湘南ロードライン

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

2016年8月のバス車体破損について

nottecoユーザーの中で、私がバスをぶつけた等という噂話しが出回っているそうですが、誤解なのでここで説明しておきます。
2016年8月10日、日野メルファ7(トナカイ3号車)で神奈川から四国に行くドライブを決行し、nottecoでは「本厚木→京都」という形でライドシェア募集をしました。

10人を乗せて東名高速を走行中、床下から「ゴン」という異音が聞こえたので、次の休憩で点検したところ、運転席側の外板が外れているのを発見しました。
一瞬、知らないうちにぶつけたのかと思いましたが、、全く心当たりがなく、破損個所をよく調べたところ、外板を固定する部分が錆びて強度を失い、外れたものと思われました。
完全に外れているわけではなく、上部は固定されたまま下半分が外側に飛び出す格好になっていたので、最初の目的地である京都で7名を降ろした後、残った3名で下記のような応急処置をしました。




2017-05-05-1.jpg
応急処置後の写真です。手をつける前は外板がサイドミラー以上に飛び出していて、派手にぶつけたかのような姿になっていました。下部にウインドウォッシャーの補給口があった事が幸いし、補給口のフタとバンパーにヒモを通して縛る形で、何とか外板を押さえ付ける事ができました。48時間後の返却まで何とか持ちこたえました。



2017-05-07-1.jpg
外板は運転席の窓下から車体の下端まで1板でした。大半のバスは上下に分割されていますが、メルファは分割されていないため、赤で囲った外板全体が飛び出す格好になりましました。
スタッフの方に見てもらったところ、やはり老朽化によるものらしく、ここ以外にも車体全体が腐食しており、最近はレンタル中の故障も度々発生していた事から、継続して運用するには大掛かりな車体再生と老朽機器の更新が必要との事でした。
結果的には多額の費用をかけての更新工事は断念し、この車は同年11月30日付けでレンタル終了になりました。
スポンサーサイト

| のってこ! | 21:15 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ライドシェアで同乗者を置いていった事件

昨年2月にライドシェアでSAに置いて行かれる事件という出来事を経験しましたが、今度は逆に同乗者を置いて行ってしまう事案が発生しました。


■発生日時と場所
2017年4月7日(金)21時30分頃 秋葉原UDX周辺


■概要
21時00分頃
nottecoライドシェアで10人と待ち合わせのため、集合場所である秋葉原UDXとマクドナルドの間にある路地に右折で入ろうとしたところ、当該道路が工事による通行止めのため、待ち合わせ場所に配車できない事になった。
周辺は転回禁止や一方通行の規制が多く、ルート復帰に難航してるうちに待ち合わせ時間である21時を過ぎてしまったため、大勢から一斉に問い合わせが入る事態となった。

21時05分頃
中央通りのアニメイト、とらのあな付近で停車して呼びかけを図ったものの、場所がわからないという問い合わせが寄せられ、車から降りてUDXに走ることを考えるも警察官の巡回が多く、駐車禁止違反切符を交付される恐れがあるため断念。

21時10分頃
本来予定していたUDXのマクドナルド側とは反対側、UDXの山手線側で停車する事にし、その旨を10人に連絡しようとしたものの、サイトの仕組み上、一人ひとりにメッセージを送信する作業は極めて複雑で、次々に来るメッセージに返信が追い付かない状態となった。
車から降りて集合場所まで行き、何人かのライドシェア参加者と思われる方にお声がけをしたあと、サイト上のメッセージ送信作業も引き続き行った。

21時20分頃
ある一人の同乗予定者から、「トラックの前に止まっているコースター(マイクロバス)であってます?」というメッセージが来たので、私が「あってます」と返信すると、さらに相手から「ナンバープレート〇〇〇のコースターですか?」という返信が来たので、この時点でこの人は車を発見できたから大丈夫と判断し、まだ連絡がとれてない他の人の対応を急ぐため、返信をしなかった。

21時25分頃
最終的に9人の方が車の前に集まっていたので、ドアを開けて乗車後、一人ずつ名前(ハンドルネーム)を確認する形の点呼を行った。この際、先ほど車を特定できた人は当然いる筈と決めつけてしまい、実際にいる人数に違和感を覚えながらも、当日キャンセルの人もいたので、それによるものだろうと思って処理。

21時30分頃
出発

翌2時50分頃
刈谷パーキングエリア出発時の点呼で、人数が合わないので、近くの席の同乗者に尋ねたところ、出発時から居なかったと言われ、乗り遅れが判明。

4月9日
サイト上のレビューで、相手は私を最低評価で記入。


■原因
・サイトの仕様上、メッセージ送信相手の選択画面では、本ドライブの同乗予定者だけでなく、後日出発のドライブ同乗予定者や、問い合わせがあっただけの人も含めて表示されるため、大勢の中から送信したい人を一覧から探す必要があり、また送信や受信をするたびに並び順が変わるので、誰に送って誰にまだ送ってないのか、わからなくなったこと。
・21時30分に出発したあとは新着メッセージがなく、次のサービスエリアまで気付かなかったこと。
・相手は車を特定するところまではできたのに、なぜかその場を立ち去ったこと。
・数日前から同乗予定者のキャンセルが発生する度に、追加で募集して別途同乗者を確保する事を繰り返し、当日もキャンセルが発生したため、2日前に作成した同乗者のチェックリストが役に立たず、出発時の点呼でミスが発生したこと。


■再発防止策
・同乗予定者が5名を超える場合は、連絡手段としてサイト上のメッセージだけでなく、全員で共有可能な掲示板やチャット等を用意する。
・同乗者のチェックリストはこまめに修正する。
・狭い道は工事で閉鎖されやすいので、なるべく大通りを集合場所にする。


以下、当方コメント
この度は不手際から大勢の方にご迷惑をおかけし、申し訳ございませんでした。また、同乗者同士で声をかけ合って情報を共有するなど、各自の自発的な行動により、混乱を抑えられましたこと、感謝します。
これにより、本来乗車する10人のうち、9人の方は自発的に車の前までおいでになりましたが、1人はどこかへ行かれてしまい、それに気付くことができず残念な結果となりました。

私としては、工事による通行止めで予定していた集合場所に配車できず、別の場所に変更せざるを得なかったのですが、同じUDX沿いで、そんな遠い場所に止めたわけではないし、21時10分から21時30分までの約20分間、その場所に駐車しており、他の同乗者も次々と集まってきた状況で、上記のように車を特定できたにも関わらず、なぜ立ち去ってしまったのか疑問です。

集合場所変更の話しはしたし、そのあと車を特定できたようなので大丈夫と思ってましたが、そのあともメッセージが次々にきて返信を求められました。しかし、これだけの人数がいる状況で、特定の一人に対して手取り足取り教えて面倒を見るなど不可能です。
交渉の段階から当方プロフィールを読んでいない、承認後も当方で定めるローカルルールを把握していないなど、なんというか「お客さん感覚」みたいな感じでした。
点呼ミスした私にも非はあるので、お互いに謝罪して終わりかと思ってましたが、あたかも自分が100%被害者という態度で、サイト上に最低評価で記入したことは誠に遺憾です。
今後は、同乗を承認するに当たっては、基準をさらに厳格化する事を検討します。

| のってこ! | 23:34 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ライドシェアでSA置いてけぼり事件

2016/04/21追記:改変していた内容を実際の通りに修正します。
nottecoで梅田から渋谷に向かうドライブに同乗者として乗せて頂いたのですが、途中の駿河湾沼津SAで休憩した際、ドライバーさんが私を待たずに出発してしまう事案が発生しました。

AM4時55分頃、SAに到着して、「休憩します、えーと20分です。」とドライバー氏に言われ、5時20分発という認識で車を降りました。
食事を済ませて車に戻ろうとしたら、駐車場に居ない・・・、時計はまだ5時19分20秒。
駐車場所を失念したかと思って慌てて周辺を探しましたが、まったく見当たらず。

おかしいと思ってメールをしても返信はなく、1時間経っても連絡が着きません。カバンは車に置いてきてしまいましたが、スマホと財布だけは持っていたのが不幸中の幸いでした。
仕方ないので、最寄りの東海道線、原駅まで1時間歩くことになりました。その間に返信が来て、要は私が無断で集合時間を守らないから出発したとのことでした。

相手方の認識では、「4時55分にSA入って20分休憩と言ったのだから、出発は5時15分でしょう。」 「出発時間を過ぎて5分待ったがお見えにならず、連絡もないので出発した。」だそうです。
そして、私は313系電車の中で相手方とメールで口論しました。
特にドライバーさんの「5分待った」という主張に納得できず、「20分休憩(5時15分発)と5時20分発を勘違いしたとしても、5分しか遅れてないじゃないですかー!でももう居なかったじゃないですかー!」とか、そんな水掛け論みたいなメールをやりとりした末、「そもそも時間ギリギリまで帰ってこないのが悪い、5分前行動がマナーでしょう。」と相手に言われてしまい、反論できず、最終的に私が折れる形で一応和解することになりました。

という事で、どちらが悪いとかいう事はもう議論しませんが、結論としては「20分です」というアバウトな表現で納得してしまい、具体的な出発時刻をお互い確認し合わなかったのが悪いんだと思います。
最終的には、相手方も一応は謝罪してくれたのと、荷物も相手方の送料負担で送って頂きました。

しかしまぁ、同乗者をSAに置いて行くとは・・・。
ここ数カ月、同乗者としてnottecoに参加することが多いのですが、今まで会ってきたドライバーさんは親切な方ばかりだったので、なんというか油断していたのかもしれません。
私自身もドライバーとしてnottecoで運行中、同乗者が無断で数分遅れてくるというケースは何度か経験しました。確かにルールやマナーを守らない行為は迷惑ですが、それでも私は待ったし、今のところ同乗者を置いて行ったことは一度もありません。出発前には人数確認をするし、小型観光バスのときはシートで死角になるので、車内巡回してまで人数確認してます。まぁ、どうしても連絡がつかなくて行方不明になってしまった場合は、出発することもあるかもしれませんが・・・。

相手方はnotteco初利用のようでしたが、ルールやマナー、注意事項に関しては募集欄にきめ細かく記入されていたので、結構真面目な方なんだなぁというのが第一印象でした。しかし裏を返せば、マナーに関しては厳しいという事なんですね。
という事で、ライドシェアの教訓がまた一つ増えました。

| のってこ! | 00:40 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

「のってこ!」ライドシェア初体験

DSCN0043 (2)

ライドシェア専門サイト「のってこ!」、初めて体験してきました。

今回のドライブは、トナカイレンタカーの日野メルファ7、1号車を48時間レンタルし、白川郷の観光が主な目的ですが、長距離ドライブをする機会にどうしてもライドシェアを経験してみたかったので、横浜発→金沢行きの相乗り募集をしました。

募集人数は8人、料金は一人1500円に設定しましたが、実際に応募があったのは4人でした。現況はサイトの会員数が少ないため、4人も来ればかなり上出来で、募集によっては1人も来ないことも多々あるようです。
当日のスケジュール予定

2012年11月22日
20時、トナカイレンタカー本店(厚木市)出発
21時、横浜駅東口集合(2人)
22時、鷺ノ宮駅集合(2人)
24時、SA休憩
翌AM3時、SA休憩
AM5時、金沢駅到着(解散)
~仮眠~
AM8時30分 白川郷駐車場

しかし、実際には三連休の前夜ということもあってスムーズに行きません。
まず、私はトナカイレンタカー本店(厚木市)で予定通り20時に出発。
21時に横浜駅で二人と合流する予定が、246号線の渋滞により15分遅刻。

21時15分に横浜駅へ駆けつけると、すでにお二人が待っていました。
停車してドアを開けると、相手の方から寄ってきて、ご挨拶。
「のってこ!の方ですか?」
「はい、そうです。○○さんですか?よろしくお願いします。」
「はい、よろしくお願いします。」

DSCN1247.jpg

のってこ!サイトで小型観光バスの相乗りは前代未聞で、トナカイメルファ1号車の豪華仕様に、「スゲー」とか「こんなレンタカーあるんですか?」とか色々きかれました。w そして談笑しながら第三京浜にのり、遅れたぶんと取り戻そうと、急いで鷺ノ宮駅を目指しますが、環八に入ったところでまた大渋滞。ギア2速で進んだり止まったりする状態がいつまでも続き、「いやー、これ鷺ノ宮につくのが明日の朝になっちゃうかもしれませんねー」という発言が飛び交いました。ナビで裏道や迂回ルートを探すも見つからず、どうしようもありませんでした。

鷺ノ宮駅で待っている二人に遅れの連絡をしようとしたところ、同乗者の一人が親切にも「私が代理で連絡するので、そのまま運転を続けてください」と申し出てくれました。
ありがたい。
結局、鷺ノ宮駅には1時間15分の遅刻。そこで合流のお二人には、かなり待たせてしまって申し訳なく思いました。

DSCN0428.jpg

練馬ICから関越道に入り、水を得た魚のように加速して回復運転。同じ金沢行きの高速バスを抜く。
その間、後ろのほうで4人が賑やかでした。私の友人は静かな人が多くて、お通夜のようなシーンとした雰囲気でドライブをすることが多いのですが、こういう元気な人が集まった賑やかなドライブもいいものです。
メルファ7はハイデッカーという構造上、客席から見ると運転席の私は下のほうに隠れてしまうので、時々1人の同乗者さんがガイド席まで来ては私にも話しかけてくれました。



2012-11-23-101.jpg
関越道を走って藤岡JCTから上信越道に入り、横川SAで最初の休憩をとりました。
ここで俺は晩飯をガッツリ食べるつもりだったのですが、同乗者が口をそろえて、「眠気とか大丈夫ですか?」と、物凄く心配してくるのです。
これに対して、当然のように「大丈夫ですよ、問題ありません」と返すのですが、あまりにも心配されました。俺としては、前日にちゃんと睡眠とって体調整えたし、もちろん眠気や疲れなどないですが・・・。
眠気覚ましとして、缶コーヒーを差し入れてくれた方もいたので、ここはガッツリ食べるのは我慢してパンを食べることにしました。

横川SAを出発した時点で0時を過ぎていました。ワイワイガヤガヤだった車内もシーンとなり、客席を見渡すと全員寝ていたので消灯。真っ暗な車内の様子はルームミラーで見えず、そのまま深夜の上信越道を走り続け、北陸道に入って有磯海SAで二回目の休憩をとりました。

ここで1人の同乗者さんが再びガイド席に来て、また会話で弾みました。その方は、3トントラックの運転経験があるらしく、終始トラックや車の話しで盛り上がりました。
しばらくすると、運転席に立てかけておいた「運行指示書」に気付かれてしまう。
(趣味のドライブなのに運行指示書なんて、厨二丸出しw)、
それを見た同乗者さんは、「ここからだと、金沢駅に5時到着は無理だな・・・、最低でも1時間は遅れるな」と、言っていました。
私は大型二種免許を取得し、こうして小型観光バスでドライブまでしているものの、長距離ドライブ自体は初心者で、関越道や北陸道を走るのも今回が初めてという素人なのに対して、同乗者の方は地理や高速道路に精通しているようで、経験豊富のようでした。



そして、同乗者さんが言った通り、金沢駅についたのはAM6時過ぎ。
ここで9時間の長距離ドライブを終えて、初めて出会った4人の方々と握手をして、別れました。
初めて会った見ず知らずの人との相乗りドライブ・・・、私にとってはとても新鮮な体験でした。

これにて、初めてのライドシェア経験は終了ですが、メルファの旅行はまだ続きます。これから白川郷へ「ひぐらしのなく頃に」のロケ地探訪をしに行きます。w
他にも温泉に入ったり、食べたりなど色々やったのですが、それはまた別の記事に書きます。

自家用車の相乗りライドシェア専門サイト「のってこ!」おススメです。
ドライブの費用分担という経済的メリットだけでなく、同乗者と楽しいおしゃべりもできます。興味のある人は、是非!

| のってこ! | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「のってこ!」早くも応募がくる

横浜→金沢の募集を投稿したのが23日ですが、早くも翌日に応募がきました。
サイトの募集状況を見ていると、東京―大阪以外の募集は一人くるかどうかという状態ですが、1500円という格安条件が良かったのか、まだ出発まで一ヶ月弱あるにも関わらず応募がきました。
初めての募集としては、上出来だと思います。

友人にも「インターネットでヒッチハイクできるサイトがあるんだけど・・・」と話してみたものの、あまり関心はないようで、「俺だったら事故やトラブルがこわいから、他人なんか絶対に乗せられない。」「乗せてもらうにも、ツアーバスだって事故が起きている状況で、他人の運転なんてとても信用できない。」との事でした。残念ながら、現代の日本ではこれが一般論ですかね。
友人もそうですが、家族にも到底理解は得られないと思いました。やはり、初対面の人とドライブというのには賛否両論あるのが現状です。なので、親にはこの事を話していません。
時代が変われば、こういうのも少しずつ受け入れられるのでしょうか。

| のってこ! | 23:42 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

募集を再投稿

先月、のってこ!に投稿した「横浜→金沢」の募集について、レンタカー代込みで料金を設定したところ、のってこ!事務局さんから「有償運送に該当する」と警告を受けました。
なので当該募集は削除して、新たにレンタカー代を引いたドライブ費用を計算し直した上で、投稿しました。

前回は一人3000円でしたが、横浜→金沢の相場としてはこの金額でも問題ありません。なので、レンタカー代を引くにあたっては、単純に募集人数を減らしてドライブ費用合計を減らせば良いわけですが、のってこ!は現況会員数が少なく、金沢方面を相場額で募集しても、一人くるかどうか、だと思えてきました。

そこで、逆に自分が同乗者の立場だったら・・・、と色々考えた結果、今回は一人1500円という格安条件としました。
この金額なら、移動手段としては大変魅力的であり、自分なら間違いなく応募すると思ったからです。今回は私自身が初参加という事で、費用回収は度外視して、人数集めを優先する事にしました。

| のってこ! | 20:18 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

「相乗り」で同乗者からレンタカー代を収受するのは違法?

ライドシェア専門サイトのってこ!で、私が投稿していたドライブの費用が異常に高い、これでは有償運送(白タク)になると、サイト管理者さんから警告を受けました。その中でドライブ費用とは、「燃料代、高速代、駐車場代」の事であると指摘されました。
投稿したのは横浜から金沢へメルファ7で行く内容で、10人募集で一人3000円、ドライブ費用合計は38000円という設定でした。

なぜドライブ費用を38000円に設定したのかと言うと、燃料代10500円(リッター5、軽油、走行距離420km)、高速代5500円(中型車料金、ETC深夜5割引き)、レンタカー代42000円(保険料込みで一日84000円なので、その半分)という計算をしたんですが、合計58000円をそのまま10人で割ったらツアーバスよりも高くなってしまうので、適当に減額して38000円としました。減額したぶんは私と他一人の自腹になるワケですが、それでも『ドライブにかかる実費を大きく超えている』と指摘を受けました。

本来は、他人を有償で運送する行為は旅客運送の事業とみなされるので、役所に事業の届出をして許可をもらわなければいけません。これがないと、有償運送「白タク」「白バス」になってしまいます。
しかし、知り合い同士や友人同士、あるいは相乗りで費用を割り勘にしながらドライブをするケースもあります。これは白タク白バスには当たりません。ただし、同乗者と分担する費用は、あくまでドライブにかかった費用のみという事で、燃料代、高速代、駐車場代のみに限定するのが条件です。
車の整備費用や保険料などは、ドライブの有無に関係なく発生するものなので、同乗者に請求してはいけません。

ここで問題になるのがレンタカー代です。
ドライブを決行するためにレンタカーを借りているので、これもドライブ費用に含まれて然るべきと考えていましたが、少し発想を変えると、レンタカー代というのは、車の整備費用や保険料、残りは業者の利益という事になります。
もし仮に、私自身がレンタカー業者で、自社のレンタカーを使って今回のような企画をした場合、確実に白タクと判断されますが、私がレンタカー業者ではなくても、結果として同乗者の負担金が業者に流れてしまっては、利益を上げているのと同じなんですね。これが許されたら、業者が利益を上げるために自らライドシェアを企画する事になりかねません。

そのため、のってこ!としては、ドライブ費用はあくまで「燃料代、高速代、駐車場代」に限定しているようです。
結論として、ライドシェアでレンタカー代をシェアしてはいけません。

| のってこ! | 21:57 | comments:1 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

「のってこ!」サイトの調査から募集の投稿まで

のってこ!を見てみると、色々な募集がありますが、区間別に見ると、東京―大阪の募集が大部分を占めているようです。それ以外の地域は、数週間後の出発で1件とか2件とか、そんな感じです。

私がこのサイトを知ったのは、今年1月ですが、すぐには利用しませんでした。
やはり、顔も知らない面識のない他人と相乗りするのって、即決断できるものではありません。現場のヒッチハイクなら相手の顔が見えますし、リアルで会話(交渉)できますが、のってこ!はネット上で文字だけのやりとりですから、相手がどんな人なのかは当日までわかりません。
トラブルに遭うリスクや、会員の様子など、サイトを眺めて自分なりに納得してからでないと、決断できませんね。

その後、このサイトを一週間ほどこのサイトを眺めて、他ユーザーの交渉の様子やコメントのやりとりを見て、「これは大丈夫だな。」と思えてきたので、ひとまず私も参加を決めました。

さっそく、5月の会津ドライブで、横浜→会津若松という形で募集を構想したものの、劇場版ハヤテのロケ地探訪という事で、運行スケジュールがキツキツで横浜や若松などの市街地に寄れず、集落めぐりで精一杯だったため、また募集を断念しました。

次回は11月の白川郷ドライブですが、ここでやっと募集を投稿しました。
内容は、横浜駅集合で、目的地は金沢駅。一人当たり3000円、募集人数は10名に設定しました。
白川郷ドライブなのに目的地を金沢にしたのは、白川郷では需要がなく、同乗者は来ないと判断したためです。そのため、ライドシェアだけのために金沢まで足を延ばすことにしました。
さて、応募はあるかな~?

| のってこ! | 21:19 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

自家用車の相乗り・ライドシェア専門サイト「のってこ!」

ネットで遊んでいたところ、興味深い魅力的なサイトを見つけました。
自家用車で遠出する際、同乗者をネット上で募集し、燃料代や高速代を皆で割り勘にすることで、一人当たりの負担を減らそうという趣旨のものです。

サイトは「のってこ!

最初は「白タクじゃん!」と思ったけど、よく調べてみると朝日新聞の記事が掲載されていて、その中に国土交通省の見解が示されており、燃料代や高速代など、ドライブにかかった実費(経費)の範囲内なら、同乗者と割り勘しても良いとの事でした。

「おおー!!、これはメルファのドライブで使える!!」
とばかりに、すぐさま会員登録してアカウントを作成。

しかし、ネット住人が集まるサイトって、2chや知恵袋みたいに誹謗中傷や荒らしが起こらないか不安です。やはり、顔も知らない面識のない他人と相乗りするのって、即決断できるものではありません。現場のヒッチハイクなら相手の顔が見えますし、リアルで会話(交渉)できますが、のってこ!はネット上で文字だけの交渉ですからね。
正式に参加するか如何かは、まだ検討する必要があります。

| のってこ! | 21:14 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT |