FC2ブログ

湘南ロードライン

| PAGE-SELECT | NEXT >>

>> EDIT

研修3回目(過去の事故映像)

入社初日はコ ロ ナの影響で本社での入社式が中止になり、代わりに営業所の会議室で辞令授与と労働条件の説明。
2日目は就業規則と会社の説明。
そして本日3日目。

午前中は自社バスのドラレコ事故映像を30件ほど見せられたのですが、これがまた衝撃的でした。
以前のタクシー会社の定期研修でも同じようなドラレコ映像を見せられるけど、事故の内容もタクシーとよく似ていて、左折よりも右折での事故が多いこと、右折時にフロントピラーに歩行者が隠れて横断歩道で人身事故になるケースが多く、特に大型車はフロントピラーが太いので死角が大きく、右折時は頭を振って横断歩道の確認を念入りにする事と、右折時にスピードを出さない事を学びました。
他にも衝撃的な事故映像やヒヤリハットが沢山上映されたけど、ここでは割愛します。

午後からはノンステのエルガを使って車椅子とスロープの練習をやりました。スロープはJPNタクシーよりもかなり簡単で、出して広げて架けてピン1本を差し込むだけ。JPNもこれくらい簡単ならいいのに。
ただ、ベルト類の固定はJPNと同じくらいの手間で2~3分くらいかかりました。実際の運行ではダイヤの遅れを気にして、ベルトをしないまま車椅子のハンドブレーキだけで運行してしまうケースも多いそうですが、万一その状態で急ブレーキ車内事故になった場合は運転士の重大責任になるので、やはりベルトはキチンとしましょうとの事でした。
で、特に朝の通勤時間だとベルトの作業中に他のバカ客から罵声を浴びせられる事も1度や2度ではないらしく、客層の悪さはタクシー同様に苦労が絶えないようです。それで多大なリスクを負いつつベルトを省略してしまう運転士さんも多いのだとか。

次に、非常口の開閉方法。
まず非常口のカバーを開けると運転席で警報が鳴る事を学び、そしてカバーの中にあるレバーでドアを開けることができるのです。
非常口と言えば、2018年にリエッセのレンタカーでエライ目に遭ったのも記憶に新しいですが、構造的にはリエッセもエルガも全く同じでした。ただ、リエッセのほうは構造変更か何かで非常口を封印していたらしく、それを知らずに開けてしまったので、壊れたんですね。

という訳で、本日の研修は17時で終わりました。研修中は9-17時の日勤で土日休みが続きます。



2020-04-21-32.jpg
今日のお昼。朝食抜きだったので大盛りにしたけど、乗務始まったらトイレの自己管理もしなきゃいけないので、こういうのも今だけですね。



2020-04-21-26.jpg
コ ロ ナの影響で、今月放送予定だったアニメが次々と延期になりました。リゼロとSAOは現時点で7月予定になってるけど、これだって夏までに終息するとは思えないから、さらに延期、延期を繰り返す可能性もあるし、最悪、いずれかの作品の中から中止が出てしまう可能性も、はぁ・・・。



2020-04-21-18.jpg
この時間の八幡宮は誰もいません。このように、人が全くいない場所限定なら散歩しても問題ないと個人的には思ってますが、Twitter等を見てると一人で散歩や釣り等もヒンシュクを買ってるようなのでみだりにSNSに投稿すると炎上しかねない。でも近所のコンビニ以外は一切家から一歩も出ない、なんて生活を何ヵ月も続けたら体壊しそうですね。
スポンサーサイト



| 未分類 | 21:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

とあるバス会社の採用試験

2020-02-20-1.png
上記は、とあるマンガでやっていたネタですが、それはいいとして・・・。
転職活動のため、あるバス会社の運転士採用試験を受けてきました。受験者数は17人前後だったと思います。

まずは筆記試験(一般常識)
四字熟語とかことわざとか10問ほど出ました。
三人寄れば文殊の知恵 とか、赤子の手をひねる とか、恐悦至極 とか、百花繚乱 とかね。
まぁ、試験案内にも書いてあったけどあくまで「一般常識」の筆記試験ですから。
試験が終わって他の人と話すと、「3問わからないのがあったんですよ~」「えー?、オレ半分しかわかんなかったっすよ~」という会話が飛び交う中、自分はどうなのかと言うと、一つたりともわかりませんでした。10問出された四字熟語とことわざ、10問すべてわかりませんでした。
選択問題だったので、とりあえず適当に選んでおいたけど、知らない四字熟語でも選択肢からして間違いなく引っ掛けというか、知らない人は100%それを選んじゃうような選択肢があったわけで、例えば「〇肉〇食」という出題があって、選択肢に「焼肉定食」があるようなものですよ。
わからないながらも、こういういやらしい選択肢があって、それしか選べないみたいな状況だから、冒頭みたいに「お肉お食べ」とか、四字熟語すら崩壊させるような斬新な回答でもしてみたくなりますね。

筆記試験は他にも、交通法規、算数、あと全国の観光地の都道府県を答える出題もありました。観光地は10問のうち実際に行ったことがある3問しかわからず、これで筆記試験は交通法規だけなら60点、それ以外の項目はたぶん10~20点くらいかな。


次に実技試験
路上はなく、営業所内でバック車庫入れを2回でした。コースはギチギチに狭く、教習所の方向転換よりもかなり難しいので、受験者の8割くらいはポールに接触しましたね。もちろん私も含めて。
それよりもミラーの安全確認、リアオーバーハングの確認とか、とにかく安全確認してるよアピールを意識しました。
6MTのエルガは初めてだったけど、N位置は2と3の間のみで、これまた三菱系や日野観光系とは異なるんですね。


最後に面接
試験官2人と、受験者6人の集団面接でした。
今回たまたまだと思いますが、ほぼ全員がタクシー、トラック、バスのいずれかの経験があって、特にタクシーからトラックに行ってバスに行こうとしてる人、バスからトラックに行ってまたバスに戻ろうとしてる人など、様々でした。
という事で、他の人達の志望動機や職歴やらも聞けるわけですが、受験者の質の差が極端すぎるというか、前職会社がブラックだなんだと延々と批判しまくった人や、志望動機が「近隣の民間バス会社の中では待遇が一番良いからです!それ以外にありません!」ときっぱり言い切った人がいた一方で、別の人は爽やかな営業マントークで質問にも淡々と答える抜群のコミュニケーション能力で、もう1人も同様にコミュニケーション能力が高くてしかも観光バス経験者だったりと、本当に受験者の質の差が極端すぎて、私はと言うと、良くも悪くも真ん中という感じでした。
大手バス会社の採用倍率が概ね3倍だと聞いたことがありますが、仮にこの6人の中から2人を採用するとしたら、間違いなくコミュニケーション抜群だった1人と、バス経験者で感じのいい受け答えだった1人が採用されるでしょう。

私が質問されたのは、二十歳で最初に就職した(零細)企業はどのような会社でどんな業務をしていたのか、次に転職したタクシー乗務員について、なぜタクシーをやろうと思ったのか?タクシー乗務員という仕事の中で、良かった事と大変だった事は何か?バス運転士にとって大切な事は何だと思うか?
そして志望動機を聞かれて、少々突っ込まれました。〇〇さんのお住まいなら、〇〇バスが一番近いですが、なぜそこではなく弊社なのですか?という感じで質問されました。御社の運転士さんはタクシーにも積極的に進路を譲ってくれる優しい方ばかりで社風が何たらとか無理矢理こじつけて胡散臭いこと言って、すると試験官は「はい、わかりましたありがとうございます。」と言って次の人に移りした。まぁ自分で言ってて、やはり志望動機が胡散臭い上に薄っぺらいとつくづく思うけど、これが自分の限界かな。
一方で他の人からは前会社の悪口とか、志望動機は待遇が良いから!それ以外にない!とか、面接ではご法度な発言も飛び交ったわけで、これたぶんいい感じだった2人しか採用されませんよ。

まぁ初回だし、この会社は再受験ができてそれで内定した人もいるとの事なので、一般常識を勉強して運転実技を練習して志望動機を練り直したら、また受けに行くかな?

| 未分類 | 18:22 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

福岡県飯塚市のプリウス暴走動画について



Twitterで物議を醸したこの動画ですが、その後の報道で場所は福岡県飯塚市、車種はプリウス、運転していたのは60代男性で、最初の事故で別の人からガソリンスタンドへ移動するよう誘導されたものの、パニックを起こして何度もバックと前進を繰り返した挙句、ガソリンスタンドの給油機に衝突したとの事です。
何年か前にも、同じ福岡でプリウスの個人タクシーが暴走したり、ネット上で「上級国民」と散々叩かれている池袋の暴走事故もプリウスでしたね。

プリウスそのものをディスりたくはないのですが、実際に私も何度か運転して、あの独特のシフト操作はどうにかして欲しいですね。前進、バック、エンジンブレーキ、ニュートラル、全ての操作が独特で、駐車時のパーキングレンジは独立したボタンになってるという、慣れないとかなり操作しづらいです。
同じトヨタハイブリットのJPNタクシーは、昔ながらの乗務員に配慮したのか、従来と同じく一本のレバーで操作し、パーキングもレバーの一番上なのですが、特にパーキング操作は安全上もっとも大事なので、操作を統一したほうがいいですね。

ペダルの踏み間違いなんて普通起きない、等と他人事に考える人は私の周囲にも多いのですが、現にこういう事故が何度も起きてる以上、明日は自分かもしれないと思ったほうがいいです。
右足の操作を誤って暴走したとき、あるいは足がマヒする等でペダルが操作できないとき、すぐにパーキングに入れる、という事を私は常に意識しているのですが、稀にプリウスを運転すると、駐車時にPレンジの操作で1秒、あるいは0.5秒ほど「あれ?Pどこだっけ?」となります。より正確に言うと、独立したPボタンを忘れて、シフトレバーのP位置を1秒あるいは0.5秒ほど考えてしまうのです。
これは緊急時に反射的にPレンジの操作ができないという事を意味してるので、これでパニックになったら、Pを探しながらシフトレバーを適当に操作して、そりゃバックだの前進だの暴走しますね。だってシフトレバーにPがないんですからね。

そういえば三菱ふそうのバスも排気ブレーキの操作が逆で、稀にMJとか運転すると間違った操作をするんですよね。
ブレーキに関しては法規制で操作を統一するべきだと個人的に思います。全てのトヨタハイブリット車で、JPNタクシーと同じシフトレバーを装備したほうがいいと思うのです。

| 未分類 | 00:56 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>