湘南ロードライン

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

南鎌倉高校女子自転車部のロケ地めぐり2

この記事は前回の続きなので、まずはコチラからご覧ください。
2017-01-20-24.png
2017-01-23-10.jpg



2017-01-20-25.png
2017-01-23-11.jpg



2017-01-20-26.png
2017-01-23-9.jpg
2話の鎌倉案内スタート地点は、下馬交差点。


2017-01-20-27.png
2017-01-24-3.jpg
下馬交差点から海に向かうと、滑川交差点に突き当たります。ここで冬音初登場。



2017-01-20-28.png
2017-01-24-4.jpg



2017-01-20-29.png
2017-01-24-5.jpg
滑川交差点にあるコンビニは、作中ではファミリーマートが設定されてますが、実際はローソンです。他作品でもチェーン店を実在する別のチェーン店に置き換えるケースがあるけど、何か理由があるのかな?


2017-01-20-31.png
2017-01-23-16.jpg
滑川交差点を右折して国道134号に入り、坂ノ下交差点のシーン。



2017-01-20-30.png
2016-11-08-101.jpg
鎌倉文学館。
「青い花」の藤ヶ谷女学院と、「うみねこのなく頃に」でも屋敷のモデルとして登場しました。この場所は入場料がかかるため、以前撮影した写真の使いまわしです。



2017-01-20-34.png
2017-01-23-18.jpg
長谷の力餅家さん。私は本作のコミックで知ったお店ですが、鎌倉のお土産としては有名なようです。最寄りは長谷駅だけど、極楽寺と長谷のほぼ中間にあるので、どちらの駅からでも歩いて行けると思います。
作中同様に立てかけてある自転車は、私のです。



2017-01-20-35.png
2017-01-24-8.jpg
力餅家さんの路地を入っていくと、御霊神社(ごりょうじんじゃ)があります。ひろみが「おれい?」とか読んでた所ですね。



2017-01-20-36.png
2017-01-23-20.jpg
作中に出てくるのは権五郎力餅10コ入り。


2017-01-24-9.jpg
という事で初めて力餅を買ってみたけど、権五郎力餅は品切れだったので、求肥力餅12個入りを買ってみました。
原材料が砂糖、小豆、白玉粉のみという無添加でウマーでした。


2017-01-20-37.png
2017-01-23-1.jpg



2017-01-20-38.png
2017-01-24-1.jpg
ひろみが迷子になったのは、長谷大谷戸交差点から佐助稲荷神社に向かう路地。



2017-01-20-39.png
2017-01-24-2.jpg



2017-01-20-40.png
2017-01-23-4.jpg
この山道を越えれば佐助稲荷神社に行けるという、おばあさんのセリフですが、実際でもその通りでした。私自身、稲荷神社の裏にそんな抜け道があるのは知らなかったです。


2017-01-20-41.png
2017-01-23-5.jpg
という事で、こういう機会じゃないとこんな山道歩くこともないだろうから、作中と同じく自転車を担いで行くことにしました。w ロードなので軽いとはいえ、想定してたよりもかなり体力勝負でした。長い階段や急な階段が多いのでね。



2017-01-20-43.png
2017-01-23-6.jpg
そして、結花が初登場した佐助稲荷神社に到着。



2017-1-20-45.png
2017-01-23-8.jpg


2017-01-23-7.jpg
伏見稲荷大社と同じく、鳥居の連続トンネルが特徴ですね。


2017-01-20-44.png
2017-01-23-17.jpg
渚が勤めるパン屋ベーカリーフラットは、向かい側の歩道の描写から、国道134号の坂ノ下交差点から鎌倉パークホテルの間に設定されてるようです



2017-01-20-1.png
2017-01-20-2.png
2017-01-20-20.png
2017-01-20-32.png
2017-01-20-33.png
2017-01-20-42.png
未回収シーンがまだ沢山ありますが、また今度行ってきます。
スポンサーサイト

| アニメ | 18:19 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

南鎌倉高校女子自転車部のロケ地めぐり

今月からアニメ放送開始となった「南鎌倉高校女子自転車部」ですが、漫画コミックと同様に風景の描写が大変リアルなので、私にとっては地元ですが、ロケ地巡りに行ってきました。
現在3話まで放送されてますが、ここでは1話と2話に出てきた風景をまとめておきます。3話以降は気が向いたらね。



2017-01-20-3.png
2017-01-23-27.jpg



2017-01-20-4.png
2017-01-23-28.jpg
1話冒頭で、自転車に乗れない主人公が練習をするシーン。
場所は極楽寺駅から赤い橋を渡り、稲村ケ崎小学校を通り過ぎて一本目を左へ曲がり、しばらく進むとトンネルがあるので、それをくぐった先です。地理が作中と実際とで異なっており、ひろみが自転車で坂を下りて行った先は、県道32号のほうへ向かってるのですが、作中としては極楽寺駅方向に向かってる描写です。クルマで行く場合、普通車は通行困難、3ナンバー車は無理だと思います。



2017-01-20-5.png
2017-01-23-29.jpg



2017-01-20-6.png
2017-01-23-30.jpg
トンネルと極楽寺駅の間にある場所。



2017-01-20-7.png
2017-01-23-25.jpg



2017-01-20-8.png
2017-01-23-23.jpg



2017-01-20-9.png
2017-01-23-26.jpg



2017-01-20-11.png
2017-01-23-22.jpg




2017-01-20-13.png
2017-01-23-24.jpg
ひろみとともえが出会ったのは極楽寺駅前。写真は冬だけど、春になると作中通り桜が咲きます。




2017-01-20-14.png
2017-01-23-37.jpg



2017-01-20-15.png
2017-102-4-7.jpg




2017-01-20-16.png
2017-01-23-36.jpg
極楽寺駅から学校へ向かうシーンは、電柱にも書いてある通り、稲村ケ崎3丁目のあたり。



2017-01-20-17.png
2017-01-23-32.jpg
稲村ケ崎から海沿いの国道134号線に出てきたところ。右側に写ってる池田丸では湘南しらすをはじめ、地魚料理が食べられます。



2017-01-20-18.png
2017-01-24-6.jpg



2017-01-20-19.png
2017-01-23-35.jpg
作中の主要舞台となる南鎌倉高校は、実際の七里ガ浜高校がモデルです。校舎や正門は改変されてるものの、立地場所はそのまま。



2017-01-20-21.png
2017-01-23-33.jpg



2017-01-20-22.png
2017-01-23-34.jpg
1話の終盤で、ひろみが再び自転車の練習をした場所は、七里ヶ浜海岸駐車場。
ビブリア古書堂でも舞台になった所です。

記事が一杯になってしまったので、続きは下記へ↓
南鎌倉高校女子自転車部のロケ地めぐり2

| アニメ | 18:17 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

行きたい場所

2016-03-18-4.png
氷菓
2012年に放送されたアニメですが、岐阜の高山市が舞台です。京アニ作品はロケ地が忠実に再現されることが多いですね。一度は探訪する計画をたててドライブで行ったものの、運行の遅れから他の場所を優先し、素通りだけになってしまったので、またちゃんとまわりたいです。



2016-03-18-1.png
あの夏で待っている
こちらも2012年に放送されたアニメですが、長野県の小諸と軽井沢が舞台になっているので、以前から行こう行こうと思ってはいるものの、未だに行ってません。



2016-03-18-2.png
迷家-マヨイガ-
来月から放送予定のアニメで、うつってるのは日野メルファですね。作品としては、バスツアーで訪れた納鳴村という集落を舞台に物語を展開するそうです。私はドライブで集落とかまわるの好きなので、もし作中の納鳴村のモデルが判明したら、絶対に行きたいと思います。もちろんメルファ7でw。


2016-3-18-3.png
南鎌倉高校女子自転車部
時期は未定ですが、アニメ化が決定しました。鎌倉市在住のロードバイク乗りである俺にとっては完全に地元ですが、コミックでは知っている場所がたくさん背景に登場するので、アニメのほうも大変楽しみにしています。ちなみに、西鎌倉や北鎌倉は実在しますが、作中の舞台として設定された南鎌倉という地名は架空です。ただし、ロケ地としては腰越、七里ヶ浜、由比ヶ浜あたりなので、概ね鎌倉市の南部ということになります。

| アニメ | 23:27 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

アニメ「かんなぎ」の舞台探訪(聖地巡礼)

かんなぎの舞台探訪を計画し、仙台まで行ってきました。

なお、具体的な場所や地図など、詳しい情報がほしい人は、舞台探訪総研のほうが詳しいので、そちらを参照してください。

仙台までの交通手段は、往路はのってこ!というサイトにて、相乗りで乗せてもらいました。
渋谷に夜22時集合。同乗者は自分の他にもう一人いたので3人のドライブとなりました。クルマはカローラアクシオ1.3L。
到着は朝4時30分頃ですが、かんなぎの主要な舞台は陸前高砂駅なので、公共交通では始発電車を待たなければいけません。しかし相乗りライドシェアの良いところは「目的地まで直接送ってもらえる」事なんですね。というわけで、電車も動いていない早朝に陸前高砂駅まで直行することが出来ました。
では、実際に歩き回った順に写真を並べて紹介します。


かんなぎ12-2
DSC00190.jpg
まず、陸前高砂駅前の広場。クルマを降りてすぐに撮影しました。もう少し後ろに下がって撮影すれば作中と同じカットになるんですが、フェンスだか壁だか忘れたけどそれが邪魔して物理的に下がることが出来ないので、このカットです。しかし、しゃがんで撮影すれば良かったと反省しました。



かんなぎ12-3
DSC00192.jpg
背景が少しズレてますが、ほぼ同じですね。これもしゃがんで撮影すれば良かったと反省しました。w



DSC00197.jpg
かんなぎ4-5
看板の位置を左へずらせば作中通りのカットになるんですがねぇ。



DSC00198.jpg
かんなぎ4-4
これは空撮カットが要求されるので、作中通りのカットを撮るには長い棒にカメラを取り付けるか、レンタカーで高所作業車を借りない限りは無理です。



かんなぎ7-1
DSC00216.jpg
仁の家。作中では背景にマンションが見えますが、実際にはどこにも見当たりませんでした。



かんなぎ1-4
DSC00208.jpg
仁の家近くのコンビニ。実際の地理でも仁宅から徒歩3~5分程度でした。



かんなぎ3-1
DSC00202.jpg
これも空撮カットなので、長い棒でも用意しない限りは無理です。作中では停止線がありませんが、ネット上の写真を見ると実際も当時は停止線がなかったようです。



DSC00211.jpg
上記の写真を撮るために、矢印で指してるブロック壁に立って撮影しましたが、サルのように電柱によじ登れば作中通りのカットになると思います。w って危ないのでやっちゃダメですよ。電線に触れたらマジで感電するし、それで死んだカラスを見たことがあるからね。



かんなぎ2-9
DSC00210.jpg
仁とつぐみが出かけていくシーン。



かんなぎ2-3
DSC00206.jpg
もう少し頭を使えば作中通りのカットになったような気がします・・・。



かんなぎ13-1
DSC00212.jpg
最終話でナギと仁の再会シーン。



かんなぎ1-3
DSC00221.jpg
踏切りから陸前高砂駅のカット。写真のほうは速度制限解除標識(白黒のヤツ)がありませんが、他サイトの写真を見たところ、当時は作中通りに標識があったようです。



かんなぎ1-地下道
DSC00223.jpg
ナギが穢れと戦った地下道の入り口ですが、実際には地下道自体がありません。これも少し失敗したカットで、左側が少し欠けてしまいました。



かんなぎ 踏切
DSC00200.jpg
仙石線の踏切り。このあと電車に乗って多賀城高校へ向かいました。初めて仙石線の205系に乗り、モハ(中間電動車)は普通の205系と同じ見慣れた内装だったけど、クハ(先頭車)は片側クロスシートでトイレもあり、これは首都圏205系にはない装備なので俺にとっては見慣れない光景でした。中間車は元山手線なのでドア窓が小さいですが、先頭車はドア窓が大きいタイプで元埼京線らしいです。写真はありません。w



かんなぎ11-1
DSC00225.jpg
下馬駅で降りて、徒歩で多賀城高校へ向かいました。「県道58号線を真っ直ぐだ」と地図で予習していたけど、トンネルの所で歩道がなくなり、止むなく上へのぼると住宅街に入り、迷子になりました。ww とりあえず県道への復帰を図っていたところ、なんとか学校へたどり着けました。しかし、この思いがけない迷子によって30分近い時間ロスをしてしまいました。



かんなぎ3-3
DSC00228.jpg
作中カットはグランドからですが、それは不法侵入になるので外側からです。敷地と外側の境目は丘のようになっているので下には降りられず、このようなカットとなりました。
このあとまた電車に乗り、仙台駅へ向かいます。



かんなぎekms
DSC00235.jpg
主な舞台は中央通り(ハピナ名掛丁)。



かんなぎ4-6
DSC00245.jpg
このカットはどこなのかわからなかったんですが、とりあえず一番似ているところを載せておきます。



かんなぎ4-1
DSC00246.jpg
トラックがどくのをずーっと待っていましたが、5時間後の帰りのバスの出発時間になってもまだ駐車していて、仕方なくこのようなカットになってしまいました。トラック右側の車道から撮影したカットもありますが、これだと近過ぎて枠に収まらないので、コチラのカットを採用しました。写真ではこう見えますが、これ歩道からズームアップで撮影してます。
コンビニ脇の狭い通路は、作中では行止まりのように描写されていますが、実際には反対側の道路へつながっています。その先にある店で牛タンを食べました。



かんなぎ10-1
DSC00241.jpg
カラオケ店から出てきたところ。



かんなぎ10-2
DSC00240.jpg
カラオケ店を右へ曲がったすぐ先。



DSC00254.jpg
ここでバスの出発時間となり、仙台駅へ向かいました。当たったのは最新型のエアロエースで、ダイムラーと共同開発の新エンジンを搭載しています。東北道の渋滞により、1時間10分の遅れて新宿に着きました。






| アニメ | 23:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

アニメ版『ひぐらしのなく頃に』舞台探訪(聖地巡礼)

記事を書くのが一ヶ月以上遅れてしまいましたが、メルファ48時間旅行の一環で、雛見沢のモデルである白川郷へ11月23日(土)に行ってきました。村をしらみ潰しにチェックするため7時間も歩き回りました。ここでは大量に撮影した写真の一部を紹介します。


作中は6月を舞台にしてますが、今回の舞台探訪は紅葉も終わった11月末だったので、葉が落ちて緑も殆どないとか、田んぼの稲もないなど、作中との違いがあります。DSCN1141.jpg
解op
まず、2期opに出てきたシーンのモデルから。ここは一番最初に行きました。隠れた場所にありますが、歩き回っていれば案外簡単に見つかります。



暇潰し編3
白川郷展望台djoaga
暇潰し編4
白川郷展望台weoita
展望台 煌3話
展望台です。ベンチやフェンスなど部分的な所は同じですが、配置や位置関係がアレンジされているようです。



皆殺し編 其の参 揺らぎ
北条家モデルnfgrga
梨花が沙都子を探し回ってるシーンだっけ?左の家は北条家です。



雛見沢5
白川郷ragae
奥の背景は全く違いますが、村の中を見尽くした結果として、このシーンはこの場所が最も近いと判断しました。全く同じ場所はどこを探してもありません。



入江診療所
白川診療所rgaer
作中の入江診療所のモデルは白川診療所です。拡大すると郵便ポストやインターホンも全く同じですが、正面玄関の扉は自動ドアに改修されてます。かつては作中と同じタイプのドアだったそうです。



夢現し編1
白川郷展望台坂arehgae
夢現し編冒頭にて、羽入が出掛けるシーンです。作中では梨花の家を出発して坂を下りていく事になっていますが、実際の地理では、これ梨花の家に向かってるんですね。逆にこの坂を上ると展望台に行きます。



梨花家2
梨花家fsnga
梨花家 夢現し編
梨花家fhaog
梨花の家ですが、写真のほうは1階部分をトタン板で隠されています。理由はわかりませんが、トタン板の裏を覗いてみると、作中通りにシャッターとドアがあります。トタン板で隠される前の写真もネット上にあるので、見たい人は探してください。



北条家モデルjnfda
北条家
北条家ですが、作中と同じアングルで撮ろうとすると木と干渉してしまうため、この角度になってしまいました。



綿流し
白川郷入口sfgasa
作中で綿流しのお祭りが行われる川です。ここまで行くには、少し特殊なルートを通らないといけません。駐車場側からは「立入禁止」の看板が出ているので、そこから進入してはいけません。詳しくは下の写真に載せますが、荒れ果てた道を通ることになります。



白川郷jraghas
これが綿流しの川の撮影ポイントへ行くための坂です。足元に気をつけないと滑ってコケますw



白川郷せせらぎ橋reagre
白川郷せせらぎ橋huowag
これも荒れ果てた橋で、出入口は閉鎖されて入れません。今はケーブルを繋ぐための橋となっているようです。ワイヤーも錆びているので、閉鎖板をよじ登って進入するのは危険です。



白川郷水車hurgara
白川郷水車jhgfsa
庭園内にある水車小屋です。アニメ版に登場する水車は大幅にアレンジされているため、ここでは比較しません。
ゲーム版は実物通りになっているようです。



白川郷庭園ngaa
白川郷庭園feojnsaga
ついでに、これも庭園内です。上記の水車を含めて、庭園に入るには入場料500円が必要です。


白川郷fnsjogeaw
村の中の裏道を歩きます。

次は前原家です。
前原家は村からクルマで十数分の所にあります。実際には浄水場か何かの施設です。
前原家2
前原家ujdgah
前原家3
前原家4
前原家agba
前原家rgoag
施設の前までクルマで行くことは出来ますが、敷地内はフェンスで覆ってるため侵入できません。以前はフェンスがなく、敷地内まで入れたらしいです。



次は雛見沢分校。
村から20km以上離れているので、クルマorバイクか、自転車ならロードバイクが必須になると思います。今回はレンタカーのバスで来ていたので、それで向かいましたが、それでも20分はかかりました。途中のトンネルで3.5Mの高さ制限があるほか、大型車同士のすれ違いが不可というトンネルが多数あったのでヒヤヒヤでしたが、無事通過できました。まぁ乗用車なら何の問題もなく行けると思うので、大丈夫です。
雛見沢分校 厄醒し編 鬼ごっこ
まず上空から。
右側の大きい建物が校舎ですが、すでに解体されて存在しません。の建物は部活メンバーで鬼ごっこをやったとき、圭一が隠れ家として使った倉庫です。は何なのかわかりませんが、実在する建物で作中のワンシーンにも映ってました。


雛見沢分校
まず校舎。リアルではもう存在しません。



雛見沢分校nfsoga
雛見沢分校 鬼ごっこ
の圭一の隠れ家。作中では隣に自転車置き場がありますが、リアルでもかつて存在したようで、後に撤去されたらしいです。



雛見沢分校jkdagoa
雛見沢分校4
の青い屋根の家。
全く同じではありませんが、作中とリアルでの位置関係は一致しているので、モデルである事は間違いないと思います。



雛見沢分校2
雛見沢分校nfjodgea
作中では黄色い門の脇にクルマを駐車するシーンがよくありますが、同じ場所にバスを止めました。リアルでは校舎は無くなっているものの、黄色い門の片割れだけ残っています。ちなみにこの門の片割れですが、元あった場所から一旦引っこ抜かれてそのまま放置してあるので、位置がズレています。そのためアニメと写真では位置関係が一致していません。



雛見沢分校eitoha
これが門の片割れ。校舎があった頃は、門もちゃんと左右二つありましたが、解体時に片方は撤去されて、もう一方は引っこ抜かれたあと、写真のように放置されています。斜めになっているのはそのためです。



次に吊り橋です。
作中では学校とは全く別の場所にあるよう描写がされてますが、リアルではスグ隣りにあります。校舎の跡地から吊り橋の鉄骨が目の前に見えるので、すぐわかります。
吊橋 厄醒し編 其の四 雛見沢大災害
雛見沢吊橋sghsa
雛見沢吊橋uods
吊橋2-2
雛見沢吊橋wrhgaso
作中では圭一と沙都子が落ちましたが、私が実際に見に行ったときは水が浅かったので落下したら確実に死にます。


吊り橋3
橋の下からの撮影も試みましたが、下に降りる方法がわかりませんでした。もし降りる場合は道なき所から行く事になり、高さ2メートルまで成長した雑草林?の中を通過せねばならず、困難です。どこからか降りれないかと色々模索したものの、どうやっても降りられませんでした。なので写真はありません。w 他のブログやサイトでは実際に降りた人もいるらしいので、俺も頑張らなきゃねぇ。w

| アニメ | 23:42 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

雛見沢観光ツアーの募集状況

2012年11月22日(木)から予定している、「ひぐらしのなく頃に」の舞台探訪ですが、他にMIXIや掲示板などで幅広く募集をかけているのですが、一ヶ月たった現時点で反応ゼロです。

劇場版ハヤテのごとく舞台探訪ツアーではソコソコ反応があり、当日は3人の方が来てくれて、楽しく有意義な舞台探訪ができたんですが、今回の雛見沢は全く反応がありません。
ハヤテの時とは違って、すでにブームが過ぎ去ったからなのかわかりませんが、とにかく反応ゼロです。

このままでは1人来るかどうかという状況なので、今回はアニメとは関係なく、相乗り専門サイト「のってこ!」にて同乗者を募ることにしました。白川郷では需要は低いでしょうから、少し伸ばして金沢まで行くことにしました。というワケで、【3000円】横浜→金沢という感じで募集中です。

いずれにしても、雛見沢観光は友人と二人でまわる事になりそうです。
もちろん、募集は継続しているので、雛見沢に行きたいという方がいたら、遠慮なくコメントください。
(なおMIXIでの募集は取り消しました)

| アニメ | 00:24 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

『劇場版 ハヤテのごとく! 』舞台探訪

『劇場版 ハヤテのごとく! HEAVEN IS A PLACE ON EARTH』は新宿バルト9で二回、横浜ブルク13で一回の計3回見ました。本編ではどこが舞台とか特に明かされてませんが、2月に発売された8分間の追加映像付きDVDでは会津宮下駅と只見線キハ40系が明確に描かれており、行ってみたくなりました。

ちょうど観光バスのドライブツアーを計画していた時期でもあり、そちらは目的地が未定だったので、そのバス旅行と兼ねて劇場版ハヤテの舞台探訪へ行くことにしました。詳しくはツーリングカテゴリの『劇場版ハヤテのごとく!』の舞台探訪(聖地巡礼)を参照。

| アニメ | 23:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |