FC2ブログ

湘南ロードライン

>> EDIT

【特集】最小回転半径

最小回転半径とは、ハンドルを一杯に切って旋回した際に、外側タイヤの中心が描く円の半径のこと。
タイヤよりボディが突出している車種は、最小回転半径の道幅でUターンすることはできない。

という事で、小回りが利くクルマランキングというか、あらゆる車種の最小回転半径を比較してみます。



2019-10-11-3.png
①:いすゞ エルフ(小型平ボディ)
最小回転半径:4.5m




2019-10-11-4.png
②:トヨタ ハイエース(標準ボディ)
最小回転半径:4.9m



2019-10-11-5.png
③:トヨタ クラウンコンフォート
最小回転半径:5.1m




2019-10-11-9.png
④:トヨタ ノア
最小回転半径:5.5m


上記①~④は全て小型自動車(4ナンバー、5ナンバー)の規格でフルサイズ、つまり上記4車種はすべて車幅1.7m、全長4.7mのサイズで作られています。同じボディサイズなら、トラックがダントツで小回りが利くという事ですね。
また、①~③は後輪駆動車ですが、④のノアのみ前輪駆動です。一般的に、前輪駆動のほうがハンドルが切れないため、同じボディサイズでもハイエースやクラウンコンフォートと比べると、ノアの小回りは利かなくなってしまいます。これが前輪駆動のデメリットですが、一方で後輪駆動のデメリットは、クラウンコンフォートのようなFR車の場合、シャフトを通すため床を平らにする事ができず、足元スペースに非常に邪魔な出っ張りができることです。タクシー乗ったことある方ならわかると思います。



2019-10-11-8.png
⑤:日産 エルグランド
最小回転半径:5.7m




2019-10-11-2.png
⑥:日野 リエッセ(RX系)
最小回転半径:5.8m



DSC00153.jpg
⑦:日野 メルファ7(CH系)
最小回転半径:6.3m




2019-10-11-7.png
⑧:日野 セレガハイデッカーショート(9m)
最小回転半径:6.3m




2019-10-11-6.png
⑨:トヨタ コースター(7m)
最小回転半径:6.5m


⑤エルグランドと⑥リエッセの最小回転半径は、0.1mしか差がないそうです。ただ、リエッセは前扉付きでフロントオーバーハングが長いので、実際のUターンにおいてはリエッセのほうが大きく道幅をとると思います。それでも、同じ7mマイクロで⑨コースターと比べると、リエッセの小回り性能はダントツで、7mサイズながら普通車専用の駐車場でも普通車感覚で取り回しが利いたのを覚えています。
次に⑦メルファ7と⑧セレガハイデッカーショートですが、ボディサイズは全く違うのに最小回転半径は同じだそうです。挙げ句には、コースターよりもセレガ9mのほうが最小回転半径が小さいという・・・。
ホイールベースを比べると、メルファ7が3.7m、コースターが3.9m、セレガ9mが4.2mとなっています。
ちなみに他の9mバスの最小回転半径は、エアロエースショートタイプ(9m)が7.2m、メルファ(9m)が7.4m、ポンチョが7.7mとなっています。
最後に、ここでは最も最小回転半径が大きいコースターですが、他の前扉付きバスと違ってフロントオーバーハングの出っ張りがないので、実際の運転でそこまで不利になるという事はないと思います。
スポンサーサイト



| バスの知識 | 23:43 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

田沢湖ドライブ

8月のコミケ直後に18きっぷで東北本線全線及び旧東北本線の三セク線も含めた東京~青森を乗車、そして津軽線で三厩まで行きました。
8月下旬に引退直前の奈良支所105系に最後の乗車をしました。
9月前半に田沢湖ドライブに行きました。
9月後半に新潟ドライブに行きました。

という事で、2ヶ月間のブログサボりで4件の旅行レポートが溜まってるわけですが、写真編集を伴う旅行レポートはついサボりがちですね。
ひとまず今回は、9月7日(土)から9日(月)にかけて行ってきた田沢湖ドライブのレポートです。


朝9時に藤沢のレンタカー店舗を出発。今回の使用車両は日産キューブです。notteco募集については今回、秋葉原~盛岡を設定したものの、昼行便という事もあってか応募はゼロで完全に一人旅になりました。夜行便に変更できないかという問い合わせが一件あったので、やはりnottecoは夜行中心ですね。
東北道では雨に降られながら、ひたすら北を目指します。前沢SAで前沢牛丼を食べて、盛岡南ICで高速を出ました。
この時点で18時、走行距離は藤沢から628kmになり、何とか盛岡まで無給油で走破できましたが、さすがにガス欠寸前なので給油したあと、洗車しました。雨の中を走ったので、翌日の観光ドライブは綺麗な車で行きたいですからね。
毎度お馴染みのゆっこ盛岡で宿泊。


2019-09-25-1.jpg

2019-09-25-8.jpg
翌日は田沢湖を見ました。想像以上に水が綺麗で、写真を拡大するとわかりますが何か小さい魚が泳いでますね。ここまで綺麗な湖は中々ないと思います。水は完全な淡水でした。
このあと湖を一周して、御座石神社を見たあと湖の向かい側にあるレストハウスで遅めの朝食にしました。


田沢湖をあとにして、秋田に行きました。道の駅岩城に立ち寄り、ケベックでカレーを食べました。2年前の秋田ドライブでも立ち寄った場所ですね。
日本海を南に向かって、鳥海山を登ろうと鳥海ブルーラインという道路を走りました。濃霧で景色は見えませんでしたが、晴れてる時にまた来たいですね。
酒田を通り過ぎて、日本海の日没を見ながらドライブをしました。
翌日は関東に台風15号が直撃するとの予報が繰り返し行われているので、元々は夜の仮眠をとったあと下道でゆっくり帰るつもりでしたが、仮眠はとらずに関越道を使って早めに帰る事にしました。このあと悲劇に見舞われる事も知らずに。


鶴ヶ島から圏央道を使って藤沢に向かう事を考えていたら、圏央道は強風で通行止めとの事。
下道で向かうにしても高速を追い出された車で渋滞すると確信し、八王子、相模原経由は諦めて結局、練馬まで行ってしまいまいた。薄々思っていた事ですが、この選択は大いに間違っていたわけです。

練馬を出る直前に首都高速は全て通行止めとの情報。そして練馬から一般道に入った途端に暴風が直撃。一般道で真っすぐ走るのも困難なくらい凄まじい暴風で危険を感じました。
そして大渋滞、1時間たっても1kmも進まず、たまらずUターンして別の道から行こうとするも、神奈川や都心に向かう道はすべて大渋滞。スマホやナビの地図と渋滞情報を駆使すると、神奈川及び都心方面に向かう道は全て全滅のようなので、空いてる道を進んだ結果、東京駅のほうに出たものの、そこから先は渋滞情報で全ての道が赤色表示。本当に神奈川に向かう道は全滅でした。
この時点でレンタカーの延着は6時間を超えると予想され、そうなるともう一日分(24h)の追加料金になるので、徹夜ドライブの過労も重なり、この時点で帰るのを諦めて東京健康ランドまねきの湯に入館。夜まで滞在してしまいました。

仮眠室で十分に休憩したあと、夜に出発したら道路はスイスイで藤沢のレンタカー店舗に22時40分に到着。13時間超の延着は前代未聞ですが、料金システム上6時間以上の延着は24時間の追加料金なので関係ないです。

台風15号が上陸するとは言っていたものの、ここまでひどい災害になるとは予想しておらず、都内の道では倒木や冠水を避けながらの運転になり、それが原因で渋滞が所々で発生し、路上には看板、テント類、植物が散乱していました。窓ガラスが割れた建物や、垂れ下がった電線も見ました。
冠水を突破しようとして水没しそうになってバックして戻る車も見受けました。

台風上陸するとわかってるのに当日の朝に帰ってくるなんてバカアホだと周囲の人から言われましたが、これが鉄道旅行なら中止したと思います。だけど今回はドライブだったし、レンタカーの都合もあってそう簡単には直前キャンセルはできないし、車だから道さえ選べば何とかなると思ってたんですよ。実際のところ、新潟から山梨を経由して山道を走って松田まで出れば、スムーズに帰ってこれたかもしれません。そこが今回の反省点ですね。



2019-09-25-10.jpg
今回のドライブですが、走行距離は1,572km。
燃料は約105Lの給油で、平均燃費は14.9km/Lでした。
細かい内訳を見ると、藤沢から盛岡まで高速移動した燃費は15.1km/L
盛岡から長岡まで田舎の国道をスイスイ走った燃費は16.2km/L
長岡から関越道で東京に入ったあと、5時間ほど大渋滞したときの燃費は12.8km/Lでした。
渋滞は労力と精神だけでなく燃料も無駄にしますね。

| ツーリング・ドライブ | 16:48 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

今まで借りたレンタカー総時間まとめ


日野 メルファ7
延べ21日間

日産 エルグランド
延べ12日間

日産 デイズルークス
延べ8日間

日産 キューブ
延べ8日間

トヨタ カローラフィールダー
延べ6日間

日産 ウイングロード
延べ4日間

日産 デイズ
延べ4日間

日野 リエッセⅡ
延べ4日間

三菱ふそう エアロミディMJ
延べ3日間

日野 リエッセRX系
延べ2日間


・1日=24hとして計算。
・他にも多数あるが、総レンタル時間が1日(24h)以下のものは省略。
・1位のメルファ7は2016年で終了しているが、504時間レンタルした事になり、2位のエルグランドを大きく引き離している。

| 車両図鑑 | 00:37 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

煽り運転と暴行に遭わないための自己防衛



茨城の常磐道の交通トラブルで、強制的に停車させて暴力を振るい、被害者が出血したという事件がありましたが、この映像が投稿されてから、愛知と静岡でも同一人物と思われる危険運転の映像が公開され、話題になっています。

危険運転や、まして暴力行為は論外ですが、こういう殺気だったキチ〇イドライバーは数百人に1人は混ざっているので、煽られるほうも被害者ヅラばかりするのではなく、自己防衛して欲しいと思います。
もちろん、煽られるのを100%防ぐのは無理で、私も煽られたことはあるし、以前もこのブログに書いた覚えがありますが、2013年には新東名で強制的に停車させられて相手が降りてきたので、路肩をバックで逃げた事もありました。長距離ドライブ、特に東名、名神の移動となると、必ず数回の煽り運転に遭遇します。

Twitterやネット上でもかなり多く指摘されていますが、一番いけないのには理由もなく追い越し車線を走り続ける事で、追い越し車線は追い越しが終わったらすぐに走行車線に戻らなきゃいけないのです。
それ以外にも、後ろで追い抜きたそうな車がいたらなるべく進路を譲るようにする、この2点を意識するだけで煽り運転の大部分は自己防衛できると思います。

ただ、意識していても煽り運転に遭遇してしまうケースもあります。
今回の映像でも、常磐道の件と、新東名のトラックの件では、被害車両がともに追い越し車線を走り続けているという指摘がTwitter等で多くあるのですが、映像だけでは本当に追い越し車線を走り続けていたのかどうか、よくわかりませんし、後から追加の映像が出て判明した事ですが、両方とも意味もなく追い越し車線を走り続けていた訳ではなく、走行車線に対して車間距離をとるため、すぐには車線変更できなかったようです。

煽られるケースとして自分がよく経験するのは

2019-08-14-2.png

上の図で言うと、黄色いクルマがオレな訳ですが、走行車線に入る余地が全くないんですね。せめて速度を上げようとしても、制限速度が80km/hの道路で、100km/hを超えて運転するのは物凄く捕まるリスクが高いんですよ。そして後ろの煽ってる車が、実は覆面パトカーで速度を上げた途端にそのまま検挙されたなんて話しもあるようです。覆面パトカーでも車間距離を詰めるケースはあり、それを煽りだと思って速度を上げると、まんまとハマるんですよ。
実際のところ後ろの煽り運転者があまりにも危険だと感じた場合は、走行車線に無理やり割り込んでしまう事もまぁあります。



次のケース、これも何回か経験し、そのうち1回は強制的に停車させられた事件があったケースですが
2019-08-14-3.png

これもよくありがちなニアミスで、これが原因で強制的に停車させられた事がありました。相手が降りてきたので、バックで逃走して事なきを得ました。
これを防ぐとなると、走行車線に対して大きく速度差をつける(大幅な速度超過)か、または走行車線に対して車間距離をとらずに割り込む、あるいは後ろの煽り運転者が左から追い越す事を想定して、あえて走行車線に戻らないという選択肢もあるかもしれませんが、難しいですね。


ただ、このように対策のしようがないケースは別として、「サンデードライバー」という呼び名に代表されるような、意味もなく追い越し車線をチンタラ走るとか、いつまでも隣りの車と横並びで並走する、合流で加速しないとかは、煽り運転を誘発するだけでなく、他の善良なドライバーにとっても迷惑なので、そこは皆さん意識して欲しいと思います。
番組で煽り運転を特集するなら、それ以前に煽られないための交通マナーもセットで特集して欲しいと思います。

| 道路交通編 | 15:47 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

検索フォームを追加

ブログ画面右側の部分に「サイト内検索フォーム」を設置しましたので、過去記事の検索に使ってください。

| 未分類 | 16:35 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>