06-26-2.jpg
という事で、4年ぶりに見た日邦MJは、ナンバープレートが大板から中板に変わりましたが、それ以外は前回から変わってませんでした。
19時30分に出庫。30分遅れですが、睡眠時間を確保するため鎌倉の自宅を目指してトンボ帰りです。
クラッチ付きのマニュアル車は2014年に引退したトナカイメルファ1号車以来なので3年ぶりになり、この3年間はメルファ7のAT車しか運転してなかったので、出庫時にちゃんとクラッチ操作できるか緊張してましたが、そこは全く問題なく行けました。しかし、エアブレーキがメルファとは全く違うため、出庫時に低速で急停車を繰り返し、近くにいた人から心配の眼差しが・・・、痛い!
しかし、これもすぐに慣れて、京都東インターまでには克服しました。4年前はちゃんと運転できてたわけですからね。

自宅での睡眠時間を確保するため、名神、新名神、東名阪、伊勢湾岸、新東名、東名と、一度も休憩をとらずに他車をガンガン抜かして爆走。目的地まであと少しの足柄SAに進入したところで「ギャー!」
何が「ギャー!」なのかと言うと、大型車のスペースは満車で、駐車枠ではない場所や通路にまでトラックが溢れかえっており、止める場所が全くない・・・。仕方がないので、普通車のスペースに駐車しました。小型バスだからこそできる芸当だけど、やはりルール違反ですかね。
今まで休日ドライブが多かったので、普通車ばかり満車になって大型車は空いてるというイメージがあったんですが、平日は逆なんですね。これじゃ、長距離ドライバーは大変だ。

時間調整してからまた走り出して、なんとか0時ちょい過ぎに厚木ICを予定通り出られました。これで深夜割引きもバッチリです。節約のため圏央道は使いません。
厚木の国道129号沿いにかなり安いスタンドがあるのでそこで給油。現在の神奈川は軽油107円くらいが相場ですが、ここなら98円で給油できるのです。
ちなみにこのスタンドはトナカイレンタカー本店のすぐ近くなので、トナカイ返却時の給油スポットでもあるのですが、せっかくなのでトナカイ本店前で日邦MJの記念撮影w。
2017-06-26-2.jpg



2017-06-26-3.jpg
2時に寝て6時に起きるはずが寝坊して7時に起床。同乗者1人を乗せて鎌倉を一周。写真は八幡宮前の若宮大路。
残念ながら今回も雨です。前回のトナカイ新型コースタードライブも雨だったし、私がドライブするとよく雨に降られます。



2017-06-26-4.jpg
七里ヶ浜のプリンスホテル前。



2017-06-26-5.jpg
龍口寺交差点の江ノ電路上区間。右側は大型進入禁止(マイクロを除く)ですが、たとえマイクロでもMJやメルファ7クラスになると、車幅的に江ノ電とのすれ違いはたぶん無理です。
以前、4トントラックが誤進入してしまい、前から電車が来て離合できず延々バックしてるのを見たことがあります。



2017-06-26-8.jpg
藤沢から横浜新道、第三京浜、首都高3号、中央環状、川口線のルートで東北道へ突入。佐野SAで食事休憩。バイキングはまた間に合いませんでした。



2017-06-26-6.jpg
日邦MJの場合、ナビとバックモニターが兼用ですが、バックモニターは前進時でも映しておきたいので、ナビについては久しぶりにレイナビを持ち込みました。
24Vシガー電源は本来MJには付いてませんが、日邦さんが独自に取り付けてくれたので使用できます。



2017-06-26-9.jpg
2017-06-26-11.jpg
東北道では雨が強く視界が悪かったですが、磐越道のこの辺りで雨が弱まり、少し明るくなった感じ。


2017-06-26-12.jpg
会津坂下ICでおりて、只見線沿いに進む。



2017-06-26-14.jpg
2017-06-26-13.jpg
道の駅「尾瀬街道みしま宿」で、会津地鶏の唐揚げ定食(1,000円)を頂きました。美味しいかと言われたら賛否両論があると思います。肉はいかにも自家製という感じで硬かったです。自然な味を楽しむにはいいんじゃないかな?
写真は食堂の窓から見える風景。



2017-06-26-15.jpg
そして毎度定番の会津宮下駅。



2017-06-26-16.jpg
同乗者が撮影した只見線キハ40系のいる風景。



メルファ7 ハイデッカー
2017-06-26-17.jpg
2011年9月、私が初めて長距離ドライブに行ったときのトナカイメルファ1号車で、只見線の通過を待った場所です。今回はダイヤの関係上、列車の通過はなかったけど、6年前と同じ場所で記念撮影しました。あの頃は運転慣れてなかったので、この場所にバック駐車するだけでも苦労したけど、今はもう普通に着けられます。あー、懐かしいw。



2017-06-26-18.jpg
2017-06-26-19.jpg
2017-06-26-20.jpg
2017-06-26-21.jpg
2017-06-26-22.jpg
壮大な山脈と、小さな畑や田んぼ、集落がなんともいいですね。
柳津の有人スタンドで満タンにしてもらいました。実はこの車、セルフで満タンにしようとしても、軽油が泡立って満タンにできず、オートストップを無視して継ぎ足し給油で入れないと満タンにできないのです。
上手くやらないとタンクから逆に燃料が噴出してしまうので、店員さんがどうやるかを見ていたのですが、オートストップで止まったあと、今度はレバーを全開にせずに少量ずつ入れ始めて、油面が見えたらさらにレバーを絞って、タンク内の軽油が波打たないように慎重に、油面が給油口ギリギリになるまでたっぷり入れてました。これで満タンバッチリです。



2017-06-26-32.jpg
東山温泉でゆるりとしたあと、前回と同じバイパスを通って喜多方ラーメンへ行きました。まだ21時なのに街は深夜みたいに暗い。これが地方の市街地なんですね。
このあと磐越道のPAで仮眠するも、フトンを持って来なかったので後部の5人掛けシートで横になるしか方法がなく、あまりよく眠れなかったので、予定よりも早く新潟へ向かいました。


2017-06-26-33.jpg
北陸道で深夜割引きを適用させるため、新潟観光は断念し、高速上から風景を眺めたりPAで品物を物色するだけに。
北陸新幹線と並行しており、いくつかの駅が見えました。


2017-06-26-37.jpg
計画では北陸道全線を走破する予定でしたが、変更して東海北陸道へ入りました。
五箇山を回ったことがなく、白川郷と違って範囲が広いので観光は車のほうがいいらしく、この機会に回ろうと思って行ってみました。



2017-06-26-38.jpg
2017-06-26-39.jpg
2017-06-26-40.jpg
2017-06-26-41.jpg
五箇山観光は車が便利とは言っても、実際に行ってみたら主要な集落は一般車進入禁止になっており、有料の駐車場が整備されていました。今回は五箇山自体思いつきで立ち寄った事もあって、あまり時間がないので散策は諦めて素通りになってしまいましたが、今度また来たときにじっくり回りたいですね。



2017-06-26-42.jpg
2017-06-26-43.jpg
関SAにあった刃物コーナー。コラボじゃないけど、明らかに刀剣乱舞を意識してるような品揃え。
このあとは、名神高速で京都まで行き同乗者を降ろしたあと、セルフで給油です。
会津の有人スタンドで学んだように、オートストップで止まったあと、泡が引くのを待ってから少量ずつ慎重に入れていき、油面が見えたところでストップしました。あまりギリギリまで入れると吹き返す恐れがあるのでね。しかし、燃料計がなんだか微妙に振り切ってないような気がする・・・。
ともあれ、大津京駅にある日邦営業所へ無事帰庫しました。燃料についてはスタッフの方に了承頂きました。

総走行距離は1,787kmです。燃料は329L給油したので、燃費は5.4km/Lとなりました。やはり低排気量ターボ付エンジンのためか、燃費はメルファ7のMT車よりも優れてますね。

以上、日邦エアロミディ会津ドライブのレポートでした。
次回は8月にトナカイリエッセ6号車のドライブを計画しています。

| ツーリング・ドライブ | 23:50 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

秋田ドライブ

2017-05-21-1.jpg



5月20(土)~22日(日)にかけて行った秋田ドライブのレポートです。
朝6時半に藤沢の日産レンタカー店舗を出発。今回の車は日産キューブで、トランクは狭いけど後部座席がやや広いので、4人で長距離ドライブには適した車種です。

秋葉原AM8時の待ち合わせに間に合わせるべく、高い料金で首都高を使ったものの、不運にも横羽線で渋滞に遭遇。
国道15号に下りるべきか、そのまま高速で行くべきか、どう判断すれば良いのかわからず焦りながらも渋滞を進んでいくと、原因は乗用車の単独事故でした。この渋滞のせいで、待ち合わせに45分も遅れてしまう・・・。

秋葉原で相乗りの3人を乗せたあと、東北道を北上し、佐野SAで朝食休憩にしました。
仙台で1人降ろしたあと、また東北道を北上してそのまま秋田道へ。片側一車線が続くので追い越しはできませんが、道幅は広いので走りやすかったと思います。山の間の深い森に建設された道路でした。
秋田駅に到着した時には日が沈み始めており、ここで相乗りの2人を降ろしたあと給油。あとこの季節、高速を長時間走るとフロントガラスが虫の死骸だらけになるので、洗車機で洗いました。
そのあと、本場のきりたんぽ鍋を味わおうと、駅前の「秋田きりたんぽ屋」に入ろうとしたら、なんと予約で一杯だと・・・、さすが繁盛店ですね。

仕方ないので、そのままユーランドホテル八橋にチェックインし、ホテルの食堂でハンバーグ定食を食べることに。そのあと大浴場でゆるりとしてから、カプセルホテルで7時間爆睡。出発前は4時間しか寝てなかったので、さすがに疲れがたまって旅先で爆睡する事になりました。
翌朝6時に起きてから15分で出発。昨日降ろした1人の同乗者と再合流し、男鹿半島へ向かいました。


2017-05-21-2.jpg
2017-05-21-3.jpg
2017-05-21-4.jpg
最初に寒風山へ。広大な草原が広がる素晴らしい景色でした。風が強い。



2017-05-21-5.jpg
男鹿駅へ。現在は終点ですが、2002年までは貨物線が港まで伸びていました。写真はその廃線跡を踏切から撮ったものですが、廃線なのになぜ踏切りが整備されてるのかと思って調べてみたら、この部分は廃止後も男鹿駅構内の車両入れ替え用に使ってたみたいです。しかし写真を見てもわかる通り、現在は車両が走れるような状態ではありません。



2017-05-21-6.jpg
潮瀬崎にあるゴジラ岩。夕暮れ時に口元と夕日を重ねて撮影することで、火を噴くゴジラが再現できるそうです。



2017-05-21-7.jpg
2017-05-21-8.jpg
2017-05-21-9.jpg
潮瀬崎は火山活動によって長い年月をかけて出来た岩石だそうですが、スケールも大きいです。歩くのは大変だけど、火山岩石の壮大さを感じられました。



2017-05-21-10.jpg
青い海と緑の山を眺めながらのドライブは最高ですね。



2017-05-21-11.jpg
八望台から湖と海を眺めました。展望台は老朽化と腐食で床が所々抜けており、安全上の理由から立入り禁止になっていました。



2017-05-21-13.jpg
2017-05-21-14.jpg
2017-05-21-12.jpg
そして男鹿半島では一番のメイン、入道埼に来ました。灯台から眺める景色は素晴らしかったです。ここには特産品が沢山あるので、お土産を買い込んだあと食事。きりたんぽ鍋を食べました。



2017-05-21-18.jpg
男鹿と言えばなまはげなので、なまはげ館も観てきました。映画の上映があるほか、体験もできます。



2017-05-21-19.jpg
道の駅、秋田港へ。ここには高さ100mの展望タワーがあり、無料で入れます。すぐ下の港から、秋田の市街地、街の先の山々、男鹿半島まで見渡せます。


2017-05-21-20.png
道の駅「岩城」で遅めの昼食休憩。ここには人工の小さい島がありました。



2017-05-21-16.jpg
海沿いに新潟方面へ進みます。酒田から日本海東北道を使いました。現時点ではあつみ温泉で終点なので、そこで出てトンネルの上り坂を行きますが、前を走るエアロミディMJのハイデッカーがやたら失速してました。帰ってから調べてみると、この年式のMJはエンジンが185馬力しかないんですね。



2017-05-21-15.jpg
道の駅「あつみ」で休憩。日没を眺めました。



2017-05-21-17.jpg
ようやく新潟に入り、村上市の道の駅「神林」で休憩。
この先は国道7号線、新新バイパスを通り、新潟市を目指します。7号線沿いにあったうどん屋さんで食事。去年の8月にメルファで行った四国ドライブで讃岐うどんを食べ損ねたのですが、ここ新潟でかなり本格的な讃岐うどんが食べられました。美味しかったです。で、スマホで調べてみたら、神奈川にも36店舗あるチェーン店だったんですね。丸亀製麺という・・・。

高速代をケチるため長岡まで一般道で行きましたが、ここから関越道に突入。
さ、帰る時間も押してるので、ここから集中して高速運転。関越道を走ったのは、2012年にメルファ7のトナカイ1号車で行った金沢、白川郷ドライブ以来でした。
練馬ICで下りて環八を通り、第三京浜へ。途中で同乗者を降ろしたあと、藤沢のレンタカー店舗へ無事、帰庫しました。
総走行距離は1,536kmとなりました。燃料は91.53L給油したので、燃費は16.7km/Lです。
日産キューブはコンパクトカーの部類になりますが、ノートやヴィッツ等と比べると、やはり天井が高くて車体が重いせいか、燃費は若干落ちるようです。それでも窮屈なノートやヴィッツよりは、4人乗ってもゆったりできるキューブのほうがいいですね。


| ツーリング・ドライブ | 01:34 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

会津ドライブ9回目、三春滝桜

4月7日からの金土日が休みになったので、お花見ということで奈良吉野に見頃より少し早いながらも行ったんですが、残念ながら桜は殆ど開花しておらず、挙句に雨にも降られて失敗してしまいました。
仕方ないので、ここは来年必ずリベンジする事にして、お花見は改めて会津方面へ、日本三大桜の一つである三春滝桜を見に行く事にしました。
朝4時に藤沢の日産レンタカー店舗を出発し、9時半くらいに喜多方へ到着。


2017-04-18-9.jpg
喜多方は去年も行ってラーメン食べてきたけど、今回は喜多方ラーメンの中でも上位にランクインするお店に入りました。駐車場も店内も混雑するので、入るのに時間がかかったけど、さっぱり味の中華そばを味わいました。去年入ったお店と比べると、塩ラーメンに近かった感じ。料理の撮影は賛否両論あるので、私は今のところやらない方針です。
このあと、若松城に行くと桜が満開でした。写真撮り忘れた。




2017-04-18-12.jpg
2017-04-18-13.jpg
2017-04-18-17.jpg
そして今回のメイン、三春滝桜です。樹齢は1000年以上で、ファンタジー世界に登場しそうな巨木に圧倒されました。
観光客は家族とカップルが殆どで、周囲の芝生に座って鑑賞してました。周辺には屋台があり、駐車場も整備されているので行きやすいと思います。
今回は平日なので大丈夫でしたが、休日は渋滞で3時間以上かかる事もあるそうなので、ご注意を。

| ツーリング・ドライブ | 15:13 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

横須賀カレー

本場の横須賀カレーを食べようと友人と計画し、行ってきました。



2017-04-18-6.jpg
2017-04-18-5.jpg
まず三笠公園に行きました。その名の通り、公園内には旧帝国海軍の戦艦「三笠」が丸ごと保存されており、甲板上も見学できるようですが、私が行ったときは17時を過ぎてしまったため閉館でした。
船体がツルツルな現在の艦艇とは異なり、リベットの接合部だらけな船体がいかにも昔の船ですね。
元々はこの場所に浮いていたそうですが、保存時に船底とその周囲にコンクリートと土砂が敷き詰められ、艦内にも土砂が注入されて、現在は船舶としての機能は失われ、写真を見てもわかる通り陸地と一体化されています。

余談ですが、同僚の話しで、鎌倉駅乗り場から「三笠までお願いします」と言われて、「はいっ、三笠ですね!承知しました!」と大喜びで横須賀に向かおうとしたら、「あれ?どこ行くんですか?三笠ですよ、江ノ島方面ですよ。」と言われ、同僚は横須賀の三笠公園だと思っていたばかりに「???」状態。
よーく話しを聞いたら、江ノ島の先の片瀬海岸にある「三笠」というレストランだったオチです。同僚「ショボーン(´・ω・`)」



2017-04-18-7.jpg
横須賀市は「カレーの街よこすか」というキャッチコピーで街おこしに取り組んでますが、その一環で「よこすか海軍カレー」の名称を登録商標とし、認定を受けた店舗だけが、この名称を使用できるのだそうです。
認定されるには、帝国海軍のレシピであること、横須賀市内でしか提供できないこと、サラダと牛乳をセットで出すことなど、いくつか条件があり、さらには月に1回の監査もおこなう徹底ぶりなので、この名称を掲げた店舗は、本場の海軍カレーを食べれるお店と思って間違いないと思います。
という事で、「よこすか海軍カレー館」という、登録商標そのままのお店で食事しました。小麦粉がよくきいてるのか、黄色っぽい色でトロトロ感がよく出ていました。コク旨です。



2017-04-18-8.jpg
観艦式で乗って以来だけど、そのうちまた乗りたいですね。


| ツーリング・ドライブ | 22:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

広島ドライブ、トナカイメルファ3号車のさよなら運転

トナカイレンタカーのメルファ7が2016年11月30日付けをもって、一般への貸し出しを終了することになりました。
2014年3月31日にトナカイレンタカーで唯一のマニュアル車だった1号車が引退して以来、ATの2号車3号車の2台が稼働していましたが、ついにこの2台も終了することになり、、経年12年という大手バス会社並みのサイクルで引退する事になりました。これをもって首都圏からは、小型観光ハイデッカー車のレンタカーは消滅と思われます。
そこで今回、3号車のさよなら運転という事で、元々は1月に計画していた広島旅行を急遽決行する事にしました。偶然にも1号車のさよなら運転と同じく広島となりましたが、前回は三次と庄原を中心にまわったのに対し、今回は瀬戸内の海を眺めながら進むドライブとなりました。

11月23日の正午12時にトナカイ本店を出庫。
まず自宅まで回送してフトンを積み込むのですが、自宅に入る裏道の路上駐車のせいで立ち往生しました。他に道はないので、仕方なく県道まで後退したあと、自宅まで徒歩で行くハメに・・・、これで20分ロス。
「マジふざけんじゃねー!」と愚痴りながらフトンを抱えて住宅地を歩き、さっき後退で去っていくバスを見つめていた近所の男性の前を、今度はフトンを抱えながら徒歩で通過。どう思われたんだろう・・・。



2016-11-24-15.jpg
北鎌倉駅を30分遅れて出発。円覚寺と周辺の紅葉を横目に通過。建長寺あたりは人が多く、車道までハミ出してました。


2016-11-24-16.jpg
このトンネルを抜ければ八幡宮です。



2016-11-24-17.jpg
八幡宮前の交差点。人は少ないほうで、日曜日になるとこのへんも人が車道にハミ出します。このあと若宮大路を通り、鎌倉駅前を通過して滑川交差点を右折し、国道134号線に入りました。



2016-11-24-18.jpg
国道134号線



2016-11-24-19.jpg
稲村ケ崎公園。ハナヤマタの最終話で聖地になりましたね。


2016-11-24-20.jpg
江ノ島が見えますが、天候に恵まれたので富士山も見えます。



2016-11-24-22.jpg
江ノ電の駅の中でも、特に有名なのがこの鎌倉高校前駅。ちょうど電車が入ってきました。


2016-11-24-21.jpg
鎌倉高校前駅となりの踏切で、よくドラマやアニメのロケ地になる所です。この記事でも紹介しましたが、日曜日になると沢山の観光客であふれます。



2016-11-24-23.jpg
小動岬と江ノ島。実は小動岬というのを今まで知らず、タクシーの仕事を始めてお客様から教わって初めて知りました。

このあと134号線を大磯まで進み、1号線に合流。二宮駅交差点を右折して、秦野中井インターから東名に進入。今回は全区間で深夜割引を適用させるため、0時に広島に着くまで高速は降りないで行きました。
愛知県の刈谷PAで温泉に入り、鍋料理を食す。このタイミングで日没になりましたが、さらに集中して高速を爆走。
伊勢湾岸の海の上で窓を開けたところ、運行指示書が車外に飛ばされました。w これで今後の旅程は不明です。w 遊びだから別に問題ないけど、仕事で指示書を紛失したらどうなるんだろう。



2016-12-27.jpg
深夜1時くらいに、山陽道の小谷SAに到着。ここでサロンにフトンを敷いて爆睡します。
夜明けとともに高速を出て、まず広島駅へ。駅周辺は開発の真っ只中のようで、片側3~4車線の広い県道と、あちこちで工事をやってました。これから地方都市として栄えていくのでしょうか。



2016-11-24-1.jpg
次に呉市へ。右側に大和ミュージアムがあります。このへんも市街地として栄えてますが、山が多いので田舎の風景も見れます。坂が多いのでママチャリにはキツそうですね。電動自転車かロードバイクが必須でしょうか。



2016-11-24-2.jpg
大和ミュージアムの近くには、海上自衛隊の基地がありました。船と潜水艦が見えます。



2016-11-24-7.jpg
JR呉線沿いを、海に沿ってドライブ。



2016-11-24-8.jpg
大芝大橋を渡ってます。


2016-11-24-5.jpg
大芝島に上陸。道が狭いけど、島内を探検。


2016-11-24-6.jpg
2016-11-24-9.jpg
2016-11-24-10.jpg
2016-11-24-11.jpg
瀬戸内の海を眺めながら、竹原のお好み焼き屋を目指しますが、途中の国道沿いにお好み焼き屋を発見したので、計画とは異なりますがそこで食事にしました。この旅行の計画をたててる時に知ったんだけど、地元では「広島焼き」なんて言わないらしく、言ったら怒られるそうです。広島民としては専ら「お好み焼き」だそうで、大阪のと区別する必要がある場合は、「広島風お好み焼き」と言うのが適切のようです。


2016-11-24-12.jpg
道の駅みはら神明の里の屋上から見た景色。2014年3月に1号車で来たときも立ち寄った場所で、今回も食堂で地産料理を食べました。
このあと尾道にも行き、かみちゅの聖地を素通りしました。



2016-11-24-13.jpg
尾道からかなり遠いけど、せっかくなので2014年に訪れた庄原市の高野町に再び行きました。アニメ放送からだいぶ経過してるけど、君町の等身大パネルはまだ健在でした。たかの温泉 神之瀬の湯で入浴して、道の駅で睡眠。
光害マップはブルーゾーンなので天体観望には最適な場所ですが、残念ながら今回もこのタイミングで雨に降られ、叶わず。
レンタカーの返却時間の都合上、日付が変わる頃には起きて、帰路につきました。行きとは違い中国道経由で、復路はさすがに疲労があるので、サロンに敷いたフトンで仮眠休憩を挟みながら安全運行に努めました。



2016-11-24-14.jpg
新東名では晴天に恵まれ、富士山が綺麗に見えました。

| ツーリング・ドライブ | 23:24 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

六義園の紅葉ライトアップ

11月下旬から、秋葉原巡りと紅葉観光と、2泊の広島ドライブ(メルファさよなら運転)に行ったため、ブログに書くことが溜まってますが、まずは紅葉観光について書きます。ドライブのレポートは今しばらくお待ちください。

昨年の紅葉観光は昼間の香嵐渓だったので、今回は夜のライトアップされた香嵐渓を見に行くドライブを計画していたところ、メルファ7のトナカイ車が引退するという事で急遽さよなら運転をおこなう事になったため、香嵐渓ドライブはできなくなってしまいました。
仕方がないので、今年は東京の都立公園である六義園へ、紅葉ライトアップを見に行くことにしました。
東京では見頃が11月下旬ですが、去年の香嵐渓の反省と、カラフルなのが見たいというのがあり、見頃より少し早めの20日に行きました。


2016-11-20-1.jpg
2016-11-20-2.jpg
2016-11-20-3.jpg
2016-11-20-4.jpg
この樹木が、最も鮮やかな赤に染まっていました。



2016-11-20-5.jpg
2016-11-20-6.jpg
紅葉だけなら鎌倉にもスポットはあるけど、ここまでカラフルなのは中々ないですね。



2016-11-20-10.jpg
日没後、さっそくライトアップを見に行こうとしたら、神秘的な、そして人工的な青々としたライトアップを発見。地面から2メートルくらいの高さまで青く輝いてる・・・。


2016-11-20-7.jpg
近づいて見たら、地面から霧を噴射して青い光を当てる仕掛けになっていました。



2016-11-20-8.jpg
2016-11-20-9.jpg
ライトアップは、写真では黄色く見えますが、実際はもっと赤くてカラフルでした。この幻想的な風景に癒されながら歩き回りました。写真はすべて黄色く写ってしまったので、見たものが記録に残せなかったのが残念です。やっぱり安いデジカメはダメか・・・。

| ツーリング・ドライブ | 19:04 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

能登半島ドライブ

9月24日から2日間、行ってきた能登半島ドライブのレポートです。
日産レンタカーでキューブを予約していたのですが、業者側の都合によりウイングロードに変更となりました。
総走行距離は1,334km、給油量は83Lでしたので、平均燃費は16km/Lとなりました。

AM10時45分に渋谷をスタートし、まず中央道へ。
松本ICで高速を出て、国道158号線で上高地や乗鞍の山々を超えていきます。
温泉の湯気が道路脇から上がっていたり、山には霧がかかるなど、大自然の景色を堪能できました。
上高地近くのトンネルは幅が狭いですが、観光バスが沢山入ってくるので、すれ違いの度に神経を使いました。もちろん大型車同士のすれ違いは不可なので、もしメルファで行く機会があったら、相当に注意を払わないと、トンネル内でバス同士が立ち往生、そして運転士さんに怒られるかもと、想像しました。w

中ノ湯、平湯のあたりは、今でこそ有料道路があるので簡単に通れますが、昔はヘアピンカーブや急坂が連続する難所で、事故が起きやすい区間だったそうです。
高山からバイパスに入り、そのまま東海北陸道、そして北陸道へ入り、金沢東ICで高速を出ます。

18時30分ごろ、金沢駅で相乗りの人を降ろしたあと、まず近江町市場へ。
能登産の地魚で賑わう市場ですが、もう夜なので殆ど閉店。一部の海鮮料理屋さんのみ21時頃までやってるので、そこで食事をするために来ました。ウニいくら丼を注文。ウマ―でした。

次に東山ひがし茶屋街へ。
京都の街並みにも似た、木造建造物が沢山並び、茶菓子屋さんも多いですが、もう夜なのでお店全部閉まってるし人も少ない。ライトアップされた木造の橋が綺麗でした。
このあと、‘金沢ゆめのゆ‘という健康ランドで一泊。
前回の四国ドライブで過労運転になってしまった反省から、今回は健康ランド内の簡易宿泊施設を予約し、ベッドで寝ました。簡易宿泊施設につき、構造はネットカフェと似ていて、簡易仕切りで引戸の施錠はできず、天井が筒抜けなので隣りのイビキがそのまま聞こえてきます。w

朝チェックアウトしたら、まず兼六園に入場。和を極めた日本庭園に癒されました。
ここから写真を入れますが、今まではサーバー容量をケチってたので拡大写真はありませんでしたが、今回の記事からクリックすると拡大できます。

2016-09-25-1.jpg

2016-09-25-2.jpg

2016-09-25-3.jpg

2016-09-25-7.jpg
庭内、いくつかの危険ば場所は立ち入り禁止でしたが、こちらは通れます。落ちたら水にバシャーン! ゚д ゚;)ですが、橋の上で立ち止まって眺めるのも風流です。


2016-09-25-4.jpg

2016-09-25-5.jpg
屋根に鳥。



2016-09-25-8.jpg

2016-09-25-9.jpg
兼六園の近くには、レンガ倉庫がありました。



2016-09-25-11.jpg
次に千里浜なぎさドライブウェイ。なんと、砂浜の上を車やバイク、自転車で走れます。
普通の砂浜と違って硬いので、タイヤでも走れるのですが、さすがにバイクのスタンドは沈んでしまうらしいです。



2016-09-25-12.jpg
次は巌門です。真ん中に穴があいた巨大な岩が海辺にたっていて、その穴を船で行き来することもできます。



2016-09-25-13.jpg
こちらが穴。



2016-09-25-14.jpg
巨大な岩も絶景ですが、海水も澄んでいて綺麗でした。魚が泳いでます。



2016-09-25-16.jpg
白米千枚板。
輪島の市街地を抜けて海沿いに来たのですが、途中で塩づくりの体験をやってる場所がありました。時間がないので通過しましたが、代わりに地産の塩をふんだんに使用したお菓子を購入。



2016-09-25-15.jpg
国道沿いのトンネルですが、なぜか岩が赤く染まってます。



2016-09-25-17.jpg
能登半島最先端の禄剛崎に到着。



2016-09-25-18.jpg

2016-09-25-20.jpg

2016-09-25-19.jpg
説明にもある通り、明治時代に建てられた灯台だそうで、歴史を感じます。外観は当時の文明開化を取り入れた洋風建築物という感じですね。



2016-09-25-21.jpg
次は見附島へ。このような外観から別名、軍艦島とも呼ばれていて、本当に軍艦と同じ形をしています。島まで歩いて行けそうなので、行ってみたら・・・、



2016-09-25-23.jpg
なぜか中途半端な所で途切れていました。また、近づいてわかったのですが、仮に島までたどり着いたとしても、垂直な崖を登らなきゃいけないので、シロウトには無理です。
石の隙間や海底には、沢山のあおさやワカメが生えていて、小さいカニが大量に歩き回っていました。近くの茶菓子屋で大量に土産物を購入。



次は七尾フィッシャーマンズの道の駅へ、海鮮料理を食べる目的で行きました。やはり地産のお魚はウマ―ですね。
ここで夕方になったので、帰路へ着きました。
高岡ICから高速使って東海北陸道へ直通。岐阜県の道の駅、さくらの郷荘川で温泉に入り、そのあと夜の白川郷を見に行きました。
思えば4年前に初めてnottecoに参加したとき、メルファ7の旧1号車で金沢まで同乗者を送ったあと、白川郷を7時間も歩き回って、そのままバスで車中泊したのですが、村の大まかな地理はちゃんと覚えてました。今度来たときは、合掌造りの宿で泊まってみたいですね。

このあと、深夜の高山と、乗鞍、上高地の山々を越えて帰りました。中央道の高い所から見える街明かりが綺麗でした。

| ツーリング・ドライブ | 19:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>