FC2ブログ

湘南ロードライン

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

2020年の始まり

2020-01-12-1.jpg
遅くなりましたが、本年もよろしくお願いします。
まずは近況報告から。



2019-12-29-25.jpg
今回も大阪日本橋—東京ビッグサイトのコミックマーケット97ライドシェアを決行しました。金ないのでバス運行できず、エルグランドで5名枠で満席でした。
C96に続いて今回のC97も4日間の開催でした。



2019-12-29-38.jpg
昨年夏のC96の時に初めて入ったのですが、企業ブースの青海展示棟近くにあるヴィーナスフォートというショッピングモールです。モール全体がヨーロッパの街並みを再現したテーマパークみたいな感じで、中央には大聖堂みたいな広場があり、かなり金がかかってそうな作りと演出でした。



2019-12-29-42.jpg
2019-12-29-47.jpg
同ショッピングモール内には昭和の車が沢山展示されています。車内を覗き込むと当時の日本人の体格なのか、かなり狭い車内でした。こうして芸術品として眺めるのはいいけど、実際に乗るのはきつそうですね。



2020-01-02-11.jpg
大晦日のコミケが終わってから、東北本線を北上して郡山のまねきの湯で年越しました。東京のまねきの湯よりも小規模で古かったですが、温泉入ってマンガ読んで1F仮眠室でよく眠れました。



2020-01-02-12.jpg
年越しまであと10秒


2020-01-02-20.jpg
年明けて、初日の出は列車内から見ようと思っていたのですが寝坊。起きたら7時30分でした。さすがに2時までマンガ読んでたら無理ですね。只見線のキハ40系が本年度で引退しそうなので、最後の乗車をするつもりだったのがそれも出来なくなってしまい、仕方ないので仙台に行って帰ることに。
12月に買い溜めたマンガ、ラノベを701系電車内で一気に読みました。

恒例の一年の振り返りですが、今回はやりません。
昨年の自分を振り返ってみると、想像以上に何もない年だったんですね。まず2011年に大型二種免許をとってから、教習所やレンタカーのバスを割りと頻繁に運転してきたのですが、昨年度は初めて1年を通してマイクロを含めたバスを全く運転しない年になりました。その他、ドライブ旅行も予算の都合で削減し、代わりに鉄道旅行を増やして充実を図ったものの、全体的につまらない人生に転落しつつあるかな、という焦りを正直感じています。

世間的には、まず平成から令和への元号改正という大きな出来事があって、京都アニメーションの凄惨な事件があって、台風15号と19号が立て続けに発生して各地に甚大な被害を出しました。
台風15号はちょうど東北、新潟ドライブから帰ってきた所で、東京で台風直撃を受けて道路がマヒし、大変な目に遭いました。レンタカーの返却が13時間も遅れるという私のドライブ史上、前代未聞の事態でした。
台風19号では新幹線E7系電車の大量廃車をはじめ、東日本大震災にも似た市街地浸水、大災害を目の当たりにしました。

ここ近年で相次ぐ大災害に、本年以降はどうなってしまうのかという不安もありますが、一方で自分の今後の人生を考えると、今の生活に限界を感じつつあります。今後は割りとマジで転職活動しないとヤバイという焦りがあり、ブラックであるとTwitterで散々言われている路線バス業界に入ろうと決意しています。
そして、本年度はもっといい報告ができるように頑張りたいです。
スポンサーサイト



| 未分類 | 01:25 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

道順を聞いてくるタクシー運転手はアリかナシか



道順を聞いてくるタクシー運転手はアリかナシか

というネット記事を見つけました。
記事を要約すると、
「タクシー運転手はプロだから、ルートも客に聞くのではなくプロの知識とセンスで自己判断で進んで欲しい」
との事ですが、仮にそれを全てのお客様に対して実行したら、1日で何回トラブルになることか。

以前にも、ホリエモン氏がTwitterで、タクシー運転手がルート確認してくるのウザイ!みたいな事を言って炎上した一方で、賛同する人もそこそこいたのを覚えています。
記事内ではルート判断に少々の誤差があっても許容できるとか、ホリエモン氏も「そんなのグーグルマップのルート通りでいいだろ」みたいな事を言っているのですが、そのような寛大なお客様は残念ながらごく少数なのです。大半の利用者は厳格なルートが決まっていて、「最安値」あるいは「最速」で行かないと怒ります。その「最安値」「最速」だって、目的地によってはどちらかを取捨選択する場合があり、それをお客様に伺うわけです。

もしコミュニケーション無しに運転手が好き勝手にルートを決めたら、高確率で利用者のルートと相違が発生してトラブルになります。
実際にルート確認したとき、「〇〇通りから行ってよろしいですか?」 「いや、△△通りから行ってください」というやりとりも毎日のように発生しているので、運転手のルート=お客様のルート、じゃない事はよくわかります。

確かに、ルート確認すると一気に機嫌が悪くなる人はいます。「客に聞かないでアナタで決めてよ!」と、ふて腐れた声で言ってくる人もいます。そういう人が、ホリエモン氏のツイートに賛同するんだと思います。だけど、全体の利用者の中では少数派で、その表れとして件のツイートは賛同よりも炎上のほうが目立ったのです。
利用者の中には運転手がルートを尋ねるのを待っている人もいて(特におじさんに多い)、目的地だけ聞いて勝手に走り出したら「なんだ?ルートも聞かずに進めるのか!」と怒られる事もあります。

クレーム案件としても、ルート確認を怠った案件の苦情は圧倒的に多く、ネット上で見られるタクシー会社の口コミにおいても、「ルート確認せずに遠回りする運転手」は叩かれまくってます。一方でルート確認がウザイという口コミも確かにありますが、数としては少数派です。
よって、民主主義と言えるかはわかりませんが、利用者の多数派の意見に従い、タクシー業界として現況では「ルート確認の徹底」を乗務員に教育徹底しているのです。
という事で、少数派の方には申し訳ないけど、運転手からルートを確認されて不快な思いをするのは今後も避けられません。諦めてください。全く土地勘がないなら、それを伝えて「お任せします」でもいいのです。

余談ですが、何年か前に、ある大物YouTuberがコンビニの接客について苦言を出していた事がありました。
なんで名前伏せるのかと言うと、ソースとなる動画を探しても見つけられず、数年前のことなので正確な主張内容を確認できず、相手の名誉に関わる事なので伏せたわけですが、それはいいとして主張内容は

・お弁当は温めますか? → いま食べるんだから温めるに決まってるだろ!温めないときはオレのほうから言うからイチイチ聞いてくるな!
・レシートは必要ですか? → 業者じゃないんだからそんなもんいらん!もしいるときはオレのほうから言うからイチイチ聞いてくるな!

みたいな事を動画で言っていました。要するに毎回同じコミュニケーションを強要されて辟易しているんだそうです。
まぁこれも大炎上したけど、自分を中心に世界が回っていると思っている人には理解できないかもしれませんね。お弁当は温めるのがデフォルト、レシートは個人客には出さないのがデフォルト、というのがこの人の常識だそうですが、勝手に温めたら怒る客はいるし、レシートを勝手に省略したら怒る客もいるんだけど、自分の常識=万人の常識、だと思ってる人に理解を求めても無駄かな。
職場の人間関係においても時々そういう人がいますよね。自分の狭い視野で物事を「常識だろ!それ以外にないだろ!」と決め付けちゃう人。

ちなみにタクシー業界では、忘れ物したときの連絡用にレシートは必ず出す事になっているのですが、4割りくらいの人は受け取らず、ごく稀に「ゴミになるだけだからイチイチ出すな!」と言ってくる人もいます。
だけど、家計簿をつけてるとか、会社の経費だとか、第三者に請求するとかで、レシートが確実に必要なお客様も多数いますし、それで勝手に省略したら、それこそお客様は不快な思いをします。「個人なんだからレシートいらねぇに決まってるだろ!」と言われても、それはアナタの狭い視野による決め付けでしかありません。

Twitterで現役駅員さんが言ってましたが、駅の改札窓口では、ICカードを無言で差し出してくる人がいるそうです。
自動改札機が通れなかったとか、間違って入場したとか、普通は自分の口で説明すると思いますが、無言でただカードを差し出すだけ。

駅だけでなく、タクシーやコンビニ等の接客業すべてで経験すると思いますが、自分の口があるにも関わらず、会話することに相当のストレスを感じるのか、最低限のコミュニケーションすら放棄する、こちらから無理やり尋ねると一気にふて腐れる、全力で不機嫌アピールをする、どうしようもない人がいます。
「ルートはおまかせします」
「弁当温めてください」
「レシートいりません」
「自動改札が通れないんですが」
最低限の必要な会話だと思います。「見ればわかるだろ!」 「いちいち説明させるな!」と思ってるのかもしれませんが、いくらお客様でもそんな態度をとられたら、こちらも一気にやる気をなくすし、タクシーなら乗車拒否するかもしれません。駅やお店でも門前払いしていいかもしれませんね。

| 未分類 | 01:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

検索フォームを追加

ブログ画面右側の部分に「サイト内検索フォーム」を設置しましたので、過去記事の検索に使ってください。

| 未分類 | 16:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

京都アニメーションで発生した事件について

2019年7月18日AM10時30分頃に発生した事件について、前代未聞のテロにも匹敵するような残忍な事件になり、言葉もありません。
通り魔事件と言うと、個人的には秋葉原と相模原の事件の印象が強いのですが、それらを上回るだけでなく、殺害方法としてもナイフを用いるもの等とは異なり、殺人として最も残酷とも言える放火による焼死という事で、被害者の痛みと苦しみを思うと想像を絶するものがあります。
本当に心からご冥福をお祈りしますとしか言えませんが、個人的にも複数のアニメ作品で思い入れがある京アニで、このような残酷な仕打ちを受けたスタッフの方を想像するとショックで言葉も出ません。

戦後以降、単独殺人犯としては最も最悪な被害を出した事件という事もあり、誰かがTwitterで言ってましたが、より強い記憶として覚えておくためにも、当時自分はどこで何をしていたのかと合わせて覚えておこうと思います。
事件が発生した当時、私はタクシー乗務中で、10時20分頃に手が上がったお客様を藤沢市柄沢まで送ってる途中でした。柄沢でお客様を降ろしたのが10時45分。
その後、自社の社長を茅ヶ崎まで送る予定があり、正午12時頃に社長を乗せて出発した直後、その社長から事件のことを初めて知らされました。ただ、その時点では1人死亡、数十人が負傷という報道でした。
詳細不明な状態が1日以上続いて、実は30人以上も亡くなっていたという事が初めて報道されたのは、翌日以降だった気がします。

京アニ作品で個人的に全話視聴したものは
・涼宮ハルヒの憂鬱
・CLANNAD
・けいおん!
・氷菓
・中二病でも恋がしたい!
・たまこまーけっと
・境界の彼方
・甘城ブリリアントパーク

ガチでオタクな方だと、京アニの作品を全て視聴しているとか、京アニに限らずアニメの殆どを一通り視聴している人もいるので、そういう人と比べると私はオタクとも言い切れない中途半端な存在ですが、いずれにしても私が全話視聴した京アニ作品は上記の通りです。

特にCLANNADと中二病は熱心に視聴して聖地巡礼に行きました。
CLANNADは2期OPの桜並木と、作中でよく出る交差点のシーンが大田区にあって、当時の軽トラ配達エリア内で毎日のように通る場所だったので一人でテンション上がってました。
中二病でも恋がしたいは、滋賀県のしゃくなげ学校という古い木造校舎が舞台で、2013年にメルファ7で進入しようとして道が狭すぎて動けなくなるというバカみたいな思い出があります。その後、乗用車のレンタカーで通算3回も行ってます。
この作品は2018年に改めて劇場版が公開され、内容は主人公の男女2人が京都、滋賀を出て、和歌山や東京、青森、北海道を逃亡生活するというもので、京アニならではの忠実な風景描写に感動しました。


アニメ会社としても多くのファンがいる会社のため、事件があってから募金活動が盛んに行われ、7月末の時点で13億円が集まったそうです。日本国政府としても支援に乗り出す方針を示して、うちのタクシー会社でもオタでも何でもない乗務員が「京アニ」という名前を知ることになり、事件でオタクの枠を超えて知名度が上がったのは何とも皮肉です。ただ、京アニ復活して欲しいという声も多方面から挙がってるのですが、亡くなってしまった方や、今でも生きながら苦しむ被害者の事を思うと、当面の間はそっとしておいたほうがいいのかな、と思います。


本事件ではガソリンが使われましたが、このガソリンというのも、揮発性が高くて爆発しやすく、軽油や灯油と比べても、特に危険度の高い液体です。
1940年、現在のJR桜島線の安治川口駅で、ガソリン気動車による大惨事があってから、旅客列車の燃料としてガソリンを使用することが問題視され、それをきっかけにガソリン気動車は急速に廃れていった歴史がありますが、自動車においても交通事故の二次災害でガソリン車が爆発して乗員が焼死する悲劇は度々発生し、一方でディーゼル車は火災は起こしても爆発はしないので乗員の避難は間に合う傾向があります。
YouTubeのドライブレコーダー映像でも、衝突した瞬間に車が爆発して火だるまになる映像がいくつか出回ってますが、こういうのを見ると、ガソリンというのは人の手には負えない危険物なのかな、と思えてきます。大型自動車(トラック、バス)は大半がディーゼル車ですが、一般の乗用車も全てディーゼル車に転換したほうがいい気がします。
もちろん、現実的にはかなり厳しいでしょうし、スポーツカーや二輪車はどうするんだという問題もあるでしょうが、交通事故、放火事件の両方を考えても、検討したほうがいいんじゃないかな、と思います。


追記
9月3日にJR奈良線を全線乗車した際、その車窓からではありますが、初めて現場を見ました。
木幡駅を出発してすぐの踏切の所に京アニ&Dショップ!があり、次の六地蔵駅を出発してしばらく進むと第一スタジオが見えます。




追記2
2020年1月8日(水)、初めて現場を訪れました。
建物全体がシートで覆われており、警備員が配置されていました。少し離れた場所から黙とうを捧げました。

| 未分類 | 00:41 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

最近の写真


2019-06-15-13.jpg
最近は鎌倉周辺の山道ハイキングをするようになって、大仏トンネルや名越トンネルの上を歩いたり、鎌倉宮から今泉台に抜ける山道とか、明治やそれ以前に作られた遺跡のような物を色々と見て回ってるのですが、長らく鎌倉周辺に住んでいながら初めて見るものばかりで新鮮でした。
上記写真はどこかの山道にあったもので、鎌倉時代に建物の基礎となる石をここから採掘していたと推測されているのだそうです。他にも沢山写真があるんだけど編集する時間がなく、撮り溜めし過ぎた結果、どれがどの場所の写真だったかわからなくなる有様。



2019-06-15-16.jpg
どこかのお寺の紫陽花で、たぶん法性寺だと思いますが、忘れてしまいました。



2019-06-24-2.jpg
七里ヶ浜シーサイドから見る夜景。月明りがいい具合に反射してますね



2019-07-03-1.jpg
片瀬山



2019-07-03-7.jpg
2019-07-03-9.jpg
2か月前ですが、秋葉原の神田祭もみてきました。



2019-07-03-8.jpg
2019-07-03-10.jpg
秋葉原の歩行者天国は夏は18時までですが、お祭り当日は20時近くまで延長されたため、日没後、暗くなっても歩行者天国という普段は見れない光景でした。

| 未分類 | 12:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>