湘南ロードライン

| PAGE-SELECT |

>> EDIT

小田急の沿線火災による車両火災について

今日のニュースを聞いてビックリしましたが、火災が発生している所に電車が緊急停車してしまい、そのまま電車に燃え移る事故がありました。

色々な報道がありますが、それらをまとめると、まず近くの非常停止ボタンが押されて、電車は自動的に火災現場で緊急停車。
8分間その場で停車したあと、現場の警察官が危険と判断して乗務員に電車を移動させるよう要請し、それを聞いた乗務員は電車を移動させたものの、すでに車体屋根に燃え移っていたため、停車して乗客を避難させたとの事です。
車内の乗客は、窓のすぐ近くまで火が迫っていて、やがて車体の屋根に燃え移ったことに気付いて、少しパニック気味になっていたそうですが、幸いにもそんなに混雑しておらず、報道によると8両編成に約300人乗っていたとの事です。
座席は横向きのロングシートで1両当たり45〜54席なので、乗客は全員座れるほど空いていたという事ですね。

それにしても、非常停止ボタンが押されて自動的に緊急停車したとはいえ、警察官の要請で電車を動かせるのであれば、それ以前に乗務員の自己判断でもっと早く動かすべきだったんじゃないかと疑問に思います。映像を見ると、煙が充満している所に電車が突入して停車しているので、運転士も危険を把握していたと思います。
それでも動かさないのは、やはり「安全確認ができてないから」「指令の許可がないから」「勝手に動かすと処罰されるから」とか、色々あるんでしょうね。
(追記、その後の報道では運転士はいち早く火災に気づいて指令に連絡したものの、指令から電車を動かす許可を得るのに8分かかってすぐに動かせなかったようです。)


北陸トンネル火災事故という有名な事故がありますが、このトンネルでは火災事故が1969年と1972年の二度もあって、当時の規則では「火災が起きたらすぐに停車する」と定められていたものの、1969年の事故では乗務員が「トンネル内で停車するのは危険」と判断し、規則を無視して走行を続け、トンネルを脱出してから停車して避難した結果、一人の死傷者も出さず、出火元の車両のみ焼損で被害が済みました。しかし、上層部は「(トンネル内で)すぐに停車しなかったのは違反」として、乗務員を処罰しました。
その結果、3年後の1972年に同じ現場で火災が発生した際、規則に従ってトンネル内で停車したため、有毒ガスが充満して大変多くの犠牲者を出してしまう結果になりました。

この教訓からトンネル内では停車しないとか、規則の見直しも行われたのですが、明らかに危険な場合は規則にとらわれず、現場の判断で行動したほうが良い事もあるんじゃないかと思います。
もちろん、何でもかんでも現場の判断で好き勝手に動かすと、二次災害を引き起こす可能性もあるので、規則やルールも必要ですが、今回みたいに緊急を要する状況では、人命最優先で速やかに移動させるべきだと思いました。
スポンサーサイト

| 未分類 | 23:04 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

学生時代に製作した航空機のプラモデル

中学生の頃の私は、鉄道と並行して大の軍用機ファンで、プラモデルから操縦ゲーム(PCソフト)まで、可能な限り手を出してました。
操縦ゲームはAH-64D戦闘ヘリ、F-18戦闘機、F-22戦闘機で遊んでたほか、プラモデルも記憶にあるだけで結構な数になりますが、それは後回しにして、まず自宅の押入れ内で厳重に保存しているプラモ機を紹介します。



2017-07-27-2.jpg
左がAH-64D アパッチ・ロングボウ、右がF-16CJで、両方ともハセガワ製1/48スケールです。



2017-07-27-4.jpg
このアパッチは2001年11月、中学2年の頃に製作しました。1/48とはいえ部品点数が多く、時間をかけて丁寧に作ったのを覚えています。現在は陸上自衛隊にも配備されていますが、これを製作した当時はまだ自衛隊に配備がなく、日本の日の丸仕様もあったらいいのになぁ、とか思ってました。w



2017-07-27-3.jpg
こちらのF-16CJは、2003年、中学卒業の頃に製作しました。同じ1/48でもアパッチと比べると部品点数は少なく、比較的早く出来た気がします。武装は自由に付け替えられるよう、両面テープで取り付けていました。写真は何も装備していない状態なので、機動飛行に特化した仕様・・・、とか妄想してましたね当時。


2017-07-27-5.jpg
こちらは左がB747-400、右がB737-400です。両方ともハセガワ製1/200で、2006年、専門学校1年の頃に製作しました。
中学時代は専らタミヤカラー水性塗料による塗装でしたが、この2機に限り非水性のMr.カラーを使用しました。ちなみに両方とも1/200スケールですが、それぞれ大型機と小型機なので、本物の大きさもこれくらい差があります。


で、現存しない記憶にあるものも含めると
ハセガワ1/48:FA-18 ホーネット 
ハセガワ1/48:F-15J イーグル
ハセガワ1/48:F-15E ストライクイーグル
メーカー不明1/48:F-22A ラプター
ハセガワ1/72:UH-60 ブラックホーク
ハセガワ1/72:SH-60 シーホーク
ハセガワ1/72:F-14A トムキャット
タミヤ1/72:YF-22
タミヤ1/72:Mi-24 ハインド
タミヤ1/72:A-10 サンダーボルトⅡ
タミヤ1/72:MiG-29 フルクラム
メーカー不明1/72:E-2C ホークアイ (航空自衛隊仕様)

その他に、戦艦 「大和」 「長門」 「金剛」 のモーター付き水上プラモ艦がありました。池に浮かべて遊んでたヤツです。
これらの航空機、戦艦とも2003年に母親が勝手に処分してなくなりました。
友人宅に遠征していたAH-64Dと、製作途中で(シンナー臭がするため)屋外に出していたF-16CJの2機が残りました。そのあと、旅客機2機が加わって現在4機です。
追記:2017年9月25日にブルーインパルスのT-4が加わりました。11年ぶりのプラモデルです。

| 未分類 | 23:30 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

エアロミディMJのさよなら運転について

今まで何回かお世話になった関西某レンタカーさんの三菱ふそう エアロミディMJ(PA-MJ26RF)が、2017年7月2日で運用終了する事になったので、6月21日(水)から22日(木)にかけて、最後のドライブを実施します。
行き先は、私にとって長距離ドライブの原点である福島県会津地方にしようと思います。

21日早朝に鎌倉を出発して会津若松に行き、そこから只見線沿いの国道252号線に沿ってドライブします。ド田舎なので目立った観光スポットや見どころなどは特にありませんが、綺麗な山脈と森、小川、集落等を見て回ります。天候に恵まれれば、綺麗な星空も見れるかもしれません。
252号線で新潟まで出て、そこから高速深夜割引きで北陸道を関西方面へ進みます。

運行車両については、下記の通りです。
DSCN1322.jpg

DSCN1325.jpg
関西地方の某レンタカー会社が運用する2007年式のMJです。現在は非公開ため、レンタカー会社の名前は伏せます。
エアロミディMJは1988年に登場し、以来改良を重ねながら2007年まで販売されました。登場時は日野レインボー7Mや初代エアロクイーン等と言った車種と同世代で、特に初代エアロバスKとは全く同じデザインでしたが、それらが90年代で2代目にモデルチェンジしていく中、エアロミディはモデルチェンジせず、時代に合わせたマイナーチェンジはしながらも2007年まで初代のまま生産されました。
前面ライト類はエアロクイーンの2代目モデルチェンジに合わせて同じ部品に変更されましたが、運転台のレイアウトやダッシュボードの形状、外観の窓周りの形状など、1988年当時から全く変わっていない部分もあります。



DSCN1311.jpg

DSCN1315.jpg
座席は4列シートですが、この車は最大縦6列まで設定できるところ1列減の縦5列としているので、足元スペースが広く快適です。



DSCN1317.jpg

DSCN1318.jpg

DSCN1319.jpg
運転台は、フィンガーシフトとホイールパークブレーキ(ブシューンというエア音が鳴るサイドブレーキ)が装備されており、これはレンタカーとしては極めて貴重なものです。

当ブログでドライブの事前告知はあまりしませんが、今回はもしかしたら、最後の小型観光バス運転になる可能性があるため、報告しました。
トナカイレンタカーのメルファ7は昨年終了し、それに続くように関西某レンタカーさんも終了がアナウンスされました。
ネットで探すと、他にもMJやレインボー、メルファ7はいくつか見つかるものの、トナカイさんや関西某さんのような条件で貸し出してくれる所が、残念ながらありません。
というのは、保険内容が不十分だったり、距離制限があったり、排ガス規制に適合していなかったり、あるいは私が遠方で素性が不明だとか、使用目的が不適切(運転目的とか10人に満たない人数ではダメ)とか、そもそも常連限定で一般への貸し出しはしていないとか、様々な事情がありました。

結論、やはりもう自己所有しかないですね。w

| 未分類 | 23:48 | comments:2 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

誕生日

本日、11月1日で29歳になりました。
20代最後の年です。誕生日はおめでたいと言うけど、一歩一歩確実にオッサンに近づいてると思うと、年はとりたくないですね。



2016-11-01-4.jpg
江ノ島入口近くのパンケーキカフェで、平日の昼間からひとりバースデートゥーミー!



2016-11-01-2.jpg
ここ最近の出来事としては、江の島花火大会に行ってきました。花火大会=夏というイメージが強いですが、江の島では10月にやるのです。久しぶりにロードバイク乗ったけど、改めてスポーツ自転車の機動性を実感しました。自宅から片道15分、電車の混雑も渋滞も関係なし!



2016-11-01-1.jpg
花火大会前の夕焼け



2016-11-01-3.jpg
あと、東京の築地市場に初めて行きました。築地が移転するとかしないとか言ってるので、今のうちに行ってきました。

| 未分類 | 21:23 | comments:4 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

近鉄の高架駅で車掌飛び降り事件について

ニュース見てなかったのと、2泊3日の旅行が重なったため、知ったのが昨日ですが、21日に近鉄奈良線で人身事故による列車遅延、運休が発生し、一部の客が東花園駅で暴動のような状態になり、駅員や車掌などを複数で取り囲んで罵声を浴びせる事態になって、追い詰められた車掌が発狂して叫びながら線路を走ったあと、そのまま高架駅から地面に飛び降りて重傷という事件があったそうです。
会社の同僚から話しを聞いて、昨日知りました。

この車掌さんに対し、近鉄は「社内規定にのっとって車掌の処分を検討する」とコメントしたそうですが、これに対して「理不尽すぎる」として、車掌さんを擁護する活動が全国的に広がっています。私も早速、署名に参加しました。
私も接客業なので、理不尽なモンスタークレーマーには敏感です。私の会社で話題になったように、おそらく全国の運送接客業(鉄道、バス、タクシー等)の職場内で語られてると思います。

何年か前にも名古屋市営バスで、運転士が年配者の対応をした為に出発が約1分遅れたことで、これにイラついたオッサンが運転士に絡んで、キレた運転士がジグザグ運転をしたあと急停車し、そのまま職場放棄する事案がありました。

高架駅から飛び降りたとか、バスで職場放棄したという行為について、肯定はしません。そこは我慢しなければいけないのだと思いますし、現にサービス業(旅客運送業を含む)に従事する人は、常識じゃ考えられないメチャクチャなクレームに対しても、みんな我慢して対応しているのです。

しかし、誰かがこういったストライキ的な行動を起こすことで、そこで初めてメチャクチャなクレーマーの実態が世間に露呈するのも事実です。なので、飛び降り自体を肯定はしませんが、それに対して処罰するとかいう事に対しては、この車掌さんを擁護したいと思います。そういうわけで署名に参加しました。

電車の運休や遅延はよくある事ですが、今回の事件があった東花園駅では暴動のような状況になっていたそうで、ネット上にあがっている目撃情報によると、改札やホームで複数の客が職員を取り囲んでは罵声を浴びせ、「代行バスを手配しろ!」「タクシー代を出せ!」「どう責任とってくれるんだ!?」等と執拗に迫ったり、駅員のネクタイを掴んで引っ張る等の行為が見受けられたそうです。
しかし、私もかつて電車通勤だったので人身事故による足止めは何度も経験しましたが、集団が職員を取り囲んで罵声を浴びせたり、ネクタイを引っ張る暴動みたいな状況は見たことがなく、あまりの状況にスマホ等による多数の動画撮影がおこなわれ、それがテレビのニュースやyoutubeにも上がってました。
https://www.youtube.com/watch?v=sUmgchN76Z8
https://www.youtube.com/watch?v=_hCLg54mO-k

40年前の上尾事件のように、国鉄職員の対応が悪くて暴動に発展することはありますが、今回の事件では近鉄職員の対応が悪いという事は、おそらくないと思います。
私も接客業に従事する身として、いつ大きなトラブルや事件に巻き込まれるか不安な部分もあるので、今後は自分を守るためにも法律や過去の事例を勉強する必要があるのかもしれません。

| 未分類 | 19:43 | comments:1 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

速度計の誤差を調べてみた

2017/03/01:改訂

現在のクルマの速度メーターは、実測よりも若干高めに表示されるので、その誤差を知るにはGPS速度計(スマホアプリのほか、レーダー探知機に内蔵されていることも多い)と比べればだいたいわかります。

スマホアプリのGPS速度計で、ありとあらゆる乗り物の速度計と比べたところ、下記のような結果になりました。
私のロードバイク(自転車)のサイコン 誤差なし
電車(103系、201系、223系、E233系)運転台の速度計 誤差なし
軽自動車(タントカスタム)の速度計 プラス5km/hほど
普通乗用車(アルファード)の速度計、プラス5km/hほど
小型観光バス(日野メルファ7)の速度計 プラス5km/hほど



おおむねまとめると、自転車のサイコンと電車の速度計は誤差がなく、クルマではプラス5~10km/h程度高めに表示されるようです。

スピード違反で捕まったとき、「30km/h以上はオーバーしていたのに24km/hで済んだ!オマケしてくれた!」というケースがありますが、実際は速度計の誤差だったのかもしれませんね。
かつて自転車乗りだった私は、ロードバイクの巡行速度相場は速くても40km/h程度と認識していますが、クルマで追跡してみると50km/h近く出ているのがザラにいたり、普段着でクロスバイク乗ってる女性が普通に30km/h超えてたり・・・、これもクルマと自転車の速度計誤差ですね。

クルマの場合、ノーマルタイヤよりも冬用タイヤのほうが外径が大きくなるらしく、また同じタイヤでも消耗するにしたがって外径も減っていくため、タイヤ外径が変われば当然、速度メーターの誤差にも影響します。
そのため、タイヤ交換によってメーター表示が実測を下回ることのないよう、あらかじめメーターは5km/h程度、高めに表示されるよう設計されているようです。

自転車用サイコンの場合は、タイヤの外径を巻尺で測って、その数値をサイコンにミリ単位で入力する方法をとっているため、誤差が出ないんだと思います。この仕組みのため、タイヤ消耗による外径の変化に対してもミリ単位で対応可能です。

個人的には、クルマの個体によって速度の誤差が異なるというのは嫌だし、高速道路で100km/hで走ってるつもりが、他のクルマにとっては98km/hしか出ていないとか、スピード違反で捕まるときも、メーター読み130km/hで実際の違反が122km/hだったり125km/hだったりするのも嫌なので、実測と全く同じにしてほしいですね。
自転車と同じく任意で微調整できる仕組みにして欲しいですね。

| 未分類 | 22:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

燃費のお話

来週またバスドライブを予定していますが、メルファ7等の小型観光バスは、コースター等のマイクロバスよりも燃費がかなり悪いのが悩みです。
6ATのコースターなら7km/L走るけど、メルファ7は年式が10年前という事もあって、マニュアル車で5.0km/L、AT車だと4.5km/Lくらいですが、郊外の一般道では6km/L近く出ます。
車両総重量は4トントラックと全く同じなのですが、4トン車はエンジン(高馬力、標準馬力)が選べるのに対して、小型観光バスは高速長距離走行をあまり想定していないようで、標準馬力の設定しかなく、そんな非力なエンジンで高速バスみたいな運転をすると、一般道よりも格段に燃費が悪くなります。大型トレーラーみたいに80km/h以下で走らないと良い燃費が出ないのです。

こんな話しを会社の人にしていたら、こう言われました。
「オレの水上バイクと同じくらいじゃん!」

趣味が水上バイクだそうですが、ガソリンエンジンでなんと最高5km/L程度しか出ないらしい。運転の仕方によっては3km/L以下になることもあるそうです。
船の燃費なんて考えたこともなかったけど、陸上交通では二輪車に相当する水上バイクで最高5km/Lって、じゃぁ同じく個人レベルで所有しているプレジャーボートや、さらには大型船はどうなるの?と思ったので、ネットで軽く調べてみました。

結論から先に言うと、同じ船でも運転方法によって倍以上の差が出るため、一概には言えませんが、とりあえずまとめると、
個人レベルで所有しているプレジャーボートの燃費は、軽油使用で1~2km/L程度だそうです。スピードを出すと1km/Lを切ることも。大型トレーラーよりも燃費が悪いですね。

私が観艦式で乗った護衛艦は5000トンでしたが、このクラスだと数十メートルだそうです。このクラスになると、軽油よりもさらに安くてパワーがある重油を使用するのが一般的ですが、自衛隊の艦艇は燃料統一の観点から船の大きさを問わず軽油を使用しているため、重油を使用する民間船よりもさらに燃費が悪くなると思われます。ただし、重油よりも軽油のほうがクリーンなので、環境には優しそうですがね。

1万トンクラスのフェリーになると、数メートルだそうです。ただし、速度を落とすことで燃費は何倍にも伸びるらしく、一概にいくつとは言えないようです。

大型船はともかく、個人レベルで所有している水上バイクやプレジャーボートの燃費って、クルマしか運転したことがないオレらにとっては別次元の消費量ですね。という事で、個人で二階建てバスを所有しても、プレジャーボートよりは燃費がいいという事を学びました。w

| 未分類 | 15:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

| 未分類 | 13:45 | comments(-) | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ガソリンスタンドの最悪詐欺スタッフ

去年の3月に、ガソリンスタンドで押し売り営業する輩(やから)という記事を書きましたが、今回それで最悪のケースが発生しました。シナジーJCBカードというものに知らずに契約してしまいました。これ、年会費2160円とられるクレジットカードです。

6月21日、東大阪市のエッソで給油しようとしたところ、20代前半の男性店員が近づいてきて、またいつもの押し売り営業を仕掛けてきました。
とりあえず話しを聞くと、「これに入会すればガソリン軽油がリッター10円引きになります。」 「もちろん入会金はかからない、無料です。」 「今入会して頂ければ、特典は即有効なので今からやる給油も10円引きになります。」 「お名前とご住所を書くだけで入会できるので、是非。」 「絶対お得なので。」と説明されました。
リッター10円引きというのは確かにお得だし、簡単な登録だけだと思って軽い気持ちで入会しました。(名前と住所を書いただけ)

そして昨日7月3日、書類が届いてあけてみると、登録内容に不備があり、支払い方法と暗証番号を設定しろという内容でした。この書類で初めてクレジットに入会したんだと知りました。入会の条件として「安定した収入がある人」とも書いてありました。登録に不備があるって、そりゃ当たり前です。名前と住所しか書いてませんからね。

当日すでに特典を使ってしまったので、退会するにも一旦は口座を登録して清算しなければいけないようです。

クレジットカードの入会は慎重に検討して、様々な同意事項にサインして契約すると思いますが、このように口頭で騙すように勧誘して誘導する詐欺スタッフに怒りがこみ上げました。リッター10円引きというのも、利用金額に応じて最大リッター10円引きであって、無条件で10円引きではありません。勧誘を受けた当日の給油がリッター10円引きになったのは、スタッフの裁量のようです。

カードについては、クルマを所有して頻繁にドライブする人にとっては確かにお得な設定ですが、私は年に数回レンタカーを借りる程度なのでほとんど値引きはなく、年会費だけがかかってしまいます。なので、スタッフが言っていた「絶対お得なので」は嘘、詐欺になります。
まして、年会費2160円かかるとも言われてません。

このように半ば騙して入会させて、もしオレが「クレジットってな~に?」みたいな常識知らずだったらどうなるのでしょうか?(実際、20歳の時点ではマジでこうだった。)
あるいは送られてきた書類に気付かず、料金も発生してるのに所定の手続きをせず放置したらどうなるんでしょうか?こうして何も知らずにトラブルに巻き込まれる人も出てくるんじゃないかと思います。

エッソさんは軽油が安いので好んで利用してますが、今回このような詐欺スタッフに遭遇したのは非常に残念です。
また、私が世間知らずで簡単に騙されてしまうことにも問題があると改めて認識させられました。世の中、騙しや詐欺が横行してますね。

| 未分類 | 20:48 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ガソリンスタンドで押し売り営業する人

▼セルフ式ガソリンスタンドでは、いつも不愉快な事がある。給油機のノズルを手に持って給油作業中に、20代くらいの店員が近付いてきては、押し売りまがいの営業や勧誘をするのだ。

▼「マフラーが汚れてますねぇ。エンジン洗浄剤をお勧めします。」「オイルを点検しましょうか。」「エンジンルームを点検するので開けて頂けますか?」「タイヤが減ってるので交換しましょうか。」「ワイパーが劣化してるので交換しましょうか」

▼いつも適当に理由をつけて断るのだが、毎度同じことを繰り返されるとウザイの極みだ。だいたいタイヤ、オイルの交換はオー〇バッ〇スのほうが安い。ワイパーの交換なんぞ自分で出来る。しかし店員も売上ノルマを課せられて必死なのだろう。

▼ここはセルフ式のスタンドだ。余計なお世話はいいから、以前のように店員が給油してくれたほうが客にとってもありがたいではないか。それもせずに若手従業員へノルマだけ押し付け、給油作業で身動きとれない客に対して、押し売りまがいの営業行為をするのだ。客も店員も嫌な思いをして、会社(経営者)だけが暴利を貪ろうとする実態を憂える今日この頃。

| 未分類 | 21:58 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

神奈川で積雪

何年ぶりですかね?
こんなに積雪したのは。

DSCN1296.jpg
DSCN1298.jpg
この環境下で買い物に行くため、ロードバイクで走りました。w
もちろんスピードは出せないので殆ど歩道走行か裏道ですが、雨具と長靴で防水装備をしていれば、歩くよりも自転車のほうがラクなんですよ。
ただし一日以上経過して再凍結したアイスバーンは、滑るので自転車やバイクは無理ですが、積雪した直後のサクサクした雪は滑らないので自転車のほうがラクです。

| 未分類 | 15:59 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

関越道ツアーバス事故について

4月29日に関越道の藤岡JCT付近で、乗客7人が亡くなってしまう痛ましい事故が発生しました。
報道を見てると、バス会社や運転手ばかりを責めるものが目立ちますが、本当にそれでいいのでしょうか?

近年は利用客のニーズに応えた格安バスが多数運行されており、今回の事故も、同区間を運行する高速路線バスの半値以下という、格安ツアーバスだったそうです。
ツアーバスと高速路線バスの違いは今回は省略しますが、常識では考えられない破格の安さというのは、企業努力と言えば聞こえはいいですが、その裏で、安い賃金で休みもなくコキ使われている労働者がいるのです。

そりゃ、利用者にしてみれば安いに越したものはないですが、そこで働いてる人達の給料が下がれば、その人たちは下がった分の給料をカバーしようとして、残業や休日出勤を増やすしかありません。
ひどい書き方になりますが、一般の事務職や工場労働者が過重労働をしても、その人が苦しむだけで消費者の知ったところではないですが、バス運転手やトラック運転手が過重労働をすれば、本人だけでなく周囲にも危険を及ぼします。

事故の直接的な原因は、安全軽視で無理な運行するバス会社と運転手かもしれませんが、それを押し付けたのは旅行会社です。では旅行会社はなぜ無理な運行を押し付けたのかと言えば、利用客のニーズとして「1円でも安く!」というのがあったのではないでしょうか?
こう考えると、今回の事故はバス会社や運転手だけの責任ではなく、消費者を含めた社会全体の責任だと思います。
安いだけで飛びつく消費者が減らない限り、今後もブラック企業はなくならないと思います。

| 未分類 | 18:32 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

Flight Simulator X

PCゲームソフトを買いました。
航空機の操縦ゲームで、フライトシミュレーターXというモノです。
ボーイング747-400等の旅客機から、単発や双発のプロペラ機、一昔前のプロペラ旅客機、ヘリコプターなどがあります。


ベイブリッジ
B747-400で横浜ベイブリッジの下をくぐった。w


フライトシミュレータ
同じくB747-400で高度10000フィート(3000M)から東京湾を見る


フジテレビ
フジテレビ


FSXエッフェル塔
エッフェル塔。


FSX 会津宮下駅
福島県のド田舎である会津宮下駅周辺ですが、さすがにここまでは立体再現されていません。
しかし、実際の衛星写真をそのまま地面に描いているようで、只見線の線路や平行する国道252号線は、実際の通りに「描いて」あります。左側は只見川です。


FSX 沼沢湖
会津宮下駅から近い沼沢湖です。実は次回のメルファ旅行で再び会津地方に行く計画を立てているので、ゲームの中でちょっと行ってみました。w


FSX 只見川
沼沢湖へ行くには、左下に見える七曲り道路を通らなければいけません。くねくねと曲がった急道をメルファ7で上っていく予定です。


上記みたいな日本のド田舎は衛星写真を地面に描いただけですが、主要都市や有名リゾート地はリアルに立体再現されています。

| 未分類 | 21:35 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

ツーリングに必要な物

一日100km以上の距離を走るツーリングをするには、手ぶらで出かけるわけにはいきません。
ツーリングに必要な持ち物は人それぞれ異なるので、一例として私の場合を書いてみます。

ヘルメット
私の場合、夏は被りません。理由は単に暑いからです。炎天下では頭部はノーヘルでも汗だくになるので、少しでも通気性をよくするために被りません。これについては賛否両論あるので、自分が正しいと思う考え方を実行してください。

アイウェア
私は夏は使いません。ただし冬は必要不可欠です。冷気が目に当たると涙が出てきて、それを汚い手でこすると目に細菌が入る原因になります。また涙が出れば視界不良にもなります。冬は必ず装着しましょう。
身分証は万が一の事故のとき、警察に事故証明を取ってもらうときに使います。

箱ティッシュ
私のような鼻炎体質の人には必要ですが、必要なければなくても良いでしょう。

食料と水分
主にカロリーメイトやパンですが、コンビニ等で買える物はなるべく現地調達にして、家から積んで行く物は最小限にしたほほうがいいです。ただし、山や林道に入ったら店などありませんので、そういう場合も想定しておきましょう。飲料は主にポカリと水ですが、ポカリと水をバランス良く飲む必要があるので、両方準備しましょう。

携帯電話
万一の事故や遭難のときに必要です。

スペアチューブ
万一のパンクのときに使います。パンク修理と言えば一般的にチューブを取り出して穴をパッチで塞ぐ手法がありますが、出先ではそんな事やってられません。チューブごと新品に交換したほうが効率が良いです。パンクしたチューブは帰ってから修理しましょう。

ヘッドライト、テールライト
言うまでもありませんね。前を照らす白色に発光するライトと、後ろに照らす赤色に発光するライトをそれぞれ装着しましょう。なお赤色ライトを前方に照らすのは道交法違反であり、絶対にやめてください。前は白、後ろは赤と法律で決まっています。

サイクルコンピューター
自転車の積算距離(ODO)、走行距離(TRIP)、平均車速、速度、ペダル回転数、乗り手の心拍数などを計測する総合的な計測装置の事です。通常画面では速度と回転数を表示し、画面の切り替えでその他の計測値も表示できます。
上記の機能を全て備えたモノでは6000円以上の高い物になりますが、安いサイコンは1000円からあります。そのぶん機能も少なめですが。

方位磁石
峠道や林道で迷ったときに役立ちます。

フレーム飲料ボルダー
走行中は水分を頻繁に補給するので必要不可欠です。信号待ちなどの隙に飲んだり、周囲が安全なら走りながら水分補給もします。水分補給を怠ると熱中症になったり最悪の場合、命に関わります。必ずフレームに飲料をセットし、必要なときにすぐ飲める体制をつくっておきましょう。


DSCN0084.jpg

| 未分類 | 01:05 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

>> EDIT

人気記事

特にアクセスが多い人気記事や、主要記事をまとめておきます。

シマノのロード用コンポとMTB用コンポの互換性 大人気!
日野メルファ7の運転(ド素人のための運転解説) 大人気!
バス用の補助ミラー
高速バス乗車中に運転手が気絶した場合の対処法
『劇場版ハヤテのごとく!』の舞台探訪(聖地巡礼)

| 未分類 | 00:00 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

暗闇のゴーストタウン

ここ数日、地域ごとの計画停電が実施されていますが、夜間に灯りの一つもない市街地は初めて見ました。
この状況でロードバイクに強力LEDライト(単三x4)をつけて、藤沢・鎌倉を走り回ってみたけど、やはり自転車のライトでは照らせる範囲に限度があり、そこを時速40キロで走るのは、夜間の箱根を下るのと同じくらい危険が伴いました。

それにしても、マジでゴーストタウン!って感じでしたね。
さすがに駅周辺は人や車が行き交うものの、少し駅から離れると人も車も少ないので不気味ですね。
家も全て電気が消えてるので、リビングの真ん中に懐中電灯を置いているお宅が見受けられました。
そんな場所を一人ロードバイクで走っていると、なんというか、世紀末を感じました。

| 未分類 | 22:40 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

現況報告

未曽有の大災害から数日が経過して・・・、
ガソリンスタンドがどこも売切れで閉鎖しているので会社のクルマが走れない。よって仕事にならない。
帰宅してからロードバイクで藤沢や鎌倉のスーパーを回ってみたものの、トイレットペーパーがねえ!米がねえ!卵がねえ!納豆もねえ!食パンもねえ!と思ったら深沢のローゼンで辛うじてロールパン発見。大船のヨーカドーで卵を発見。しかしトイレットペーパーはどこにもねえ!

一方で友人や知人たちは、ガソリン節約のためクルマやバイクが使えず、止む無く遠くのスーパーまで日用品を求めて自転車で慣れない長距離走行を強いられているそうです。
それに比べたら私は自転車が趣味で、ロードバイクで普通に時速30km/hを1時間維持できるので、ガソリン無しで原付並みの移動能力がある事をみんなに自慢できますが、そんな事したらみんなの分の買い物まで全て押し付けられそうなので、やめておきます。

とにかく、生活物資の確保に苦労してます。
トイレットペーパーどうすんだよ!って感じです。
それでも現地の方々に比べたら・・・、と考えると、文句や愚痴を言っている場合ではありません。

| 未分類 | 21:03 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

ブログ開設

ブログ開設しました。
まだ使い方がよくわからず、写真を掲載する方法から模索している状況です。
私の趣味のブログとして、自転車(ロードバイク)、鉄道、バスを中心にやっていこうと思います。
よろしくお願いします。

| 未分類 | 17:02 | comments:2 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |