FC2ブログ

湘南ロードライン

>> EDIT

広角ミラー、ペリスコミラー、補助ミラー

2020-05-02-1.jpg
バスのサイドミラーの上部にある横長の補助ミラーの使い方を研修で学びました。このミラーの呼び名って色々ありますね。
補助ミラー、広角ミラー、ペリスコミラー。

ペリスコミラーというのは、このミラーの製品名で、多くのバスに後付けされている商品です。私も実際に購入してメルファ7に取り付けた事があり、こちらの記事で特集しています。
先月入社したバス会社の研修では、広角ミラーと呼んでいて、左折時は左側の歩道や横断歩道の安全確認で重視します。しかし、ノンステップバスの場合フロントガラスの上辺が低く、私の長身な体格では行先表示機と干渉するので、下から覗き込む姿勢をとらないと見えないんですね。
以前のJPNタクシーを始め、運転時はこの体格が仇になるケースが多々ありますが、まさか大型バスでも仇になるとは・・・。ノンステでも現行のエアロスターやブルーリボンシティみたいに、ワンステ並みの車高&フロントガラス面積なら問題ないんですがね。でも残念ながらオレが配属される営業所はノンステエルガが8割近くなんだよね。


2020-05-02-6.jpg
広角ミラー(ペリスコミラー)が後付けの車では、このようにステーの上側に装着されているケースがあり、サイドミラーと間隔があくので確認ポイントが分散するという欠点があります。この写真はメルファ7ですが、観光バスの大きいフロントガラスならまだしも、路線バスでは行先表示機と干渉して完全に見えないとの事で、やはり確認するときは下から覗き込むような姿勢を取るのだとか。
ツーステ、ワンステでも見えないのに、ノンステで後付けミラーだと、もう完全に上に隠れちゃって見えない・・・。



2020-05-02-4.jpg
広角ミラーが標準装備されるようになったのは、おそらく2003年頃だと思いますが、それ以前はオプション装備だったようで、ハイデッカー車など死角が大きい観光バスでもサイドミラーしか付いてない車も多く見受けられました。実際に私も広角ミラーがない1999年式のメルファ7をレンタルして、運転でこわい体験をしたので、自分で買ってきて取り付けたりしました。
しかし、同じレンタカー会社の2004年式のメルファ7には広角ミラーが標準装備でしたね(一番上の写真)。



DSCN1131.jpg
広角ミラーが付いてないレンタカーのメルファ7用に買ったペリスコミラー。



2020-05-02-5.jpg
挙げ句には6年前に運転していた軽バン、日産クリッパーにも自作で広角ミラーを取り付けました。
スポンサーサイト



| バスの知識 | 00:58 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

研修3回目(過去の事故映像)

入社初日はコ ロ ナの影響で本社での入社式が中止になり、代わりに営業所の会議室で辞令授与と労働条件の説明。
2日目は就業規則と会社の説明。
そして本日3日目。

午前中は自社バスのドラレコ事故映像を30件ほど見せられたのですが、これがまた衝撃的でした。
以前のタクシー会社の定期研修でも同じようなドラレコ映像を見せられるけど、事故の内容もタクシーとよく似ていて、左折よりも右折での事故が多いこと、右折時にフロントピラーに歩行者が隠れて横断歩道で人身事故になるケースが多く、特に大型車はフロントピラーが太いので死角が大きく、右折時は頭を振って横断歩道の確認を念入りにする事と、右折時にスピードを出さない事を学びました。
他にも衝撃的な事故映像やヒヤリハットが沢山上映されたけど、ここでは割愛します。

午後からはノンステのエルガを使って車椅子とスロープの練習をやりました。スロープはJPNタクシーよりもかなり簡単で、出して広げて架けてピン1本を差し込むだけ。JPNもこれくらい簡単ならいいのに。
ただ、ベルト類の固定はJPNと同じくらいの手間で2~3分くらいかかりました。実際の運行ではダイヤの遅れを気にして、ベルトをしないまま車椅子のハンドブレーキだけで運行してしまうケースも多いそうですが、万一その状態で急ブレーキ車内事故になった場合は運転士の重大責任になるので、やはりベルトはキチンとしましょうとの事でした。
で、特に朝の通勤時間だとベルトの作業中に他のバカ客から罵声を浴びせられる事も1度や2度ではないらしく、客層の悪さはタクシー同様に苦労が絶えないようです。それで多大なリスクを負いつつベルトを省略してしまう運転士さんも多いのだとか。

次に、非常口の開閉方法。
まず非常口のカバーを開けると運転席で警報が鳴る事を学び、そしてカバーの中にあるレバーでドアを開けることができるのです。
非常口と言えば、2018年にリエッセのレンタカーでエライ目に遭ったのも記憶に新しいですが、構造的にはリエッセもエルガも全く同じでした。ただ、リエッセのほうは構造変更か何かで非常口を封印していたらしく、それを知らずに開けてしまったので、壊れたんですね。

という訳で、本日の研修は17時で終わりました。研修中は9-17時の日勤で土日休みが続きます。



2020-04-21-32.jpg
今日のお昼。朝食抜きだったので大盛りにしたけど、乗務始まったらトイレの自己管理もしなきゃいけないので、こういうのも今だけですね。



2020-04-21-26.jpg
コ ロ ナの影響で、今月放送予定だったアニメが次々と延期になりました。リゼロとSAOは現時点で7月予定になってるけど、これだって夏までに終息するとは思えないから、さらに延期、延期を繰り返す可能性もあるし、最悪、いずれかの作品の中から中止が出てしまう可能性も、はぁ・・・。



2020-04-21-18.jpg
この時間の八幡宮は誰もいません。このように、人が全くいない場所限定なら散歩しても問題ないと個人的には思ってますが、Twitter等を見てると一人で散歩や釣り等もヒンシュクを買ってるようなのでみだりにSNSに投稿すると炎上しかねない。でも近所のコンビニ以外は一切家から一歩も出ない、なんて生活を何ヵ月も続けたら体壊しそうですね。

| 未分類 | 21:02 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

>> EDIT

タクシー乗務員から路線バス運転士へ

世間では567ウイルス騒動がエスカレートし、外出自粛だのあらゆる産業が大打撃だの、もう戦後最大の危機的状況に日本だけでなく世界中が追い詰められている中、私はと言うと、正社員のタクシー乗務員なので勝手に休む事もできず、お客もいない閑古鳥が鳴いてるJRの駅に朝から夜中までひたすら留まり続ける仕事をしていますが、それも昨日12日付けで退職しました。
理由は567騒動という訳ではなく、新しい仕事が決まったからで、本当にいい時期に採用されて良かったと思ってます。

前回受けたバス会社の採用試験ですが、その後2次選考の健康診断を終えて、正式に内定となりました。
一応は大手の会社ですが、試験項目が少なく面接も一回だけ、履歴書送付から内定通知が送られてくるまで約1ヶ月という、中小企業並みの選考スピードで、存外あっけなく採用された感じです。
どこの会社かは非公開ですが、とりあえず地域的には今までタクシーをやっていた地域とほぼ同じです。

Twitterではかしけんさんを始め、多くのバス運転士さんと繋がりがあり、その勤務の過酷さやキツイという話しは沢山聞いています。どの会社もインターバル8時間のシフトが周3~4回はある、さらに会社によっては休みが月4日しかとれないとか、本当に大変な所もあるようです。
業界全体が合法ブラックだから運転士なんかなるものではないと語る経験者の方も多いですが、それを承知の上で、勤務体系や生活も把握した上で、今回バス運転士になる決意をしました。
やはり、タクシー5年もやってきて、今さら運転手以外の職種を探すなんてムリだし、それ以前にいくらホワイト業界であっても、好きでもない事を勉強して頑張って実績を上げるなんて、私にはできないです。コミュ障なので、一時的な一期一会の接客はできても、長期的な人間関係を築くのは大の苦手。そういう要素の多い観光バスやツーマン高速バスも私にとっては厳しいと思います。
私が年収300万円以上もらえる仕事は事実上路線バスか、あるいは都会まで出稼ぎでタクシーやるかしかありませんでした。でも東京でタクシーはやりたくないし、本気で稼ぐとなると実働時間やキツさはバスと大差ないし、それよりも地元で働きたい、という事でやはり路線バスですね。

実際のところ、専門学校を卒業してから、零細会社に6年、タクシー会社に5年いましたが、前者は手取り15万円固定でボーナスもなく年収240万円、これは悲惨でした。後者のタクシーは繁忙期に頑張れば手取り20万ちょっとはいくものの、閑散期は手取り15万円、年収にすると良くても280万円くらいで、人生で一度も年収300万円に届いた事はないんですよ。
そんなわけで、32歳なのに自分の車も買えずにレンタカーばかり、家賃も払えないので未だに巣立ちもできず親の家に住んでる訳ですが、今回初めて年収と言えるだけの給与水準を満たした会社に就職が叶ったわけです。

会社選びについては、ネットの情報のほか会社説明会と、タクシー先輩で元某電バス運転士の人からも話しを聞いて決めました。
自宅から一番近いのは某電バスのSN営業所で、ここはUD、三菱、いすゞの新車から古参車までバランスよく配置され、バスヲタにとってはたまらない営業所なのですが、働くとなると雇用条件やその他色々な事も考慮せねばならず、その結果、自宅から2番目に近い新車エルガばかりの営業所に応募して採用されました。
5勤2休で休みの曜日は完全固定、振替えも出来ないというのが最大の難点だけど、半年ごとに有給とは別に自由に設定できる休日が3日付与されるので、トータル的な年間休日は110日になり、近隣同業者の中では1位で、給与体系も同業者の中ではそこそこ良いみたいで、あと待遇だけでなく説明会や面接での物腰丁寧な対応と、運転士さんもタクシーに積極的に進路を譲ってくれたりとか、バス車両も洗車がしっかりしていていつもピカピカだったり、そういう事がトータル的に積み重なって、ここの会社を第一希望にしたわけです。

という事で、タクシー会社は5年3ヶ月勤めましたが4月12日付けで退職し、あと数日でバス会社に入社します。今は無職ですがねw。
まぁ、ワーキングプアだったけどタクシーの仕事もそれなりに楽しかったし、県内(一部東京)の色々な所に行けたのはいい思い出であり、湘南、鎌倉というゆかりある地を走り回れた事を誇りに思います。
4年はクラウンコンフォートに乗り、最後の1年2ヶ月はJPNタクシーに乗りました。以下はここ1年間でJPNで行った場所を記念撮影したものです。


2020-04-12-35.jpg
八幡宮前



2020-04-12-15.jpg
江ノ島弁財天商店街



2020-04-12-48.jpg
頼朝の墓、清泉小学校横の桜並木。



2020-04-12-5.jpg
鎌倉高校前駅から見る江ノ島。



2020-04-12-1.jpg
稲村ケ崎駅前の交差点。


2020-03-27-18.jpg
七里ヶ浜、行合橋交差点



2020-2-17-1.jpg
北鎌倉駅横のビブリア古書堂前(聖地)



2019-07-20-37.jpg
片瀬山



2020-03-27-7-2.jpg

2020-03-27-7.jpg
秋葉原中央通り



2019-11-23-72.jpg
多摩川を渡る関戸橋の南側。まちカドまぞくの聖地でシャミ子が座ってた階段。



2019-05-31-2.jpg
本厚木のトナカイレンタカー本店で、紀伊半島ドライブで運行したリエッセ6号車と記念撮影。



2019-02-26-5.jpg
相模原JNファミリー健康ランド前。



2019-11-23-46.jpg
大田区の某所

| お知らせ | 00:50 | comments:0 | trackbacks(-) | TOP↑

| PAGE-SELECT | NEXT >>